スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かの姿を見て、自分の気持ちを言い、当事者になるということ ――『屋上の百合霊さん』の二つのテーマ (漫画『屋上の百合霊さん』)

2015.11.23 19:51|百合作品
今回は、ゲームから三年目に発売された漫画作品、
『屋上の百合霊さん SIDE A』と『屋上の百合霊さんSIDE B』を紹介します。
二人の幽霊と一緒に密かに片想いを応援していくというコンセプトで、
個々の関係を描いたゲーム『屋上の百合霊さん』の後日談的な作品です。
これらの作品は、ゲームにおける物語の舞台において、
新たな関係が紡がれていくまでをそれぞれ描いています。
今回は、これらの作品がゲームの『屋上の百合霊さん』の扱っていたテーマを、
それぞれに受け継いでいたということを記述的に指摘したいと思います。

まず、『屋上の百合霊さん SIDE A』については、
『屋上の百合霊さん』が有する結奈が個々の背中を押す側面と、
結奈が語れなかった気持ちを自ら語る側面のうち、
後者を形を変えて取り上げた作品であると捉えられます。

つまり、比奈や聖苗の姿を見て、やがて告白に至った栞は、
校内のそれぞれの恋愛を外側から見続けて、
やがて自分の気持ちを比奈に吐露するに至った結奈と重ねられる部分があり、
「誰かの姿を見て、自分自身も自分の気持ちを言う」ことを扱っているところが、
『屋上の百合霊さん』を思い出させるものであったと思うのです。

というのも『屋上の百合霊さん』は、当初ユリトピア建設という目標を掲げて始まりながら、
ユリトピア建設が果たされたところで終わりとなるわけではありません。
いつからか目指す方向は、これまで言えなかった自分の気持ちを言うことにすげ変わります。
その告白の場面が、重要な場面として浮かんでいる形になっているのです。

「自分の気持ちを言う」ということは、当然恋愛の告白を含みますが、
それに限らず、例えば自分の過去の辛い体験の吐露などを含みます。
結奈が比奈に対して料理部のことを語る場面が印象的です。
むしろ、こういう恋愛の告白でない率直な告白の場面こそ、
『屋上の百合霊さん』の特筆すべきところなのではないかと思います。

そうして終盤まで進めて分かるのは、
百合霊さんはユリトピアを建設する物語ではなくて、
自分の気持ちを語れなかった三人が出会って、誰かの背中を押すうちに、
自分の気持ちを語れるようになっていく物語だったのだということです。

結奈もサチも恵も言えない気持ちを持っていたんですよね。

そのため、百合霊さんは大きく分けて、
結奈たちがお節介にも誰かの背中を押す側面と、
結奈たちが言えなかった自分の気持ちを言う側面があって、
いわばこの二つがテーマであったと見なせるのですが、
今回は前者が「SIDE B」に、後者が「SIDE A」に託されている感じであったと思います。

それでは、今度は『屋上の百合霊さん SIDE B』を考えてみましょう。
「先輩達を観察して楽しんでいた人が立ち入ってもいいのかな」(95)という言葉から分かるように、
千英たちは外側から観察する立場ではいられなくて、
内側へと線を跨いでいくことになります。

ゲーム中ではこの辺りのテーマは、
他人の恋路に介入することにいい顔をしなかった結奈が、
渋々追っているうちに他人事ではいられなくなって、
結局背中を押してしまうような場面に表れていたと考えられます。
観察するだけの立場から一歩踏み越えることがテーマの一つであったのです。

ゲーム中では、そういう「観察者からの越境」を描いた上で、
更に「非当事者からの越境」を描いていくことになります。
つまり、結奈は観察するだけでなくて、手助けする立場に回ったとしても、
そこでは依然、自身を当事者には設定していませんでした。
結奈は恋愛をする側でなく、あくまでその外側に自分を置いていたのです。

結奈は、そこから自分も恋愛をしていく側に回っていきます。
この『屋上の百合霊さん SIDE B』も、こういった本編の流れを汲む物語です。
すなわち、専ら先輩たちの観察者であった千英と時乃が、
観察するだけでいられなくなって先輩たちの背中を押す立場に回り、
そして更に――というところで終わるのです。
『屋上の百合霊さん SIDE B』が描いているのは、
「誰かの姿を見て、内側に入り込んで当事者になる」ことと言えます。

本編後の「おまけの百合霊さん」も、千英と時乃が先輩たちのことについては、
単なる観察者でいられなくなったことを示すものになっていると思います。
つまり、他の本編メンバーについては普通に観察して考えることができているのですが、
七津希については全然できていません。
「おまけの百合霊さん」において、千英と時乃が従前とおり観察と妄想をしていく中で、
ただ七津希についてだけは今までとおり観察と妄想することができなくなっているのです。

二人にとって先輩たちのことは、よもや他人事でないので、かつてのように振舞えません。

結論として、『屋上の百合霊さん SIDE A』と『屋上の百合霊さん SIDE B』は、
ゲームの『屋上の百合霊さん』でテーマになっていたことを、
それぞれに再び表していく内容になっていたと言えると思います。
つまり、前者は「誰かの姿を見て、自分も自分の気持ちを言う」ことを、
後者は「誰かの姿を見て、内側に入り込んで当事者になる」ことを描いていました。
その意味で、これらの作品は『屋上の百合霊さん』らしかったと言えるのではないでしょうか。


テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。