スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人魚姫のドレスが登場した理由 ――気持ちを「伝える」人魚姫 (『アイカツ!』第120話考察)

2015.02.15 16:24|アイカツ!
Beautiful SongBeautiful Song
(2015/02/25)
AIKATSU☆STARS、もな from AIKATSU☆STARS! 他

商品詳細を見る


今回は、『アイカツ!』第120話「スター☆バレンタイン」について考えます。
人魚姫をモチーフにしたドレスが物語中では初お披露目となり、
ひなきと珠璃がこれを着てステージを彩った今回の話においては、
視聴後に二つの疑問が浮き上がってくるものであった気がします。
すなわち、第一に何故「人魚姫」のドレスが今回の話で持ち出されたのかということと、
第二に何故ひなきと珠璃がステージに上がったのかということです。

第120話の内においては、『人魚姫』という物語についての直接の言及はありませんでした。
また、他の誰かでなく、ひなきと珠璃がステージに上がった理由についても説明がありません。
ゆえに、人魚姫のドレスが登場したことと、ひなきと珠璃がステージに上がったことは、
一見したところ唐突にも思える部分であり得るところでしょう。
しかし私は、よく考えてみると、今回に人魚姫のドレスが登場して、
それをひなきと珠璃が着てステージに出たことには理由があったと思います。
以下この記事においては、この二つの問題について論じていきます。

(1) 『人魚姫』のドレスが登場した理由

第一に、今回の話で『人魚姫』をモチーフにしたドレスが登場した理由を考えます。
これを明らかにするために、まず確認しておきたいことは、
『アイカツ!』がここまで、物語をモチーフにしたドレスを登場させながら、
アイドルがその物語のヒロインを越えていくイメージを提示してきたということです。

林檎を身に着ける白雪姫(第108話)や、
魔法が解ける五分前に踊り始めるシンデレラ(第110話)や、
オディールとともに踊るオデット(第111話)。

こうしてモチーフのヒロインを越えていくところにこそテーマがありました。

この流れの中で第120話は、「伝える」人魚姫を描いた回と考えられます。
人魚姫は物語においては、自身が水泡に帰すまでずっと、
王子様に気持ちを「伝えられなかった」ヒロインでした。
この側面は、今回の挿入歌、『Poppin' Bubbles』にも表現されています。
こういった「伝えられなかった」ヒロインをモチーフとして登場させながら、
感謝を「伝える」、「伝えられる」アイドルを描いた一話であったのです。

アイドルとファンというのは、それこそ海の中の人魚姫と船の上の王子様と同じくらい、
遠く離れたところにいるものとも捉えられるわけですが、
アイドルはそれだけ遠いところにいるファンに気持ちを「伝えられる」存在なのです。
かつてアイドルであった春(四ツ葉さん)は、テレビを通して気持ちを伝えました。

「四ツ葉さんはアイドル時代に、お料理やお菓子作りが大好きになって、
 やがてシェフになろうと思うようになったと聞きました。
 シェフとしての新しい人生は如何ですか?」
「幸せです。心を込めて作った料理を
 その人たちの笑顔のために、もっと頑張ろう、もっとおいしいものを作ろう。
 そう思えることを、本当に幸せに思ってます」

「四ツ葉くん……」
「よかった」
「夢が叶ったんだね」(中略)

「最後になりますが、アイドル時代に、僕を応援してくれた皆さん。
 そして、今も忘れずにいてくれる皆さん。
 本当に、本当に、心からありがとう」 (第120話)


例え、遠く離れていても、アイドルはファンに気持ちを届けることができるのです。
同様のテーマは、前回第119話においても示されていました。
みやびは、一歩踏み出す勇気をキラキラッターを通じてトモヨに伝えようとします。

「あ、みやびちゃんがキラキラッターでつぶやいてる。
 大和撫子アイドルフェス!?」

「伝統ある和の素晴らしさとフレッシュなアイドルの魅力を一つのステージで感じて頂く…
 そのような大役、アイドル界の新参者である私につとまるかとも思ったのですが…
 ただ怯え立ち止まっているだけでは…
 その先に広がっている素晴らしい景色を見ることはできない。
 その一歩を踏み出さねば、新しい世界を訪れることはできない。
 そう思い、お引き受けすることにしました。
 では、皆さんとステージでお会いできることを、心より楽しみにしております。
 藤原みやび かしこ

