スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何かに成り切れないからこそ主人公であるということ ――あかりと京子の対照性から (『ゆるゆり さん☆ハイ!』第十二話考察)

2016.01.17 11:38|ゆるゆり
今回は、先日最終回を迎えました『ゆるゆり さん☆ハイ!』から、
『ゆるゆり』という作品について改めて考えてみたいと思います。
テーマは、あかりが『ゆるゆり』の主人公であることについてです。
アニメ三期第十二話は、このことを改めて強調するものであったと言えると思います。
最後の京子のごらく部の面々に対する気持ちの告白が、
あかりと京子の差異を浮き彫りにして、
主人公としてのあかりを間接的に描き出していたのです。
この記事では、第十二話の京子の語りから話に入って、
あかりが『ゆるゆり』の主人公であることについて考えたいと思います。
けだし、あかりは京子のようにきっちり主人公然とはしていられないからこそ、
この『ゆるゆり』という作品の主人公であったのではないでしょうか。
もしよろしければ、お付き合いいただければ幸いです。

アニメ三期は京子の語りで締めていましたが、
これは「なちゅやすみ」の最後のあかりの語りに対応していると思います。
そこからの一連の流れの中で、今回のアニメは、
あかりを『ゆるゆり』の描く世界の主役として表す一方で、
京子をごらく部の主役として、対置させていた気がします。


他方で、原作においても確かに描写され、かつ、前回のアニメが強調したような、
あかりの「主人公にまだ成り切れない主人公」の側面を保持して、
例えば「なちゅやすみ」と噛み、
例えば第十二話で「主役」を最後にカモに取られるあかりの姿をも描いているのが、
今回のアニメであったと考えられます。
第十二話の京子の語りでは、あかりのように噛むようなことはありませんでした。
これによって、あかりが噛んで、きっちり締められなかったことが際立ってきます。

つまり、今回のアニメはあかりを、「ごらく部の主役」としての京子に対置される、
『ゆるゆり』の主人公として提示しながら、同時に、
「どこか主人公になり切れない主人公」としてあかりを描き出していると言えます。
特に今回のアニメでの重要な視点であったのは、前者の側面であった気がします。

そう考えると、三期第一話の話のチョイスは、
まさしく最終話のその対照を際立てるためのものであったと読めなくもありません。
そこでは、一方で、話の中心にいてゲームを提案するなりして盛り上げる京子が描かれ、
他方で、花子に対してお姉さんに成り切れないあかりが描かれていました。

最終話に繋がる対照です。

私は、あかりの「主人公でありながらまだ主人公になり切れない」側面は、
『ゆるゆり』という作品の根幹に関わっていると考えています。
とはいっても、よく言われるように、あかりが主人公なのに「空気」であることが、
『ゆるゆり』の根幹にかかわると考えているわけではありません。

そうではなくて、「何かに成り切ることができない」あかりの側面こそ、
『ゆるゆり』の根幹に関わる要素であって、
それゆえにあかりは主人公であると思うのです。
あかりのそういった側面が、敢えて「ゆり」に「ゆる」を付した、
『ゆるゆり』という作品における象徴であると言えると思います。

あかりの「何かに成り切ることができない」側面
――その一つの表現が、特に主人公に成り切れないことです――は、
あかりが「まだ未成熟」であること、換言すれば、
これから成長し得ることを示唆する特徴です。
この未成熟性は、花子に対してお姉さんに成り切れない話で顕著でした。

『ゆるゆり』という作品は、見方によっては、
そういった「未成熟性」があってこそ「”ゆる”ゆり」であるに違いありません。
「ゆり」があることを前提に、そこに「ゆる」を付した同作品にて描かれる百合は、
「まだ未成熟」な百合であると考えられます。

「まだ未成熟性な百合」と言っても、それは、
単に今後更に展開し得ると言ったニュートラルな意味であって、
作中で描かれる種々の想いが形容なしの「百合」には劣ると言った意味では絶対にありません。
その意味で、百合にまだ成り切れず、成り切らない百合なのです。

そして、そういった意味で「ゆるい百合」を描く『ゆるゆり』に対応して、
「ゆるい主人公」として存在するのがあかりに他ならないのです。

あかりが、百合に関連しても、最も象徴的な「ゆるさ」、
「成り切れなさ」を抱えていることは言うまでもありません。

あかりについては、専ら主人公に成り切れない所謂「空気」な側面が取り沙汰されがちですが、
それは実は、あかりが『ゆるゆり』の主人公として有するところの「まだ何かに成り切れない」、
「まだ未成熟な」側面の、一つの現れ方であるのではないでしょうか。



○関連記事

    あかりと花子の関わりの中に見出せること
      ――意識せずお姉さんらしく振舞えるあかり (第一話)
    想いゆえに、一歩踏み出すことと踏みとどまること (第七話)


テーマ:ゆるゆり
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。