スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつて贈り物を贈られた私からあなたへ ――あかりたちといちごのCMの間の差異 (アイカツ!第163話考察)

2015.12.20 16:54|アイカツ!
今回は、先日放送された『アイカツ!』第163話について考えます。
ダンダイが新たに売り出すアイカツドールのCMをあかりたちが企画する本話。
着目するのは、そのCMが、あかりが目を覚まして、
おおぞらっこに導かれるところから始まったという点です。
第163話のCMは、「私たちのホームパーティへようこそ」がテーマなので、
あかりたちがパーティの準備をして、
子供たちを招いて贈り物を贈るまでを描いていれば十分とも考えられます。
然るに、あかりたちは、あかりが夜中に目を覚まして、
おおぞらっこくんに導かれるところから始めたのです。
何故CMは、この場面から始められていたのでしょうか。
換言すれば、この場面は如何なる意味を持つ場面として加えられていたのでしょう。

今回は、この問いから始めて、あかりたちのCMが持つテーマと、
かつてのいちごのCMとの差異について考えてみたいと思います。

aikatsu18.png
 CMは、あかりが夜中に目を覚ます場面から始まる。

CMの内容の決定には、あかりたちが深く関与していたこととされているので、
CMがあかりが夜中に目覚めるところから始められたのは、
あかりたちの意向もあって決定されたと読まれるべきだと思われます。
そこで、何故あかりたちはそこから始めることとしたかを考える必要があります。

けだし、CMの始まりがあかりが起きるところから始まるのは、
あかりたちも最初は「パーティに招かれる側」であったことを含ませたかったからです。
あかりが起きて、おおぞらっこくんに導かれるようにパーティへ向かうことで、
CM中のあかりは、パーティへと導かれた子供たちと重ねられます。

つまり、夜中に目を覚まして導かれるようにパーティへ向かうCM中のあかりの姿は、
同様に夜中に目を覚ましてパーティへと向かうCM中の子供たちの姿に重ねられるのであり、
パーティに招くあかりたちと招かれる子供たちの間の境界を曖昧にしているのです。

CMがこうした内容となっているのは、あかりたちが検討の段階で、
自分たちが子供であった頃のことを思い出していたことと関係すると考えられます。
あかりたちがCM作成の中で意識したことは、今贈る(招く)側の自分たちが、
かつては贈り物を贈られる(パーティに招かれる)側であったということでした。


そこであかりたちは、「私たちのホームパーティへようこそ」というテーマを設定して、
自分たちを「招く側」として一次的に定義しながらも、
同時にあかりがおおぞらっこくんに導かれる場面を加えることで、
「招かれる側」としても定義し、両方の側面を持った者として表したと考えられます。

あかりたちが描きたかったのは、
「かつてパーティに招かれる立場であった私たちが、今度はあなたをパーティに招く」ということであり、
だからこそ、冒頭のあかりが目を覚ます場面があったのではないかと考えられるのです。
表されるのは、かつてエンジェリーベアを贈られ、今アイカツドールを贈る私です。

実際、あかりが目を覚ます冒頭の場面だけは、それ以後の場面と明確に分断されています。
というのも、前者の場面では満月が出ているのだけど、
後者の場面では三日月が出ているのであり、
同じ「パーティが開かれた夜」であるはずなのに、夜の様相が全く異なっているのです。

aikatsu19.png
 あかりが目を覚ます場面では、月は満月となっていた。

aikatsu20.png
 直後のあかりたちが集う場面から、月は三日月となっている。

それは、「パーティタイム」を特別な時間として強調するための表現とも捉えられるのですが、
「月の満ち欠け」で第一に思い出されるのは「時間の経過」であることを踏まえると、
それは同時に「過去(=招かれ、贈られる私)」「今(=招き、贈る私)」の表現とも読めると思います。

つまり、「かつて贈られる側であった私」から「今贈る側である私」へという時間経過を伴う転換を、
同じ一夜の中で表現するに当たって、「満月」から「三日月」へという、
時間経過を思わせるような不可思議な舞台装置を置いていたのではなかろうかと思うのです。

そして、この部分によってこそ、かつていちごがやっていたエンジェリーベアのCMと、
あかりたちの今回のCMが明確に区別されることとなるのです。
端的に言えば、いちごのCMと比較したときの、
あかりたちのCMの独自性が「かつて贈られていた私」というテーマにあります。


というのも、いちごのエンジェリーベアのCMは、その内容においては、
いちごが贈る側で弟が贈られる側という具合に明確に区分されていました。
「私が贈り物を贈る」ことがテーマであったと言えます。
それをあかりたちは、「かつて贈り物を贈られた私が今贈り物を贈る」というテーマに転換したのです。

結論として、あかりたちは、子供たちをパーティに招く自分たちが、
かつては子供たちと同じくパーティに招かれた者であることを仄めかすために、
あかりが目を覚ましておおぞらっこくんに招かれる場面を挿入していたと考えられます。
そこに表れているのは、「かつて贈り物を贈られた私が今贈り物を贈る」という強調点で、
ここにおいてあかりたちのCMはかつてのいちごのCMと区別されるのです。


テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。