スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きという気持ちに隠れていた競技者としての憧憬 (未幡『キミイロ少女』)

2015.07.26 19:36|百合作品
B00NMCE5LIキミイロ少女 (百合姫コミックス)
未幡
一迅社 2014-09-18

by G-Tools

今回は、未幡さんの作品で、『ひらり、』等に掲載されていた短編をまとめた、
『キミイロ少女』から、「好きの距離」と「一日白紙」について考えます。
それぞれの作品において、物語のテーマとして表れていることは何であったのでしょうか。
この問題について、物語を振り返りつつ考えていきます。
これにより、「好きの距離」と「一日白紙」という作品が百合作品として持っている、
特徴的な部分が明らかになっていくのではないかと思います。
もしよろしければ、内容を思い出しつつ少しの間お付き合いください。

(1) 「好きの距離」:好きという気持ちに隠れていた競技者としての憧憬

「好きの距離」は、菜月が由佳に向けているのが、好きという思慕の気持ちだけでなくて、
陸上で速く走れることに対する憧憬の気持ちでもあったということに、
菜月自身が気付く話であったとまとめることができると思います。
この中で印象深いのは、後者の気持ちが強調されているということです。

けだし、恋愛をよく描く百合というジャンルにおいては、恋心を何かと取り違えていて、
物語の中でそのことに気付くという流れは多い気がしますが、この作品は真逆の流れなのです。
競技者としての憧憬のために、由佳が好きという気持ちが隠れていたのではありません。
好きという気持ちのために、競技者としての憧憬が隠れていたという構図なのです。

具体的に言えば、例えば、同じ部活である同輩にやたら対抗心を燃やしていた主人公が、
その根幹にはどうしようもない複雑な恋心があったことに気付くという展開ではないのです。
自身の恋心に気付くというテンプレートの逆を行っています。
換言すれば、物語の中心を恋心からずらしている。

百合という言葉は、例えばガールズラブという言葉よりも広く曖昧で、
明白に「ラブ」と名乗らないがゆえに、恋愛以外も含み得ますが、
この曖昧さは、ある意味で特長とも言えるのだと思います。
百合はその中に、恋愛ならぬ関係をさらりと飲み込み得る。
そのように考えると、恋愛の好意でない気持ちを強調する作品は、
百合の中心ではないとしても、百合の勘所であるのではないでしょうか。
「好きの距離」は、そのような作品の一つとして、
好きという気持ちとは異なりますが、同様に強い重要な気持ちである、
競技者としての憧憬を敢えて強調している作品であったと思います。

(2) 「一日白紙」:空っぽに思えても今既に満ちている日常

「一日白紙」では、「花を挿さずに水だけを入れた花瓶」というモチーフが登場しますが、
ここに如何なる意味を見出すかということは、作品の一つの問題であるかと考えます。
水しか入っていない花瓶が、それで完成形として提示されている意味は何であったのしょうか。

というのも、水しか入っていない花瓶は、
展開の上では桐谷さんが上杉さんを追いかける理由になっているのですが、
仮にそれだけのためのものであったのならば、
花の刺さっていないそれを「完成形」として提示する意味がありません。
展開の上における小道具以上の意味があったと考えられます。

けだし、水しか入っていない花瓶が完成形と示されるのは、
上杉さんの考える「楽しかったこと」というのが、桐谷さんの考えることよりも、
遥かにちょっとしたことであるということを強調するためであったと思います。


つまり、桐谷さんが「楽しかったこと」と受け取らないような事象を、
上杉さんは「楽しかったこと」と取って、
「空っぽ」な一日と考えられそうな一日を、「空っぽ」でないと取るということが、
水しか入っていない花瓶によって表現されていたと思うのです。

現に、上杉さんが桐谷さんの代わりに書いた一日の感想、一日の中で、
楽しかったことは、一緒に花の手入れをしたという、あまりにもちょっとしたことでした。
それゆえに桐谷さんはこれを経験しながら、自分がまだ「空っぽ」であると考えていたのです。

そういう他から見れば「空っぽ」に映る、花のない水だけが入った花瓶のような一日を、
「楽しかった」一日として捉えることができるのが上杉さんであって、
「水しか入っていない花瓶」は、彼女のこの側面を浮き上がらせるために、
「完成形」として登場してきたのだと思います。

ゆえにこの作品は、一方で空っぽの花瓶を補充する上杉さんによって、
今後が満たされることを望む桐谷さんの心情をテーマとしながら、
他方で既に今の時点で桐谷さんが言うほど空っぽではなくて、
捉え方によっては既に満ちているのだということをもテーマにしていたと言えます。



○その他の百合作品の記事(2015年)

   アイドルとして「輝ける」場所は東京ではなくて (壱号『アイコンタクト』)
   愛と千春にとっての「卒業」の意味の転換 ――三人で外に出て行く機会として
     (缶乃『あの娘にキスと白百合を 2』)


テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。