スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アイドルとPの物語」においてPが関わらず、関われない領野

2016.07.24 15:19|アイドルマスター
ついに今週、『アイドルマスター プラチナスターズ』が発売されます。
初めてのPS4での作品となり、ビジュアルも変更されるなど、
興味を惹かれる部分が多い本作ですが、個人的には、
そこでどのような物語が展開されるのかということが一番興味深いです。
強化合宿において、如何なる「アイドルとPの物語」が展開されるのか。

今回は、新作の発売前のこの時期に、『アイドルマスター』が、
「アイドルとPの物語」であることについて考えてみたいと思います。
同シリーズは、主にPがアイドルに(アイドルがPに)出会ったところから物語が始まり、
その関わり合いが物語の要になるという点において、
「アイドルの物語」からは区別される「アイドルとPの物語」です。
しかし、物語中でPが大きな存在感を持つとはいえ、
全ての領野においてPが関わってくるわけではありません。
「アイドルとPの物語」でありながら、アイドルに委ねられた領域もあるのです。
この記事では、少しだけここに触れていこうかと思います。
アイドルマスターPS(プラチナスターズ)の発売前ということで、
話はアイドルマスターSPの物語から始めていくことにいたします。
もしよろしければ、少しの間、思い出しつつお付き合いいただければ幸いです。

今回取り上げたいのは、『アイドルマスターSP』におけるとある春香の行動です。
同作品において、Aランク昇格に際してSPの春香は、響を前に自信をなくして、
Pの言葉も満足に聞かず会場から逃げ出してしまいますが、
Pが春香の逃げ出した先の公園で追いついたときには、
春香は既に自分で落ち着きを取り戻していて、
再びトップアイドルを目指すことを決意していました。

そこで春香は、会場でのPの言葉を思い出して、
そして自分の気持ちを思い出したという意味のことを言うので、
正確には「一人で」トップアイドルを再び目指す決意をしたわけではないのですが、
少なくともその決意が生じたとき、春香は公園にただ一人でいました。
そこにPは、いませんでした。
ここでは、会場でのPの言葉を思い出して、立ち直るという展開となっていますが、
そうであれば、会場でのPの言葉を聞いてそこで立ち直ってもよかったはずです。
しかし、そうはならず、春香は公園まで駆けて行って、
心配して駆けつけたPを尻目に、自分一人で整理を付けて、
立ち直るという流れになっていることが意味深です。

まるで、公園で一人で立ち直ること自体に、何か意味があるかのように見えます。

このことは私に不可避に、一部の作品において、
春香がアイドルを目指すきっかけとなったと示される、
幼少期によく誰かと一緒に歌ったという、エピソードを思い出させるものです。
当然そのときも、Pは公園にはいませんでした。
春香がアイドルを目指そうと考えたとき、Pは近くにいなかったのです。

春香の物語において、アイドルを目指すきっかけとなったときのことが示されるにせよ、
トップアイドルを改めて目指そうと決意するときのことが示されるにせよ、
そこにPはいなかったんですよね。
アイドルへの気持ちをPに抱かされるのではなく、春香が抱くということは、重要に見えます。

Pは、春香の物語において、様々な面から春香に関与しますし、
それゆえに春香にとって大切な人物になることは、
大方の作品において共通かと存じますが、それだけ春香に関わるPでも、
春香がアイドルへの意志を抱く瞬間には関与しません。
春香が公園においてアイドルを目指すとき、Pは一緒にいないのです。

アイドルが公園でアイドルへの意志を抱き、
または思い出すとき、Pは近くにいないということ。
アニメも、このことを思い出させるものであったと思います。
春香は、第二十四話で仕事から遠ざかってしまいます。
そこでも、春香は誰かの言葉によって戻るというよりは、
公園で一人で自分の気持ちを整理して、765プロへと戻っていったのです。
少なくとも、そこにはPの関与はほとんどありませんでした。
『アイドルマスター』は、「アイドルとPの物語」であり、
Pはアイドルに多面的に関わりますが、
Pが関わらず、あるいは関われない領野もあるのです。


テーマ:アイドルマスター
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。