スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

答えを出した春香「たち」の涙

2014.10.04 21:53|アイドルマスター
THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! (通常版) [DVD]THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! (通常版) [DVD]
(2014/10/08)
中村繪里子、長谷川明子 他

商品詳細を見る

今回は、劇場版アイドルマスターについて改めて考えることにいたしましょう。
現在再上映中で、久々に見に行ったところ、
半年前に宿題にしていた問題について一定の答えを見つけることができました。

半年間、ずっと解けなかった問題とは、空っぽのアリーナで春香が語った後、
可奈のことについて結論が出た後で、春香ばかりでなく、
他の765プロの面々も目に涙を貯めているのは何故かということです。


あの場面で、春香が泣いている理由については、
その姿を見守る美希やあずさの台詞によって説明されています。
すなわち、現状の問題に対して出した答えが、
失敗に繋がるかも知れないという不安ゆえに、春香は泣いていたのです。
その涙には、「答えを出すことの重さや怖さ」が表れていたと言えるでしょう。
しかし、ここで涙を浮かべるのは春香ばかりではありませんでした。
伊織や響、亜美や真美も目に涙を浮かべていたのです。
これの理由については、一見よく分からないもので有り得ます。

すなわち、春香はあのアリーナで明らかに、
天海春香として答えを出しているのですが、
他の765プロの面々については、春香のように答えを語ったわけではありません。
それゆえに、春香が泣く理由でもって、
他のメンバーが泣くことを説明することはできないと思ったのです。
私は半年間、そう考えて、他のメンバーの涙を理由を考え続けていました。

しかし、先日見て考えて思ったところによれば、それは間違いで、
他のアイドルはやはり春香と同じ理由で涙を目に溜めていたのです。
私は、他のアイドルは春香のように答えは出していないと考えていましたが、
そもそもその前提が誤っていたのです。
そう考えると涙の理由の説明がつきます。

すなわち、確かに他の765メンバーは、
春香のように自分の答えを語ってはいないのですが、
春香の答えに異議を申し立てないことにより、答えを表明していたのです。
つまり、春香の考えに賛成するという答えを、全員それぞれに出していたと考えられます。

空のアリーナの場面で、リーダーである春香だけが答えを出せば良い、
というわけでなかったことは、伊織の志保への付議に表れています。
春香や可奈が出した答えに対して、あなたはどう考えるのという質問。
そこには、春香だけが答えを出せばいいわけでなくて、
それを受けて全員が個々に答えを出す必要があることが示されています。

こうした考えに基づきそれぞれが答えを出した結果、
意見が合ったからこそ春香の答えとおりに進むことになったのです。
仮に意見が割れれば、振り付けの話し合いの場面で示されているように、
「多数決」にはしないで改めて喧々諤々な議論をしたことでしょう。

その辺りを踏まえると、春香以外の765プロのメンバーも、
春香と同じく答えを出すべきであり、実際に答えを出していたのです。
彼女たちは春香やダンサー組のように自分の答えを語ってはいないものの、
実は春香の考えに寄り添うという答えを出していたと考えられます。
だからこそ、一部のメンバーは春香と同じように涙を目に貯めます。
彼女たちも春香と同じく答えを出していたため、
それが失敗するかも知れないという不安を同じだけ抱えられたのです。

結論として、春香以外の面々が目に涙を溜めていたのは、
春香と同じく、自分(たち)の答えが失敗する不安を抱いてのことであったと考えられます。
逆に言えばその涙は、765プロの春香以外の面々も、
春香と同じように答えを出していたということを明示するものであったと言えるでしょう。
765プロのメンバー全員が目に涙を溜めていたわけではありません。
しかし、一部のメンバーが代表して、春香と同じように、
涙を浮かべていることによって、春香以外の765プロのメンバーも、
春香と同じく答えを出していたことが示されていると考えられます。

劇場版は、答えを出した春香「たち」の涙を描いていたのです。



○関連記事

   みんなで「いっしょに」輝きの向こう側へ
   自分の道を歩む主体としてのダンサー組 ――765アイドルの「非関与」から

   まだ「いっしょ」でない少女たち (まな『THE IDOLM@STER (3)』特典小冊子について)


テーマ:アイドルマスター
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。