スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなを気遣うひめとひめを気遣うツバサたち (アイカツスターズ!第十一話考察)

2016.06.26 17:37|アイカツ!
今回は、『アイカツスターズ!』第十一話について考えます。
特に注目するのは、S4の四人による「しーっ」の動作です。
第十一話では、S4が人差し指を立てて静かにすることを促す動作が印象的なのですが、
興味深いのは、前半でひめがこの動作をやっていて、
最後にツバサとゆずと夜空がやっていたという対比的な構図であったと思います。
最後だけならともかく、この「しーっ」は、S4の共通の動作として表れていました。
それゆえに一層印象的となっているこの動作に、如何なる意味を見つけられるでしょうか。

aikatsustars01.png
 集まったファンに対して「しーっ」の動作をするひめ。

aikatsustars02.png
 ゆめに対して「しーっ」の動作をするツバサ、ゆず、夜空の三人。

思うに、この話における人差し指を立てての「静かに」は、
「誰かへの気遣い」を象徴する動作であって、
それは第一義的には自分のためになされたわけではありませんでした。
ひめの「しーっ」は周囲への気遣いを、
ツバサたちの「しーっ」はひめへの気遣いを求めるものであったのです。

この、ひめの「しーっ」からツバサたちへの「しーっ」への流れが強調するものは、
「誰に対しても優しくて」、周囲への細かな気遣いを常に忘れていなかったひめが、
S4の仲間たちのうちにあっては、気遣われる側でもあれるということに他ならなかったと思います。
第十一話は、そういったS4の関係性をこそ、強調していたのではないでしょうか。

考えてみると、ひめは一日密着の中で、
ゆめ、ファン、周囲、他のS4の面々、番組スタッフと、
あらゆる人たちを気遣い続けるさまが描かれてきました。
第十一話をその観点から見直してみると、ひめの一日というのは、
周囲のあらゆる人たちへの気遣いによって成り立っていたということが分かります。
試しに列記してみましょう。

・ ゆめの初ライブについての激励等
・ 特注のドレスを生かしつつの、ゆめの失敗のフォロー
・ 出待ちのファンへとの撮影
・ 出待ちのファンに対する周囲を気遣っての「しーっ」
・ 昼食時のファンとの撮影
・ 「待ってくれてる人」のための体調不良をおしての出演
・ ツバサたちに対するお土産
・ 山口ディレクターたち番組スタッフに対するお土産

こういった「気遣う」ひめを描き切った後に、最後に持ってきたのが「気遣われる」ひめだったのです。

その最後の場面にしても、他のS4のメンバーにクッキーをわざわざ買っていったり、
番組スタッフにお土産を渡したりしているという徹底ぶりでした。
後輩たち、番組スタッフに差し入れを持参した第四話を引き継ぎ、
「気遣い」を重要なテーマとして描いたのが第十一話で、
その象徴が印象的な「しーっ」の動作であったと言えると思います。

結論として、第十一話において前半でひめが「しーっ」の動作をし、
最後にツバサたちが「しーっ」の動作をしたことの意味は、
一方でみんなを気遣い、他方でツバサたちに気遣われる、
ひめの二面性を強調することにこそあったのではないでしょうか。
ひめは、自分の周囲の誰をも気遣うアイドル過ぎるアイドルなのですが、
そのような彼女の活動は、気遣ってくれる友達があってこそであるとも考えられるのです。


テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。