スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄に示された道(咲-saki-阿知賀編:第十話「連荘」感想)

2012.06.18 18:13|咲-saki-
いきなりですが、玄は空気なんかじゃないよ!

放送終了後に結構、玄は空気だとか、これ完全に千里山編だとか、
玄が散々な言われっぷりでしたが、ぼこぼこにされ、
何もできずに思い悩むのも主人公には必要なんだよ、と思います。

その意味では、玄は今回も十分主人公やっていたと思うのですが、いかがでしょうか。

正直に言えば、怜が主人公ぽかったことは否定できないので、
阿知賀好きな私としては、玄「も」一応主人公だったということで手を打ちたいです。


さて、それはともかく以下感想です。




○冒頭、和の夢

桜の木々があり、星が見える丘のような場所で、和が穏乃たちと再び邂逅していました。
ここで注目すべきなのは、穏乃たちが和と関わりのあった頃の、「昔の姿」であることと、
穏乃たちの方が「駆け寄ってきた」という事実だと思います。

阿知賀があの卓で二位に入れるのか、既に色々なところで議論になっていますが、
この冒頭を見る限り、私は勝ち上がるのではないかなと予測しました。


穏乃たちが「駆け寄っていく」という描写が理由です。
穏乃は憧との会話(漫画だと一巻、アニメだと三話)で以下のように言っています。

「和に会いにいく?」

「いや 向こうが来ないならこっちもいかない」
「まずは清澄と戦ってみたいね」(210頁)


穏乃たちから会いに行く場合、勝ち上がって会いに行くということが示されています。
ここと、夢の中の穏乃たちの晴れやかな表情を見ると、
彼女たちの目的が達せられる正夢ではないのかなと思うわけです。

また、夢の中の穏乃たちがそれぞれ小さかったのは、
和が現在の彼女たちを知らないからでもありましょうが、
同時に当時の麻雀での遊びが、穏乃たちが「駆け寄ってきた」、会いにやってきたゆえに、
再現されるということを暗示しているように思いました。


私には夢のシーンはそのように見えました。
まあ、外れたら外れたで、ひとしきり落ち込んだ後で改めて考えますw



○阿知賀の戦略会議

前半終了時、ただ阿知賀だけが戦略会議を入れる描写がありました。
憧が玄に、照の弱みと考えられるところを伝える部分です。

こうした戦略会議は、他の学校では行われませんでした。
千里山には船久保さんがいますが、
今回は怜に何か助言するようなことはありませんでした。
玄が、みんなの力を借りて戦っていることが強調されているように見えます。

ここに、阿知賀の戦い方が表れているのかなと考えました。
玄だけではどうにもならないけれども、経験をもとにみんなで戦っていく。

私は阿知賀編が本編以上に「団体戦」をやっていると考えてますが、
それが明確に表されている一場面だったのではないかなと考えます。


レジェンドの言葉である「うちも総合で勝てばいい」という言葉が甦りました。



○怜の決意=玄の前に提示される道

今回、玄は全くいいことなしで、ほとんど勝負に切り込みません。
それどころか、前回同様に回想すらなしです。
依然、両方を千里山の怜に奪われています。
最終的に死んだ魚のような目になってしまいます。

しかし、今回の怜の頑張りと決意で、玄に進むべき道の候補は示されたと思います。

順を追って説明していきます。

まず、今回の話はそれぞれの持つ能力の「限界」「約束」が非常に強調されました。
天衣無縫な強さを誇る照ですら、打点を次第に上げていかなければならないという、
一定の制限の下にあると今回明示されています。
そして怜も、一つ先を見るのが限界で、二つ先は見られません。
特に竜華との「約束」で、(彼女の前では)やらないことが義務付けられています。

この怜の立場は、母との「約束」で、ドラを大事にしている玄と被ります。

二回戦で玄が行き当たった、現在の能力ではどうにもならないという能力の問題に、
今度は怜が行き当たったとも言えるのではないでしょうか。

ここで怜は、照という強大な敵を前に、二つ先を見ることを決意します。
「限界」、「約束」の向こう側へ行こうとするわけです。
本当にこの辺りは、主人公らしいと言えます。

この決意により、ある種の能力を持つ者たちの「道」が示されていると思うのです。

第一の道は、照のように一定の制限など感じないでいられるくらい強くある道です。
第二の道は、怜のように制限を感じたときに制限を乗り越えていこうとする道です。

そして、玄はドラを集める能力を持つ者として、
どこかに進みだすことを求められているのではないでしょうか。


照のようになることは不可能だとしても、怜の選択した道に進むのか、
あるいは「第三の道」に進むのかが玄に問われているのだと考えます。

そして、その「第三の道」として、
先の仲間からの助言を基にした道が表れてくるのかなと考えております。




というわけで、来週は玄が「道」を選択することになるのではないかと期待しております。

テーマ:咲-saki-阿知賀編
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A 第10話「連荘」

もう誰も照の連荘を止められない!? 玄ちゃんも怜もすっかり蹂躙されちゃった状態 (ノД`)  すばらっだけ何か違うw 追加エピソードが13話以降あるので TV放送ではこの戦
プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。