スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

循環する二種類の真実の語り ――相手の真実を知り、相手に真実を語るということ (なもり『ゆりゆり』)

2016.05.05 16:38|百合作品
今回は、なもりさん『ゆりゆり』のうち「ゆりゆり4」について考えます。
底本は、2012年に百合姫コミックスから発売された、同人誌をまとめたコミックスです。
『ゆるゆり』と比べると、決定的な一歩の手前を扱っているわけではない点で差異がありますが、
同作品と同様に、それぞれの関係が個々人にとって如何なる意味を持っているのかを、
丁寧に描いている作品です。
この記事では、そのうちから「ゆりゆり4」と「ゆりゆりafter」における同作品のアフターに注目し、
ここで描かれている関係が、如何なる関係であったかということを考えてみます。
既に数年前の作品ではありますが、自分にとって重要な作品というのは、
ふとしたときに振り返りたくなるもので、その度に考えが積み上がっていく類のものです。
そのため、現時点での自分の考えをここにまとめておきたいと思います。
もしよろしければ、お付き合いいただけると幸いです。

さて、「ゆりゆり4」において提示されている関係は、
二種類の真実の語りを取り扱っているように思います。
すなわち、「自分の相手への想い」についての真実の告白と、
「その人がどのような人であるか」ということについての真実の語りの二種類です。
前者は、ラブストーリーでは重要なテーマとされることが多いものですが、
この作品においては後者が際立っていると考えます。

つまり、作中に登場する河口先輩は、周囲に王子様であることを求められ、
自分自身をどこか偽って過ごしていたと言えるわけですが、
あさみは彼女のありのままの姿を知っていて、かつ、
自分自身はありのままに語る人物として作中に現れています。


彼女のありのままの語りは、二種類見出すことができて、
まずは冒頭の「ありがち」な告白(93ページ)で、
次に無理をしないでという趣旨の助言(110ページ)です。
後者は、あさみが先輩に関する真実を知っているということに関連しています。
そして、この二つを併せ持つという点において、あさみは他の生徒と差別化されています。

つまり、あさみには、①先輩の真実を知っているということと、
②先輩に対して真実を語るという二つの要素が見出せるわけで、
そのためにこそ先輩の方も気になっていくわけです。

だからこそ、あさみの告白への正式な答えは、
同様に「ありがち」で「かっこわるい」ものでなければならなかったとも言えます。

なぜなら、その「ありがち」で「かっこわるい」告白こそ、
先輩が彼女に抱く想いそのものを、
誇張も虚飾もなく、そのまま真実として伝えるものに他ならないからです。
真実を語ってくれたあさみに惹かれた結果として、
相応に真実を語って返すという展開となっています。

この真実の語りは、二人の関係の間において循環しています。
具体的には、「ゆりゆりafter」において引き継がれています。
ここでは、今度はあさみの方が、寂しいという真実の気持ちを語れなくなったときのことが描かれます。

このとき、先輩はそれを悟ってあげて、指輪を贈ってあげました。
これを、自分の想いを率直に伝える、そのような語りの延長で捉えられるのだとすれば、
このとき先輩はあさみに対して、①あさみの真実を知っていて、
②あさみに対して真実を語る存在になっています。
かつての自分に対するあさみの位置に、今度は自分が立っている。
かつて真実を隠ぺいしていた先輩に、真実を知り、真実を語ってくれたあさみに対して、
今度は先輩の側から、寂しさを秘密にするあさみの真実を知り、真実を語っているわけです。
こうして真実の語りが循環しています。
そしてここにこそ、親しい関係性の一つの意味が表れているように思います。

すなわち、自分の思う自分自身であることが困難である場合において、
その「自分自身」を分かってあげて、それを自分に語ってくれるような人がいて、
初めて自分が自分のままであれるということが、
先輩とあさみの二人の関係には表れているのであり、
一言で言えばそれは、「自分が自分でいられる関係」でした。
しかも一方が他方に対してのみそうあれるというわけではありません。
相互に相手に対してそうあれる関係こそ、この作品で描かれたものであったのではないでしょうか。


テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。