スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楓が対峙するべき存在としての「ゆず」 (タチ『桜Trick②』)

2013.03.03 20:38|その他の漫画
桜Trick (2) (まんがタイムKRコミックス)桜Trick (2) (まんがタイムKRコミックス)
(2013/02/27)
タチ

商品詳細を見る


昨年より何かと話題の『桜Trick』の二巻が発売されました!
読んで改めて思ったのは、この作品がほんわかした空気を醸しながらも、
それぞれの「関係の深化」をしっかり描いているということです。
こういった変化が明確な作品は、四コマだと相対的に珍しい気がします。

今回は、作中で変化していく関係の中でも、特に「楓とゆずの関係」に着目してみたいと思います。
『桜Trick』の中ではおそらく一番ライトな関係である二人ですが、
一巻から二巻にかけて、確かに関係の転換を見出すことができます。
私が一読したとき、何だかんだで一番印象に残ったのはその二人のことでした。

そこで、二人に関して私のTwitterでの感想を基に、以下にまとめていきます。
2月27日に書き込んだ内容です。
長めになった一連のツイートを、新たな試みとして、ちょっとまとめ直してみます。
基本的には自分のツイートを加筆しつつ引用していきます。
内容は二巻時点までです。



○それぞれの関係が向かうべきところ

まず、『桜Trick』二巻全体の総括です。

三者三様、これから向かうところが示された気がします。
つまり、春香と優の場合は結婚、コトネとしずくの場合は家(コトネの妹であるシノブ)、
そして楓とゆずの場合は、おそらく「ゆず」その人が向かう対象として設定された感があります。

その辺り、ただのほんわかした漫画ではなく、それぞれの関係をしっかり描く作品。



○楓とゆずの関係の転換

次に、楓とゆずの関係、特に二巻における楓の変化に着目します。

二巻での楓とゆずについて。
この巻の袖で楓が、これまでに見せたことのない乙女な表情(頬染め)をしていることから、
彼女の中で何かが動き出していると断言するのは少し強引に思いますが、
二巻で楓にも転換が訪れたことは間違いないと思います。

というのも、楓は二巻でやたら友人のキスをゆずに確認しています(64,76ページ)。
おそらく彼女は、表紙をめくってすぐの、1ページ目のカラーページの段階で、
春香と優のキスを目撃し、そこから意識し始めたのではないか。

(ちなみにカラーページは、優のマフラーから、二巻54ページよりも後と推測できます)

実際にカラーページでは楓だけが、いちゃつく春香と優の方へ視線を向けています。
ここが彼女にとって、どのような意味にせよ、大きな転換だったのは間違いありません。
現に一巻の頃と比べると、楓の考え方には一定の変化を見出すことができます。

一巻で楓は、コトネとしずくが喧嘩した回において、
コトネからしずくの頬にキスをしたという話を聞いて、
「私も無理だわー」と、ゆずと同じ立場で発言していました(36ページ)。
しかし、二巻では楓はゆずと同様の立場から一人抜け出して、
ゆずに「色んなLOVEの形があるさ」とまで言っている(97ページ)。この転換。

楓がどんな意図で、「色んなLOVEの形があるさ」と述べ、
また、ゆずに友人のキスを確認しようとしているのか、現時点で正確には分かりません。
しかし、楓が友人のキスの事実を知り、まずそれをゆずに知らせたい(気付かせたい)、
と思ったということは二巻時点で明らかだと思います。


蓋し、それこそ二巻での楓とゆずの関係の転換です。
少なくとも楓が、友人たちのキスに勘付き、
ゆずと同じ立場にいることを止めたことで、二人の関係は新しい局面に入りました。

そして、その新しい局面において、楓はゆずと対峙します。

春香と優が「結婚」というものに新たに対峙し、
コトネとしずくが「家(シノブ)」と対峙したように、
楓は新しい局面において、「ゆず」と対峙しているのです。
キスについて「女同士でそれはない」(64ページ)と考えているゆずに、
何かを悟らせることが、楓の新たな課題におそらくなっていると思います。

二巻55ページの、上半分に描かれている楓とゆずの二人の絵も、
二人にしては微妙で意味深な配置と表情であって、
他の二人組がいちゃつきまくっているだけに目を引きます。

この辺りにも、二人の関係が新局面に入ったことを見出せるのかも知れません。
いずれにせよ、楓とゆずの関係がこの先どこに向かっていくのか、三巻が既に楽しみです。



これで楓とゆずに関しては以上です。

他の二組に比べるといちゃつき具合が薄味な楓とゆずですが、
その変わりそうになかった関係が、微妙に変化しつつあることを指摘しました。
結構この二人に注目してみても、面白い作品なのではないかと思うんですよね。


というか、二巻の楓はやたらかわいい。


39ページでクラス委員になった理由を話す場面とか、
55ページからの話で、ゆずと話している場面で見せる、豊かな表情とか。

その辺りを布教したいという気持ちもあったので、こんな感じでまとめてみた次第です。


テーマ:桜Trick
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。