スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今咲き初める友情の花 (ガールズ&パンツァー:第一話考察)

2013.11.12 17:35|ガールズ&パンツァー
ガールズ&パンツァー -スタンダード版- 1 [Blu-ray]ガールズ&パンツァー -スタンダード版- 1 [Blu-ray]
(2013/05/28)
渕上舞、茅野愛衣 他

商品詳細を見る

今期は、『ガールズ&パンツァー』も再放送されています。
本放送の際には色々書き貯めていたにもかかわらず、
忙しなさのために何も記事を上げられなかったので、
今を良い機会と見て、考えたことをここに示してみようと思います。

今回は、みほが戦車道への復帰を決意する、
第1話「戦車道、始めます!」を読み込んでみることにします。
みほの復帰に関して疑問を立てて、それについて考えていきます。



○『ガールズ&パンツァー』第一話:今咲き初める友情の花


第1話でみほが、半ば忌避していた戦車道の選択を決意できたのは、
生徒会の圧力を置いておくとすれば、華や沙織との「友情」のおかげです。
現に第5.5話でみほは、次のように振り返っています。

「一度、戦車道に背を向けた私が、再び戦車に乗る日が来るなんて……。
 こんな素敵な友達と出会わなければ、ここに立つことはなかったんだと思う」(5.5話)


生徒会による脅迫めいた要求はあったものの、
みほは最終的に、友情のために戦車道を改めて選択したのです。
第1話で実際にみほが決心する場面も確認しておきましょう。

――二人とも、本当は戦車道やりたいのに、私に合わせてくれて、
 私をかばってくれて……。私のために……。
「あの、私! 戦車道、やります!」(中略)

「本当によかったんですの?」
「うん」
「無理することないんだからね」
「大丈夫」
「でも……」
私、嬉しかった。二人が、私のために一生懸命……。
 私、そんなの初めてだった。ずっと私の気持ちなんて、誰も考えてくれてなくて。
 お母さんもお姉ちゃんも、家本だから戦車やるのが当然みたいな感じで。
 まあ、あの二人は才能があるからいいけど、でも、ダメな私はいつも……」(1話)


ここに関して懐疑的な見方をするのであれば、
「数日の友情でそれだけの決意ができるのか」と考えることもできます。
第1話前半では、みほが如何に戦車道を避けているかが強調されただけに、
この最後の場面での反転がいささか唐突にも解せるわけです。
友情に基づくみほの決心は、疑問を生じさせるものであり得ます。


しかし私は、ここには「みほの友情観」が表れていると見るべきだと思います。


自己紹介のサウンドドラマによれば、みほの座右の銘は、
「友情は瞬間が咲かせる花であり、そして時間が実らせる果実である」です。
そのため彼女はこの言葉の向こうに友情を捉えていると考えられます。
そこでは、時間によって友情が果実として熟成される前に、
瞬間によって友情が花として結実する段階が想定されています。


みほに避けていた戦車道を選択させた、
華や沙織との友情は確かに未だ数日のものでした。
その意味では果実にはなっていなかったかも知れません。
けれども、花にはなっていたのではないでしょうか。
決定的だったのは、二人がみほのために自分の気持ちを曲げたときだったと思います。

「ごめんね……。私、やっぱり、どうしても戦車道をしたくなくて、ここまで来たの」
「分かった」
「ごめんなさいね、悩ませて」
「私たちもみほとの一緒にする!」
「そんな! 二人は戦車道を選んで!」
「いいよー、だって一緒がいいじゃん!」
「それに、私たちが戦車道をやると、
 西住さん、思い出したくないことを思い出してしまうかも知れないでしょう」
「私は平気だから!」
お友達に辛い思いはさせたくないです
「私、好きになった彼氏の趣味に合わせる方だから大丈夫!」 (1話)


ここで二人は自分の気持ちよりも、大切な友達のために動いています。
この場面の返答として、先のみほの決心はあります。
つまり、第1話の時点ではみほにとって戦車道は依然嫌なものですが、
自分の気持ちよりもみほのことを想って寄り添ってくれた二人に対して、
みほも自分の気持ちよりも二人を優先して、戦車道を選ぶのです。

華と沙織が戦車道を選ばないみほを認めてくれた瞬間、
みほの中で友情の花は確かに咲いたのだと思います。
故に、それが数日の友情であることは意思を弱める要因たりません。

結論として、みほが数日の友情で戦車道への決断に踏み切れたのは、
華や沙織との間に、「友情が花開いたと感じさせる瞬間」があったからです。
座右の銘から推測できるみほの友情観からして、
その大切な瞬間さえあれば数日という期間は問題になりません。
あの決心のときには既に、友情の花は咲いていたのです。


テーマ:ガールズ&パンツァー
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。