 追伸。まだまだ上手に文字も打てませんが…私の気持ち、届きますように。」 (第119話)


そして、みやびの気持ちは実際にトモヨに届くのです。
この場面は、春がテレビを通じて気持ちを伝えた場面と重ねられます。

このように、アイドルが遠いところにいるファンに「伝えられる」ことは、『Let's アイカツ!』でも、
「全力で走るよ 笑顔を届けたいから きみが世界の隅にいたって」という部分で強調されています。
『アイカツ!』という作品において、アイドルはファンに「伝えられる」存在なのです。
これに対して、ファンも、遠いところにいるアイドルに「伝えられる」ことが描かれています。
それが、第111話、あさひが登場した話でした。

つまり、第111話は、終始あさひがあかりに直接は会えないまま終わるのですが、
それでも気持ちをあかりに伝えることはできていたことを描いていました。
手紙やアバターでの応援という手段は、ファンも、
遠いところにいるアイドルに「伝えられる」ことを描いていたと言えるでしょう。

以上のように考えた上で再度第120話に戻ってみると、ここまで、
遠い所にいても「伝え合える」アイドルとファンの関係を描いてきた上での、
満を持しての『人魚姫』というモチーフの登場であったと思います。
この、王子様に「伝えられなかった」ヒロインを比較対象として、
「伝えられる」アイドルが改めてテーマとして強調されていたのです。

(2) ひなきと珠璃がステージに上がった理由

第二に、今回の話でひなきと珠璃がステージに上がった理由を考えます。
けだし、第120話でステージに上がったのがひなきと珠璃であった理由は、
二人が昔から芸能界にいて、芸能界における「過去」を持ち、
そして「今」はその過去とは決別して輝いているアイドルであるためです。

アイドルを辞めてはいませんが、この辺りが春と重ねられます。

つまり、ひなきは幼少期のジャンプ失敗の経験から自分を抑えていた過去があって、
そこから今は特にあかりとの出会いを契機として変わっており(第105話)、
珠璃もふわふわとした印象でもってテレビ等に出ていた過去があって、
そこから今は変わっている(第109話)アイドルであるということが描かれていました。
二人は、過去の二人からはがらりと変わってしまっています。
それでも今、二人はファンに応援して貰えているのです。

このように、「今」とは違うやり方で活動していた「過去」を持っている二人だからこそ、
四ツ葉さんの後にファンに「サンクス」を伝えるアイドルの役として、
最も適しているとは考えられないでしょうか。
そこまでに描かれてきたテーマを引き継ぎ、
ステージ上に表すことができるのは、ひなきと珠璃だけなのです。

第120話のテーマは、「アイドルがファンに感謝を伝えること」でしたが、
その中で特にフィーチャーされた「感謝」は、
春の「今は過去と違う形で活動しているのに、
依然応援してくれていることに対しての感謝」でした。
そこで、それに共感し得るひなきと珠璃が舞台に上がったと考えられます。

最後にもう一度、ひなきと珠璃がステージに向かう直前の場面を見てみましょう。

「よーし、私たちも、サンクス届けちゃお!」
「おー!」 (第120話)


この「私たちも」の「も」の部分に、
チョコをもらったこと以上のことへの感謝も込められるのが、
あかりたち五人の中にあっては、特にひなきと珠璃であったのです。



○関連記事

     ステージの大時計が零時五分前で止まっている理由 ――真っ赤な薔薇のシンデレラ (第110話)
       …今回同様、物語のシンデレラとの対比からテーマを読み解いた記事。

  その他の『アイカツ!』(三年目)の記事

     再定義されるあかりの原点――本当の目標は真似でなくて (第101話)
     これまでの別れの経験の上に――さくらだから語れる言葉 (第102話)
     ブレーキを踏まずにいられるのは (第105話)
     白雪姫と林檎というミスマッチへの挑戦 (第108話①)
     スミレの「いつかはきっと」に見える強さ (第108話②)
     あかりとスミレの選択、その根底にある友情 (第117話)


テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。