スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトリエシリーズの主人公が主に錬金術士である理由 ――『ソフィーのアトリエ』からの小検討

2016.06.05 15:43|アトリエシリーズ
ソフィーのアトリエにおいては錬金術が、
「素材の願いを聴き、それを叶えることでものを創り出す技術」として提示されていました。
私が忘れているだけかも知れませんが、
いずれにしてもこういう表し方でここまで強調されたのは、
本作が初めてであったのではと思います。

錬金術のこの側面の強調は、
初代の「世界を救うのはもうやめた」からの「世界を救うより大切なこと」を描く流れを、
本作において再び持ち出したアトリエシリーズが、
何故錬金術士を主人公として据えているのかという疑問に、
ある程度は答えるものであったのではないかと思います。

というのも、アトリエシリーズが「世界を救うより大切なこと」として、
「自分の夢を叶えること」をテーマとして描く場合において、
何故主人公が錬金術士なのかということは、大きな疑問足り得ると思うんですよね。
夢を叶えるだけなら、他の職業でもいいのではないか。
何故錬金術士であるべきなのか。

比較として、「世界を救うこと」をテーマとして描く作品であれば、
何故その主人公が主人公であるかということについてはほとんど自明であり、
程度の差こそあれど、その主人公が「世界を救うこと」に関与してくるからこそ、
主人公として扱われるのです。

しかし、「世界を救うこと」を対岸にとって、
「自分の夢を叶えること」をテーマとする場合においては、
自分の夢を叶えようとする者であれば、主人公が誰であっても構わないはずです。
然るに、アトリエシリーズは、そのほとんど全ての作品において錬金術士を主人公に据えています。

これは何故かということは、アトリエシリーズを理解しようとする上で、
避けられない問題であると思います。
そして、『ソフィーのアトリエ』の考え方を踏まえると、
これは錬金術士が「夢を叶えることで夢を叶える職業」に他ならないためであると考えられます。

つまり、錬金術士は素材の願いを聴き、その願いを叶える点において、
「夢を叶えること」に極めて深く関わる職業と言います。
このため、錬金術士は、「夢を叶えること」をテーマとして描く物語の中で、
中心に据えられる代表者としてふさわしいと考えられるのです。

それは「世界を救うこと」を描く物語で、「世界を救うこと」に最も深く関わるような者が、
その中心的人物となりやすいことと同様であり、
「夢を叶えること」を描く物語では、「夢を叶えること」に最も深く関わるような者で有り得る、
錬金術士が中心的人物となるというだけの話なのです。

結論として、『ソフィーのアトリエ』において提示された、
錬金術は「素材の願いを聴き、それを叶えることでものを創り出す技術」ということを踏まえると、
アトリエシリーズで主に錬金術士が主人公である理由について、一つには、
その技術自体が「夢を叶えること」に深く関連しているためであると考えることができます。


テーマ:アトリエシリーズ
ジャンル:ゲーム

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。