スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青葉と緑が警察の現実を知りながらそれでも警察官を目指す理由 (森永みるく『学園ポリーチェ』)

2016.09.25 16:32|百合作品
今回は、二〇一四年に発売した森永みるくさん『学園ポリーチェ②』について考えます。
この作品は、いじめやわいせつ事件等、学校における事件を念頭に、
学校に内偵のため配置している特殊な警察官「ポリーチェ」として、
事件の解決に当たっていく青葉と緑を描いたものです。
この作品の最大の疑問はおそらく、警察が必ずしも正義ではないこと、
警察以外の正義もあることを強調しながら、
青葉と緑が最終的に警察官を選ぶのは何故かということでしょう。
その辺りが、まさしく「刑事ドラマ」的なのですが、疑問として残る点であると思います。

最後に青葉は、「正義の味方なら何でもいいんじゃなくて…「警察官」になりたいんだ」(153ページ)と、
言っているのですが、そう考えた肝心の瞬間がすっ飛ばされて、
いきなり警察学校での再開なので、どうしてそう考えたのかしらということが問題となるのです。

この疑問については、次の二つが答えとして提示できます。
第一に、青葉が言うように、「悪い奴に手錠かけられるのはやっぱ警察だけだから」(153ページ)です。
彼女たちの「正義」を履行するための「権限」が、警察官にはあるんですよね。

しかし、「組織の正義」を優先する警察という組織においては、
「権限」があっても十全に「正義」の名の下に動けなくなるかも知れません。

そこで第二の理由として、警察組織を前にしても、
自分たちが自分たちの「正義」に沿って動けることを確認できたことが挙げられます。


本庁直々に接触禁止命令があったにも係らず、
紅梨が言うように、二人は「目の前で犯罪が行われているのを黙って見て」いることなく、
制止することができました。
ここで二人は、「組織の正義」を前にしても自身の正義で行動できることを確認しています。

つまり、二人は第一に、自身の正義の履行に際してポリーチェでは「権限」が足りないと確信し、
第二に、「組織の正義」を前にしても挫けず自身の正義を掲げて行動できることを確認したために、
最終的に警察官を選んだと考えられます。

それで先の疑問に答えたとして、次に浮かぶのは、
それでは何故、紅梨のようにポリーチェの権限拡大の方に加わらなかったかという疑問です。
ポリーチェとして、彼女といっしょに行動する道を取るわけにはいかなかったのでしょうか。

これは、ポリーチェの権限拡大の動きの中でも、
ポリーチェが扱う事件の範囲については多分変わらないためです。
紅梨はポリーチェが「学生警察官」なのには不満を持っていません。
しかし、青葉の正義にはそれでは不十分なのです(第6話、第7話)。
だからこそ、権限を拡大されたポリーチェとしてではなく、
警察官として歩む道を選択したのではないでしょうか。

結論として、青葉と緑が警察官を選択するのは、
第一に彼女たちの正義の履行には警察の持つ「権限」が必要であったためで、
第二に警察が組織の正義を追及するとしても、
二人であればそれに拘束されずに、
自分たちの正義を追及できることを確認できたためです。
その上で、ポリーチェではなく警察官である理由は、
彼女たちの正義が「学生警察官」の領分を超えるものであり得るためと考えられます。


テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。