スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再定義されるあかりの原点――本当の目標は真似でなくて(アイカツ!第101話考察)

2014.09.27 11:55|アイカツ!
アイカツ!2ndシーズン 6(初回封入限定特典:オリジナル アイカツ!カード「ホーリーサファイアブーツ」付き) [Blu-ray]アイカツ!2ndシーズン 6(初回封入限定特典:オリジナル アイカツ!カード「ホーリーサファイアブーツ」付き) [Blu-ray]
(2014/10/02)
諸星 すみれ、田所 あずさ 他

商品詳細を見る


今回は、『アイカツ!』二年目の最終話である第101話を考えます。
第101話は、美月を目指して邁進してきたいちごから、
あかりがなかなかバトンを受け取れず、いちごから逃げ回る姿が印象的でした。
それでは何故あかりは、いちごからなかなかバトンを受け取れなかったのでしょう。
今回はこの問いについて答えを出してみようかと思います。

けだしそれは、あかりが「いちごのような(トップ)アイドルになりたい」という自分の気持ちに、
明確に気付いていなかったためです。
いちごは第1話で美月を見て、ナチュラルに美月のようなアイドルを目指し始められたのですが、
あかりはいちごを見た瞬間に、いちごのようなアイドルを目指せなかったのではないでしょうか。
現にあかりは、今回いちごに捕まって彼女の話を聞いたことで初めて、
トップアイドルを目指すという自分の目標に気付いたようでした。

「私にも分かるよ。その感じ」
「えっ?」
「生まれて初めて見たアイドルのステージが、美月さんだったんだ。
 その日は胸のドキドキが止まらなくて夜も眠れなかったんだ」
「わあ、おんなじ!」
「そう、おんなじ」
「星宮先輩は、その後どうしたんですか?」
「ここに来た」
「えっ?」
「あおいといっしょに、スターライトの編入試験を受けた。
 そして、憧れの美月さんがいるスターライトに来たの。
 スターライトに入ったあの日が、私のアイカツのスタートだった」
「私も、ここに来ました!
 憧れの星宮いちごちゃんのいる、スターライトに入りました!」
「うん! しかもあかりちゃんは自分で決めて、自分で来たんだよ」
「自分で……。私、星宮先輩が目を逸らせないほど綺麗だったから。
 私……私、あのときに決めたんだ、アイドルになるって!」 (第101話)


ここで行われているのは、あかりがいちごを初めて見て、
設定した目標が何であったのかということの再定義です。
第76話に明らかなように、あかりはステージで輝くいちごの姿を見て、
「いちごちゃんになること」を目指しました。
本当は、あかりはいちごのようなアイドルになりたいと思ったのでしょう。
しかし、あかりはそれをいちごの真似をすることと取り違えてしまいます。
あかりにとっては当初、「いちごちゃんになること」とは、
いちごのようなトップアイドルに自分がなることではなくて、
いちごを真似することでいちごのようになることを意味していたのです。

しかし、それがあかりの本当の目標ではなくて、取り違えた目標であったことは、
あかりがスターライト学園の試験を自分で受けにきたことから見て取れます。
いちごを真似して彼女のようになることが第一の気持ちであったのなら、
スターライト学園に行く必要はなかったはずです。
外見をいちごに似せて、いちごのように振舞うだけでよかったはずなのです。
それなのに、あかりの真似はそこで留まりませんでした。
あかりは単なる真似だけで満足せず、スターライト学園を受験して、
いちごの方へと向かうことを自分で選んだのです。

そこに見出されるものは何であったでしょうか。

それは、「いちごのような(トップ)アイドルになりたい」という意味の、
「いちごちゃんになりたい」に他なりません。
第1話でいちごが美月を見て、ナチュラルに自覚した気持ちと同様のものです。
これがあったからこそ、あかりはスターライト学園を受験して、
いちごと同じ舞台に向かったのです。
かつていちごが美月に向かったように。

このことに、あかりは第101話になってようやく気付きます。
いちごが美月を見て目を離せず、ふわふわした気持ちになって、
スターライト学園を受験したという、自分の場合とうり二つな経緯と心情を聞いて、
自分もいちごと同じように、いちごの立つところを目指して来たのだということを悟るのです。
それゆえに、ふわふわした気持ちから逃げることはやめて、
その気持ちを抱いて、いちごのいる遥か上空へと飛んでいくことになります。
このことは、『SHINING LINE*』を歌う際のイメージに表れています。

ここまで来て問題となるのは、何故あかりが、
いちごのような(トップ)アイドルになりたいという自分の心情に、
ここまで気付けなかったのかということです。
先述のとおり、あかりは最初にいちごを見た瞬間から、
この気持ちを持ってはいたのだと思います。
本来「いちごちゃんになりたい」は、いちごのようなアイドルになることを意味したのでしょう。
けれども、それをいちごを真似して、
本当にいちごのようになることと取り違えてしまったために、
それが本当に意味することに気付けなかったのです。
そして、この取り違えは、あかりに自信がなかったために起きたと考えられます。
自信の無さは、第80話、第96話から第97話と、
あかりが登場する度に強調されてきたあかりの特徴です。

自分がトップアイドルになっていちごの隣に並ぶということが、
到底想像できるものではなかったため、目標を取り違えたのではないでしょうか。
真似して姿を似せるだけであれば、誰にでもできます。
無自覚に「いちごちゃんになりたい」の意味をずらしていたのです。

これはあかりが弱いわけでなく、美月に憧れ、
そのまますごくナチュラルに美月のような(トップ)アイドルを目指し、
あまつさえ喰らいついていけるいちごが人並み外れていたのだと思います。
『SHINING LINE*』においても、目標へと手を伸ばすのには、
「ありったけの勇気」を出すことが必要ということが歌われています。
あかりに当初それはできず、色々な経験を経て自信をつけた後、
今回やっと本当の気持ちを見つけられたとは考えられないでしょうか。
「私、あのときに決めたんだ、アイドルになるって」。
いちごのような(トップ)アイドルになりたい、きっとなるという気持ちです。

結論として、あかりがなかなかいちごからバトンを受け取れず、
むしろ彼女から逃げてしまっていたのは、
あかりがそのバトンを受けるに足る自分の気持ちに気付いていなかったためです。
いちごのようなアイドルになりたいという、いちごと同種の気持ち。
これがあって初めて、あかりはいちごが美月から受け取ったバトンを、
今度はいちごから引き継いで、(トップ)アイドルを目指し上へ向かって行くという、
いちごが走ってきた物語の続きを走れるようになります。
あかりは確かに、第101話で「スタートライン」に立ったと言えます。

重要なのは、この鍵となる気持ちについて、
あかりは第101話でいちごから教えてもらうことで初めて得たわけではないということです。
何度も繰り返しているように、あかりは最初からその気持ちを持ってはいたと思います。
ただ、通常誰にでもある自身の無さゆえに、それに気付くことができなかった。
このことは、第101話の冒頭でも仄めかされています。

「スターライト学園……。そうだ! 私はもう、ここの生徒なんだ!
 ここはアイドルの滑走路。大空あかり。あの大きな空へ、羽ばたきます!」 (第101話)


いちごと話す前から、あかりは(いちごたちのいる)大空へと羽ばたこうとしているんですよね。
ここは、あかりがいちごの方へ飛んでいきたいという気持ちを、
あらかじめ持っていたということを表現していると思います。
いちごはあくまで、あかりに自分の気持ちを気付かせたに過ぎません。
あかりは自分の気持ちでもって、アイドルの輝く大空へと向かって行くのです。



○関連記事

   アイドルを支える三つの言葉 (第九十七話)


テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。