スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミラクル☆バトンタッチ」というサブタイトルの意味 ――ゆめとローラのできることの向こうに (アイカツスターズ!第十六話考察)

2016.09.11 14:53|アイカツ!
今回は、『アイカツスターズ!』第十六話「ミラクル☆バトンタッチ」を考えます。
劇場版でゆめとローラの関係性が掘り下げられ、
第二十一話でその先を描き始めようとしている今だからこそ、
この話を考えていくことは意味があることであると思います。

第十六話において気になるのは、サブタイトルで、
何故二人の「バトンタッチ」「ミラクル」なものとして表現されたのかということです。
バトンタッチが生じた要因自体は、
「ミラクル」という言葉で飾るにふさわしいということはない、
偶然の事故の積み重ねでした。
もちろん、「ミラクル」という語がローラのCMとかけて使われていることは疑いがないことですが、
それを「バトンタッチ」の修飾語として使った意味は何なのかということです。
少なくともローラを襲った不幸な偶然は、バトンタッチをミラクルなものとして呼ぶ理由足り得ません。

それならば、バトンタッチの後、ゆめがステージを成功させたことを踏まえて、
「ミラクル」バトンタッチと呼んだのでしょうか。
おそらく半分はそのとおりでしょう。
しかし、ゆめのステージのみを指すなら、
「ミラクル」は、バトンタッチよりステージにかけられるべきです。

まさしくこの点、ミラクルであったのはゆめのステージというより、
ゆめとローラのバトンタッチであったとされている点こそ、
この話のテーマに繋がる重要な部分であると思います。
ステージを成功させたゆめだけでなく、
託したローラもその「ミラクル」という言葉の範疇に収めているのです。

けだし、あのバトンタッチとステージは、
これまでそれぞれの固有の活動を行ってきた、
他ならぬゆめとローラだからこそできたということが肝要なのだと思います。

まずゆめは、一位であるローラの代理というプレッシャーの大きい役割でありながら、
心理的にそこはほとんど問題になりませんでした。
それは何故でしょうか。

それはもちろん、一つにはローラの気持ちに答えたいという気持ちがあったからで、
二人の繋がりあってこそでもあったでしょうが、それだけではないでしょう。
ゆめは、第十話で既にひめの代理をやりきっていて、
その問題を乗り越えているからこそ、そこがほぼ問題にならなったのです。

次にローラは、何故ゆめへとバトンタッチができたのかと言えば、
それはローラが頑張ってきたゆめを誰より知っていて、
ゆめとの繋がりがあったからなのですが、
それ以前にローラだからできたことがもう一つあります。
それは、CMの撮影を最後までやりきることです。

ローラはライブの時間が迫り、CM撮影は後日にすることを勧められながらも、
それも自分のアイカツに他ならないからとして、撮影の続行を選択しました。
これは、他の一年生に先んじて、企業のオーディションに受かり、
学校以外の活動場所を獲得していたローラだからこそであったと思います。

つまり、普通だったら、極めて重大なライブの機会を前に、
諦めずに両方やりとげようという選択をすることは難しかったのではないかと思います。
現にゆめは、このときローラが乗り越えていた問題に、後になって直面しました。

それが第十八話の幹部である有莉の仕事を手伝う話でした。
そこでゆめは、有莉の仕事を手伝っていて、
投票のための活動ができず、順位が芳しくなかったことについて悩みます。
そして、そこで有莉から助言を受けて初めて、両方のアイカツを頑張るという答えに至ったのです。

このときゆめが直面した問題は、第十六話でローラが直面した問題に他なりませんでした。
しかし、ローラは、この問題を自力ですんなり乗り越えてしまいます。
これができたのは、ローラが企業のオーディションに受かって、
既に「たくさんのアイカツ」を持つことを経験していたからだと思います。

これらを鑑みると、二人のバトンタッチは、
あの時点でいずれの仕事もやり遂げようとすることができたローラと、
誰かの代打に立つということの重さを乗り越えていたゆめだからこそできた、
バトンタッチであったと言えると思います。
この側面を表しての「ミラクル」なのではないでしょうか。

すなわち、バトンタッチの前提としてのローラの決断と、
バトンタッチの結果としてのゆめの奮闘、そして二人の友情の全てを合わせての、
「ミラクル☆バトンタッチ」なのではないでしょうか。
それは確かに、ゆめとローラだからこそできることの向こうに側にあった、
一つの奇跡としてのバトンタッチであったのです。


テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。