スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦わら帽によって表現されたあやかの二つの気持ちの調停について(缶乃『あの娘にキスと白百合を 5』)

2016.12.25 23:21|百合作品
今回は、先日発売された、缶乃さん『あの娘にキスと白百合を 5』を考えます。
特に注目するのは、あやかとゆりねが海に行くワンシーンです。
海に行く一連の流れの中で、あやかの心情は目まぐるしく移り変わりました。
あやかは、母からの電話を受けて、認められるために頑張って来た、
今までの自分を全否定するに至り、学校をさぼって海に行きます。
ゆりねは、そんなあやかをたまたま見かけて一緒についていくことになります。
この海へ行くシーンにおいて印象的なアイテムとして登場しているのが、「麦わら帽」です。
作中で文字による特段の説明はなく、いつの間にかゆりねに購入され、
そしていつの間にかあやかに被せられた麦わら帽。
この記事では、この麦わら帽に込められた意味を考えてみたいと思います。

麦わら帽による表現を考える前提として、
あやかが海に行くときに、制服を着ていっているという問題があります。
何故あやかは、学校をさぼって海に行くのに、
そのような海に行くのに適していない、
学校に行く恰好をしていたのでしょうか。
このことは、重大な疑問であり、この話の核心とも言えます。

あやかが海に行くのに制服を着ていった点に表れているのは、
一方で「一番じゃなくてもいい」を極端に突き詰めた結果として、
「認められなくてもいい」という気持ちを抱くに至りながら、
他方で依然「認められたい」という気持ちをも抱いている、
あやかのアンバランスな心理状態です。

学校をさぼって海に行くという反優等生的行動が、
あやかの「認められなくていい」という気持ちを、
制服をきちんと着ていくという優等生的行動が、
あやかの「認められたい」という気持ちを両極端に表現しています。
海に行く時点で、あやかの心中はこの両極端な気持ちによって揺れていたと言えます。
そのことが、学校に行かずに海に行くのに制服を着て行くというちぐはぐな様に表れています。

麦わら帽は、その両者の調停的位置にあるものとして登場しています。
というのも、麦わら帽は、一方で海にそぐわない装備でなく、
他方で制服にそぐわない装備でもないためです。
麦わら帽が制服にそぐわないということについては、違和感があるかも知れません。
しかし、例えば涼しげなTシャツであれば、それを制服の上から着るわけにはいきませんが、
麦わら帽は制服とともに身に着けることができます。
この意味で言えば、麦わら帽は制服にそぐわないわけではないのです。

あやかの二つの気持ちの調停的位置にある麦わら帽を、
ゆりねがあやかに被せてあげるということ、
そして最後には、あやかが自らそれを手に取って被るということ。
ここには単なる物理的な麦わら帽の移動以上の意味を見出せるのではないかと思います。

すなわちそれは、一方で両方の気持ちを持って海までやって来たあやかを、
最終的に否定せず受け止めるゆりねの気持ちを表し、
他方でゆりねからの言葉を受け止めて、
両方の気持ちを持つ自分を肯定するあやかの気持ちを表していると思うのです。

第五巻94ページにおいて麦わら帽を大事そうに抱える幼少期のあやかは、
そういったことを想起させるイメージであったと考えることができます。
かつて誰かに麦わら帽を被せてもらえなかった少女は、
ここでようやくゆりねから麦わら帽を被せてもらえたのであり、
それにより両方の気持ちを持つ自分を肯定できるようになったのではないでしょうか。


テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。