スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキを踏まずにいられるのは (アイカツ!第105話考察)

2014.10.26 16:53|アイカツ!
Du-Du-Wa DO IT!!/Good morning my dreamDu-Du-Wa DO IT!!/Good morning my dream
(2014/10/22)
AIKATSU☆STARS!、るか・もな・みき from AIKATSU★STARS! 他

商品詳細を見る


今回は、『アイカツ!』第105話をじっくり見ていきたいと思います。
第105話は、あかりがひなきに、ブレーキを踏まないことを教えた点が大変印象的でした。
これは、スミレに一緒にアイカツする楽しさを教えた、第102話を思い出させるものです。
しかしそれにもかかわらず、第105話が示したのは、三年目の物語は、
あかりという主人公がスミレやひなきに大切なことを教えるという「一方向の」物語ではなくて、
スミレやひなきに大切なことを教えるあかり自身が、
また二人に助けられてもいくという、「双方向の」物語であるということであったと思います。
以下では、第105話を振り返りつつ、このことについて明らかにしていきます。

第105話においては、ブレーキをかけないからこそのあかりのパワーが、
ひなきから賞賛されていましたが、その実あかりは写真撮影までの流れにおいて、
期せずして何度もブレーキを踏んでしまいそうになっています。
例えばどういうポーズがいいか悩み、例えば考え過ぎてこんがらがってしまうのです。
それでもブレーキを踏まずにいられたのは、スミレとひなきのおかげであったと言えます。

すなわちあかりは、第一においしそうと思ってもらえるポーズを考える時点で、
第二に試し過ぎてイメージが混ざってしまった時点で、危うく道に迷いそうになっています。
道が分からなくなったらブレーキを引くしかありません。
そういった、あと一歩でブレーキを引いてしまうようなときに、
ひなきとスミレがあかりを助けているのです。

それによって、あかりはブレーキを踏まずに済んでいます。
それぞれ該当の場面を引用してみましょう。

まずは、あかりがおいしそうと思ってもらえるポーズを考え始める場面です。

「ポスター来たよ!」
「うわあ、ポーズって色々あるんだね」
「みんなそれぞれ工夫してるよね」
「勉強になるね」
「うん! でも、おいしそうって思ってもらえるポーズって?」
あかりちゃん! 悩んだときはやってみよう!」 (第105話)


ここではひなきが、考え込み始めそうであったあかりに道を示しています。
あかりはこの時点では、「悩む」というほどの深刻な表情は浮かべていませんが、
少なくともひなきの言葉がなければ、
「ひらめき」で次々ポーズを試していくことはなかったでしょう。
ひなきが、「ひらめき」で弾けていけるあかりへの道筋を立てているのが分かります。

次に、ポーズを色々試してみた結果、あかりがこんがらがってしまう場面です。

「何か色々やり過ぎて、イメージ混ざってきちゃった。
 やばいかも~。えーと、ぽーん、ぽーん。うう……」
あかりちゃん、見て。風が気持ちよさそう」 (第105話)


ここではスミレが、思い悩み始めたあかりに気分転換をそれとなく勧めています。
スミレの言葉がなければ、あかりは本格的に道に迷い始めたことでしょう。
スミレが、あかりに道を指し示してあげているのが確認できます。

以上のように、ひなきもスミレも、惑いそうになるあかりを助けています。
ひなきは経験上、迷ったときは試しにやってみることが重要であると知っていたし、
スミレは経験上、行き詰まったときは気分転換が重要であると知っていたのでしょう。
「同輩」とは言え「同期」でなく、芸歴の上で先にいく二人だからこそそうできます。

よって、あかりはスミレに一緒にアイカツする楽しさを教え、
ひなきにブレーキをかけず進んでいく輝かしさを教えるだけの主人公ではありません。
それでいて、スミレとひなきに支えられて、教えられていくアイドルなのです。
第105話はこういった、相互に教え合い、前に進んでいく話であったと思います。

だからこそいちごは今回、あかりに対して次のように語るのではないでしょうか。

「お互い忙しくて話したりできないとき、アイドルはお仕事を頑張るしかないね」
「お仕事は頑張ります。大事ですから」
「うん。お仕事を頑張れば、誰かを元気にすることができるかも知れない。
 それって、アイドルのすっごくいいところだと思わない?」
「仕事で、元気に……」
私もあおいも蘭も、お互いの仕事を見て元気付けられたこと、何度もあったよ」 (第105話)


ここで、あかりが一方的にひなきを元気(勇気)付けるのではなく、
お互いに元気付けあっていくということが示されています。
誰にでも立ち止まりそうになるときはあって、
誰にでも元気付けられることはあるということを前提とした語りです。

この言葉が、一方で立ち止まっていたスミレやひなきを前に進ませる、
あかりの姿があるのに対して、他方で立ち止まりそうになるあかりを支える、
スミレやひなきの存在があるということを想起させます。

ブレーキを踏まずに進んでいく、最近のあかりの輝きは確かなものです。
しかし、彼女がブレーキを踏まずにいられるのは、スミレやひなき、
そして、「いつも応援してる」先輩がいてくれるために違いないのです。



○関連記事

     再定義されるあかりの原点――本当の目標は真似でなくて (第101話)
     これまでの別れの経験の上に――さくらだから語れる言葉 (第102話)


テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。