スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台裏の光景を舞台に上げる、その過程について ――ローラと同じ問題に直面したゆめ (アイカツスターズ!第二十五話考察)

2016.11.13 16:43|アイカツ!
今回は、『アイカツスターズ!』第二十五話について考えます。
ゆめがツバサの助手として、舞台を成功させるため奮闘した今回の話。
一つ面白いのは、アイドルのステージだけでなく、
そこに至るまでの舞台裏を重視して取り扱ってきた『アイカツスターズ!』という作品が、
作品中で舞台裏の光景をステージに上げる様を描いて見せたということです。
ゆめが、お客さんにとっても興味深いものであろうと考え、舞台に上げた舞台裏の光景は、
そのまま『アイカツスターズ!』という作品が作品中という舞台に上げてきたものでした。
この意味で第二十五話は、ゆめが舞台裏を舞台上にと考える展開は、
『アイカツスターズ!』という作品の自己言及であったと見ることができるでしょう。

しかし、第二十五話で、舞台裏を舞台に上げたことについては、
その結果と同様にそれまでの過程も重要であったという気がします。
つまり、本番ぎりぎりで変更する必要が生じて、咄嗟に対応をする。
その過程こそが主題の一つであったのではないかと思うのです。

というのも、本番ぎりぎりに機材トラブルのために予定どおりにいかなくなるという状況は、
第十六話でローラが直面したものそのままなのです。
今回、幸花堂初出の第九話を想起させるような面々が久々に登場したことを合わせても、
そこを描きたかったのではないかという感があります。

つまり、第二十五話は、第十六話でローラが直面した、
本番ぎりぎりで機材トラブルに見舞われるという問題を、
あのときローラがローラのやり方で乗り越えたように、今度はゆめが乗り越える話で、
その意味で第十八話や第二十三話に連なる面があったのではないかと思います。

考えてみると、第十八話はローラが第十六話で直面した二つの仕事に同時に当たらなければならない状況、
第二十三話はローラが第七話で直面した個性の問題に、今度はゆめが直面する話でした。
このように二クール目は、ゆめが歌組一年二位として、ローラを追いかける面が色濃くあったと思います。

それを受けて第二十五話は、ローラが既に直面した最たる問題である、
ぎりぎりのところでの機材トラブルを持ってきたのではないかと思うのです。
映像を舞台上での実演に切り替えたことは、
その過程をこそ描くためでもあったのです。
ゆめが舞台裏を舞台上に持ち出したことと同様に、
実際にそれを舞台上に持ち出すまでの過程もテーマの一つであった。

だから、第二十五話では、ひめとローラが他の面々に比べて、
相対的に目立っていない気がしないでもないんですよね。
今回は、ゆめがかつてローラの直面した問題に当たり、
それをローラのように自分で乗り越えることに焦点を当てるために、
ゆめの最大の助言者である二人が物語本筋には絡まず、
自分の仕事に集中していた感があったような気がします。

結論として、第二十五話は、舞台裏の光景を舞台に上げるという際立った結果の裏に、
ゆめが困難を乗り越えてそれを舞台に上げるまでの過程があったのであり、
それもテーマの一つであったと読むことができます。
ローラと極めて似通った状況に置かれたゆめが、
自分でそれを乗り越えるでもあったということを改めて強調しておきたいと思います。


テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。