スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜美の「個性」の中に「大人」のイメージもあるということ ――アニメ第二話との関係から (まな『THE IDOLM@STER 5』考察)

2016.01.31 16:51|アイドルマスター
今回は、アニメ「アイドルマスター」の公式コミカライズ、
漫画『THE IDOLM@STER』の第五巻の双海亜美編について考えます。
テーマは、この話がアニメ本編との関係において、
どのような物語であったかということです。

アニメ第九話の亜美真美の話では、どちらかと言えば、
亜美に先を行かれた真美の想いに肉薄する話であったので、
漫画五巻で、ある意味で真美に先を行かれた亜美が悩み、乗り越えていくことが描かれたことで、
ピースがまた一つ埋まったように思われます。
漫画第五巻の亜美の物語は、第九話との関連において、感慨深いものでした。

そのため、漫画四巻の双海亜美編は、
一方で真美の想いが綴られたアニメ第九話との関係の中で読むべきものだと思うのですが、
他方で「大人になりたい」という心情をアイドルとしての魅力と絡めて扱った、
アニメ第二話との関係の中でも読んでいくべきものだと思われます。


つまり、アニメ第二話は、亜美たちが「大人」ぶろうとして華美な衣装と化粧に走るという流れの中で、
背伸びせず自分の「個性」で勝負することが大事と提示したのですが、
そこで生じうる一つの疑問に対して明確な解を与えるものとして、
漫画五巻の双海亜美編があったに違いないと思うのです。

その疑問というのは、アニメ第二話において、「大人」対「個性」の構図の中で、
まるで後者を選んでいったように見えるアイドルたちは、
「大人」らしくないのか、あるいは、彼女たちが「大人」になったら彼女たちの「個性」、
またそこから生じている魅力は失われるのかということです。

アニメ第二話は、大人と個性を対置させて、後者を選んでいく形に見えるので、
では亜美たちは「大人」らしくないのか、あるいは、大人になったら「個性」が失われて、
そこにあるとされた魅力が失われるのかといった疑問が呈され得ると思うのです。

漫画五巻は、こうした疑問への解を提示する側面を持っていて、
亜美たちの「個性」の中に「大人」な部分があることをPが指摘するとともに、
同級生視点で見て亜美がライブで「大人」に見え、
学校で「子供」にも見えることを提示していました。

「大人」と亜美の「個性」は対立しないのです。

「個性」の上に、子どもっぽくもあり大人っぽくもある、
きちんとしたアイドルでもありやはり普通の中学生でもある、
亜美は成り立つことを示す漫画五巻であったと思うんですよね。
「個性」と「大人」らしさは対立するのでなく、
「個性」の上に「大人」らしさもあるというテーマです。


このテーマに寄り添う形で、亜美たちが物語中で挑戦するのは、
「プロジェクションマッピング」を使ったライブであったのではないでしょうか。
プロジェクションマッピングは、建築物等に映像を投影して、
普段の姿とは全く違う姿に見せるものです。
そこでは、元の建築物等の形は変わらずとも、その姿は変わっていきます。

これと同様に、亜美も、その「個性」はそのままに、投影されるものによって、
子どもっぽくも大人っぽくも映り、
アイドルにも普通の中学生にも映るということが示されたのだと思うのです。
プロジェクションマッピングは、このテーマを象徴するための一種の比喩であったと言えます。

ステージ衣装を着て、スポットライトの下に出て行くことで、
プロジェクションマッピングで映像を投影されたもののように、
同級生をして、普段同じ教室にいる亜美のままでありながらアイドルであると思わしめるのです。
そういった考え方で、第二話の「個性」と「大人」の問題は調停されていたのではないでしょうか。

結論として、漫画第五巻の双海亜美編は、「大人」と「個性」の間の問題が扱われた、
アニメ第二話との関係においても読まれるべきものであったと思います。
亜美の「個性」は、「大人」というイメージと対立するものではなく、
むしろその中に「大人」と「子ども」のイメージの双方を含むものであったのです。
そう考えると、「大人」と「個性」のうち後者を取ったように見えた、アニメ第二話の本意を見えてきます。
すなわち、そこでは「大人」であることに拘って、「個性」をないがしろにすることが否定されたのであり、
決して「大人」のイメージと区別された「個性」が肯定されたわけではなかったのです。

このように、アニメ第二話のテーマを再発見することができる漫画五巻双海亜美編でした。


テーマ:アイドルマスター
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。