スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

役者としてのツバサと先輩としてのツバサ (アイカツスターズ!第三話考察)

2016.05.15 15:47|アイカツ!
今回は、『アイカツスターズ!』第三話の一場面に着目し、
そこで語られていることを読み取っていきたいと思います。
その場面とは、ゆめが高台で悩んでいるところに、
ツバサがたまたまやって来て、そしてそのまま去っていく場面です。
一部を以下に引用します。

「あの、もしかして、お稽古ちゅうでした?」
「うん、まあ、ここで台詞を入れようかと思って」(中略)

「私は劇組のトップだが、これで終わりじゃない。
 世界は広く、そして道は一つじゃない。
 迷い、悩み、あがいて、夢に辿り着くこともある。じゃ」 (第三話)


この場面についての興味深い問題として、
ツバサが高台にやってきた理由とツバサが高台から立ち去った理由があります。
そもそも何故そこまでやって来たのかということと、
わざわざそこまでやって来たのに、
何故練習せずに立ち去ってしまったのかということが、考察点として挙げられます。

けだし、このことを考えるに当たり、
ツバサにとってあの高台が如何なる場所であるかと言うことが重要です。
ゆめとの会話中に表れているように、
そこは「迷い、悩み、あがいて」、結果として自分の道を選択した場所であり、
それゆえにそこに赴き、またそこから離れたと考えられます。

第一に、ツバサがそこに来たのは、自分の道を歩む上でつまづきながらも、
自分の道を選択する青空ひよこという役を演じる上で、
自分自身が自分の道を歩む上でつまづきながら、
自分の道を選択したあの高台に行って、
自分とひよこという役を擦り合わせるためであったと思います。

第二に、ツバサが結局台詞入れを碌にせずに高台から立ち去ったのは、
そこに、かつての自分と同じように迷い、悩み、あがいているゆめがいたからに他ならず、
今その場所で考えることが必要なのは、
自分よりもゆめの方であろうと考えたからではないかと思います。


結論として、あの高台の場面では、ツバサがあの高台に来て、
また高台から立ち去った点において、
「役者としてのツバサ」「先輩としてのツバサ」の両方をこそ表現していました。
敢えてツバサがそこに来て、そこから去るという一見不自然な状況が、
語らずして彼女を語っていたのだと思います。


ところで、今回のツバサの役への向かい方は、
『アイカツ!』の演技観を思い出させるものでありました。
それは、「それは誰かのモノマネではない」ということと、
「役の人物の人生をお借りする」ということの両輪で、初めて進み得る道です。

この二つのテーマのうち、
「モノマネでない」は『アイカツ!』第14話、第43話でしおんに関係して示され、
「人生をお借りする」は第21話で示され、
二年目以降もずっと引き継がれていたテーマです。
『アイカツ!』の最も基本的な演技観でした。

この二つは個々では何となく納得できるのですが、
「モノマネではない」は演技が他ならぬ自分である必要に繋がるのに対し、
「人生をお借りする」は演技が他ならぬ自分でない誰かである必要に繋がるので、
両者の間には緊張が生じている気もするんですよね。
その緊張の中で模索していくことが、描かれてきた演技の道でした。

『アイカツスターズ!』が、ここから今後何を示していくのかが気になるところです。
それを変え、あるいはそれを先に進めた演技観を提示するというのであれば、
私にとってはそれもまた非常に興味深い事柄として映るのだろうと思われます。



○関連記事

  天才と凡人の狭間に位置する主人公としてのゆめ (第二話)

  「モノマネではない」と「人生をお借りする」の両立 (『アイカツ!』第七十話)
   『アイカツ!』における演じるということについて考えた記事。


テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。