スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分らしさを見つけたひなきに見出せるもの ――クララのように、クララを越えて (アイカツ!第113話考察)

2015.04.19 19:42|アイカツ!
Du-Du-Wa DO IT!!/Good morning my dreamDu-Du-Wa DO IT!!/Good morning my dream
(2014/10/22)
AIKATSU☆STARS!、るか・もな・みき from AIKATSU★STARS! 他

商品詳細を見る


今回は、『アイカツ!』第113話のひなきについて考えます。
ここでひなきは、プレミアムドレスであるクララキャロルコーデを手にしますが、
ひなきが手にするのは何故、『くるみ割り人形』のクララをモチーフにしたドレスであったのでしょう。
この記事では、この問いについて考えていきます。

プレミアムドレスのモチーフとする物語のヒロインと、
プレミアムドレスを着るアイドルの関係性については、二段階で考えるべきな気がします。
つまり、第一にアイドルはそのヒロインと重ねられ、
第二にアイドルはそのヒロインを越えて行っていると考えられるのです。


アイドルが、ドレスのモチーフとなったヒロインを越えていくとは、どういうことでしょうか。
一例を挙げれば、珠璃の「シンデレラ」で、物語中で魔法が解けそうになったシンデレラは、
魔法が解ける前に舞踏会から抜け出して家に帰るのですが、
珠璃は魔法が解ける五分前にもう一度踊り始めるのであり、
ここに物語のシンデレラを超えていく珠璃の姿を見出せます。
珠璃は敢えて物語のシンデレラから逸脱していくことで、
情熱を再燃させるという自身とサングリアロッサのテーマを表現していました。
その他にも、あかりの「親指姫」、スミレの「白雪姫」、みやびの「かぐや姫」と、
この視座でもって物語を眺めてみると、アイドルが物語のヒロインに重ねられるだけでなく、
物語のヒロインを越えていくことも描かれてきたと言えると思います。

第113話でひなきのプレミアムドレスがモチーフにする物語は『くるみ割り人形』で、
ひなきが重ねられるヒロインは当然、この物語の主人公である「クララ」です。
ひなきもやはり、作中でクララに重ねられ、同時にクララを越えて行っていると考えられます。
クララと重なっている部分、クララを越えて行っている部分について、順に考えてみましょう。

第一に『くるみ割り人形』のクララは、
周囲が揃って不細工とみなすくるみ割り人形を、
自分は好きだとはっきり言える少女でした。
これが、雑誌でおしゃれとされるものを真似していたひなきと対照的と考えられます。
自分の気持ちで、我が道を行けるのがクララで、
ひなきは当初、そのような少女ではなかったのです。

そして、第113話においてひなきは、おしゃれとされるものを真似していたところから、
自分らしいファッションで自信を持って闊歩できるところへと至ります。
その様は、周囲が賛成しなくとも自分の気持ちでくるみ割り人形を好きと言える、
クララ的であったと言えるのではないでしょうか。

ここにおいてひなきは、クララと重ねられるようになったと言えます。

第二に、ひなきがクララを越えて行ってもいることを考えてみたいと思います。
けだし、ひなきは逆境を自分で克服できた点においてクララを越えています。
というのも、『くるみ割り人形』においては(版にもよりますが)、
パーティでくるみ割り人形が壊れてしまってクララが泣いてしまう場面があります。
自分のお気に入りのものがパーティ中のふいの事故でダメになってしまって、
どうにもできずに泣いてんでしまう一幕があるのdす。

『くるみ割り人形』における、ふいの事故でくるみ割り人形が壊れてしまう場面が、
第113話における、ひなきたちがドレスにジュースをかけてしまう場面に重ねられ得ると思います。
パーティの場において、自分にとって大切なものがダメになってしまうのです。
そしてこのとき、『くるみ割り人形』のクララは泣いて悲しむのですが、
ひなきは挫けないで、むしろそこからドレスに工夫を施し「自分らしさ」と成していきます。

この似た状況に置かれたときの対照的な行動にこそ、
ひなきがクララを越えて行った様を見出せます。

結論として、第113話のひなきは、
一方でファッションにおいて自分を通せるようになった点においてクララと重ねられ、
他方で自分の大切なものが事故でダメになってしまったときに、
それを自分で乗り越えられる点においてクララを越えたと考えられます。
クララのように、また、クララを越えて行くひなきにふさわしいドレスとして、
クララキャロルコーデというプレミアムドレスはあったのではないでしょうか。



○関連記事

  アイドルとプレミアムドレスがモチーフにするヒロインとの関係について論じたもの

   白雪姫と林檎というミスマッチへの挑戦 (第百八話①)
   ステージの大時計が零時五分前で止まっている理由――真っ赤な薔薇のシンデレラ (第百十話)
   あかりとスミレの選択、その根底にある友情 (第百十七話)
   人魚姫のドレスが登場した理由――気持ちを「伝える」人魚姫 (第百二十話)
   みやびが見上げて想うものは――「お別れ」しないかぐや姫 (第百二十一話)

  前回の記事

   ソレイユ、いつまでも輝き続ける星へ (第百二十五話)


テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。