スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白雪姫と林檎というミスマッチへの挑戦 (アイカツ!第108話考察①)

2014.11.24 15:27|アイカツ!
Du-Du-Wa DO IT!!/Good morning my dreamDu-Du-Wa DO IT!!/Good morning my dream
(2014/10/22)
AIKATSU☆STARS!、るか・もな・みき from AIKATSU★STARS! 他

商品詳細を見る


今回は、『アイカツ!』第108話について考えていきます。
この記事で考える問題は、魔夜が「白雪姫と林檎」というミスマッチなドレスを作った意味と、
何故スミレはそのドレスを受け取ることができたのかという理由の二つです。
この二点を考えることによって、魔夜とユリカの現在の関係性や、
スミレとかつてのユリカの類似性が見えてくるように思います。
ロリゴシックを取り巻くそれぞれの関係について、今こそ考えてみましょう。

第一に、魔夜が「白雪姫と林檎」というミスマッチなドレスを作った意味を考えます。
魔夜が、ある意味で白雪姫に最もそぐわない「林檎」のモチーフをドレスにあしらったのは、
成長したユリカの影響であったと思います。

というのもユリカは、依然吸血鬼キャラを演じるアイドルでありながら、
吸血鬼には最もそぐわない「朝食の」シリアルのCMに挑戦していました。
そうしたユリカに触発されて、魔夜も新しいプレミアムドレスを完成させたのではないでしょうか。
第89話では、「吸血鬼と朝のシリアル」というミスマッチは、
作中で滑稽な試みとして表現されるのではなく、
キャラに対する揺るぎない「自信」があってこその「挑戦」と表現されていました。
ユリカのCMを見たセイラたちのやり取りです。

「ハッピーレインボーは新鮮で可愛く映ってたし、
 藤堂本来のヴァンパイアキャラは、微塵もぶれてない!」
その自信があってこそできた挑戦だと思う。
 ユリカちゃんはセルフプロデュース能力もずば抜けてる!」 (第89話)


ここで「吸血鬼と朝のシリアル」というミスマッチは、
新たな領域に踏み出す挑戦的な一歩として提示されています。
思えばユリカは初登場時、部屋が火事になったときに日傘について、
いちごに「あれがないと吸血鬼のキャラ作りが!」と言っていました(第19話)。
日傘で太陽を避けるというのはユリカの中で、
最も基本的な吸血鬼キャラのテンプレートであるがゆえに、
彼女のキャラ作りの支えとなる行動でもあったのです。
日傘を用いた日除けの行動がこうした意味付けをされていたことを鑑みると、
それをユリカから不可避に引き離す朝日の下でのCMは、
確かにユリカの新たな「挑戦」であったと言えるでしょう。

このように、吸血鬼キャラを極め、更に高みを目指すユリカの「挑戦」を受けて、
魔夜もまた「白雪姫と林檎」の「挑戦」に踏み切ったのではないでしょうか。

そう考えると第108話で、魔夜にとってユリカは既に、
第23話で言うところの、自分に影響を与えてくれる「ミューズ」であったと言える気がします。
林檎をあしらうことが魔夜にとって安定した道でなく、「挑戦」であったことは、
彼の「付けるかどうか最後まで迷った」という言に明らかです(第108話)。
白雪姫と林檎というミスマッチについて、スミレに問う場面は、
どこか魔夜とユリカが彼女を試しているようにも見えます。
しかし、仮にそうであったとしても、「最後まで迷った」ということは、
試すための嘘ではなかったと思います。

それは、確かに新たな「挑戦」であって、
それゆえに十分迷い得る一手であったと考え得るためです。

そして、その新しい道に彼が踏み込もうとしたきっかけを考えると、
先の彼の言にはっとした表情を浮かべたユリカその人以外にないと思います。
だからこそ魔夜は、スノープリンセスコーデについて、
「ユリカに似合いそうな新作ドレス」と述べていたのです(第108話)。

結論として、「白雪姫と林檎」という、ある意味でミスマッチなドレスのデザインは、
ユリカの「吸血鬼と朝のシリアル」というミスマッチへの「挑戦」を受けての、
魔夜のデザイナーとしての「挑戦」であったと思います。
ユリカは既に、魔夜にドレスをもらうだけでなく、
その姿によって彼に新しい境地へと踏み出させる、ミューズ的なアイドルであったのです。

このことが、一方でユリカが「吸血鬼と朝のシリアル」のCMに臨み、
他方で魔夜が「白雪姫と林檎」を合わせた第108話の物語に見出せます。



 以下の記事に続く

     スミレの「いつかはきっと」に見える強さ (第108話②)



○関連記事

     再定義されるあかりの原点――本当の目標は真似でなくて (第101話)
     これまでの別れの経験の上に――さくらだから語れる言葉 (第102話)
     ブレーキを踏まずにいられるのは (第105話)


テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。