スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋の「凄まじさ」への反転 (大北紘子『Vespa』)

2014.07.20 22:20|百合作品
Vespa (IDコミックス 百合姫コミックス)Vespa (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2014/06/19)
大北 紘子

商品詳細を見る


今回は、大北紘子さんの『Vespa』について、紹介しつつ考えていきます。
まずは、簡単に作品の雰囲気を紹介します。
裏表紙の概要が、表題作について簡潔にまとめています。

極端に男性の出生が減少した世界。
女性たちは貧富・身分の差から、
子供を産み育てられる身分と
労働に従事することで一生を終える身分に大きく分けられていた。
姫に仕える恋塚は、叶わぬ想いを胸に秘めて生涯を終えようと思っていた。
姫の隣国の女王への輿入れが決まるその日まで。
傲慢で、冷酷な女王に人身御供のように嫁ぐことになった姫は、
それでも恋塚に頼ることはなかった。
人形のように孕まされる役目を負った過酷な姫の運命を案じ、
婚姻記念式典の日恋塚はある計画を実行する――。 (裏表紙)


「Vespa」が壮絶な物語であることは、これだけでも十分に悟ることができます。
想いを寄せていた貴人が嫁いでしまうという身分違いの物語は、
さして珍しいものではありませんが、
極端に男性の出生が減少し、女性の間に明確な身分が存在するという世界の設定が、
物語に特有の「凄まじさ」を生んでいます。
次の部分は、これに息を飲むところであると言えるでしょう。

「姫様がどうなるかわかっているのか
 女王のところに嫁に行くのはただパートナーになるのとはちがう

 女王の国は代々血縁で続いている
 男が生まれにくいのは我が国と同様だが
 それでも精子のストックは十分にあるだろう
 逆に言えばそれさえあれば男はいらないんだ

 だったら女が女を嫁にもらうメリットは?
 女王が自ら子を生むとでも思うのか?

 姫様の腹を借りるんだ

 処女のままの人工授精と初産のリスクを避けるため
 一度適当な種で産ませてから正式に女王の卵を孕ませる
 わかるか?
 犯させるんだよ男に
 わざわざそのために希少な男を育てていると聞いたことがある
 もちろん姫様も承知だ お前それでいいのか」 (45-47)


男性の出生が少ない世界が生む、この類の権力関係が凄まじく描かれているのです。
とはいえ、「Vespa」はこの種の「凄まじさ」のみで覆われた作品ではありません。
クライマックスにおいては、むしろここから脱却していると見ることもできます。
姫と恋塚、そして女王は、そこでそれまで背負っていた役割を、劇的に脱ぎ捨てるのです。

このことを説明するためにも、今回は一つの問題提起から始めたいと思います。
私が疑問に思ったのは、物語の佳境における女王の行動についてです。



○大北紘子『Vespa』:恋の「凄まじさ」への反転


クライマックスにおいて恋塚は、婚姻記念式典を襲撃し、姫を連れて逃げ出しますが、
あと一歩のところで先回りしていた女王に道を塞がれてしまいます。

このとき女王は何故、「独りで」二人の前に立ち塞がったのでしょうか。

これまで彼女は、強大な力を持つ国家の女王として強調されていました。
その彼女が姫と恋塚の逃亡に気が付いたのであれば、
兵士に指示して二人を確保することもできたはずです。
仮にそうしていれば、二人に手痛い攻撃を受けることもなかったでしょう。
それなのにこの女王は、独りで二人の前に現れたのです。
このことは考えるべき一つの問題として捉えられると思います。

婚姻記念式典の全景を確認できる場面を見ると(74)、
警備の兵士は皆、恋塚と同じ格好をしていることから、
専ら姫の国の兵士をもってあてていたと考えられます。
しかし、女王も一国の女王であるからして、
その身一つで姫の国を訪れたとは普通考えられません。

やはり彼女がその身一つで立ち塞がったことは、違和感を覚え得ることです。
婚姻記念式典に女王の国から警備が回されていたかはともかく、
事実として女王は独りで二人の前に現れることとなった。
そこには如何なる意味があるというのでしょうか。

この問いに対する答えのヒントとなるのが、恋塚を撃った後の女王の言葉です。
彼女は姫に、自分の過去について語り出します。

「あなたたちがまだ子どもだった時代
 生身の男がまだ少しはいたわ
 外国ではまだ十分数を保っている国だってあった

 …身ごもったの 好きな男だったわ

 利口で血統も良くて申し分なかった
 母国に金を積んだのがプライドに障ったのかしら
 わたくしの子は生まれる前に死んだ

 殺したわ… 男という男を
 わたくしが始末してあげる
 あなたの恋人 まるで男の子みたい」 (93-94)


このようなことは、女王はここまで全く語っていませんでした。
彼女は徹底的に大国の女王として、姫の前に登場していたのです。
非常に象徴的な場面として、「18日前の黒色」での一幕があります。

「…何かご用…? あらイザベル おはよういい朝ね…」
「泣いて…おられたので…」
「あら わたくしだって怖い夢くらい見るわ」
「毎日…?」
「偶々よ… いやだわすごい汗…
 ねえお風呂につき合いなさい そうすれば午後は一人にしてあげるわ」
「陛下… どうしていつも黒い服を…?
 毎日泣いていらっしゃることと関係が…?」
かっこいからよ ばかね」 (137-138)


ここで女王は、姫に自分の過去について語るなどということはしませんでした。
あくまで大国の冷酷な女王という位置を守っているのです。
その彼女がクライマックスで自分の過去について語るのは、
姫のために大それた計画を実行に移した恋塚が原因であったと考えられます。
実際に女王は過去についての語りを、
「あなたの恋人 まるで男の子みたい」と締めくくっています。
恋塚を始末するということを述べる前の枕として、
女王は自らの過去を導出しているのです。

考えてみると、恋塚もここでは一近衛兵の身分を逸脱しているのでした。
恋塚は始まりの一撃が訪れる直前に、確かに迷いを覚えています。

――姫様 わたしは自分が正しいのかわからない
 こんなことをして激怒されたらどうしたらいい (75)


恋塚がそう不安に思ったのは、計画が明らかに分を弁えぬ行動であるためです。
それでも彼女は、近衛兵という立場から逸脱して、姫を連れて逃げ出しました。
姫が姫の立場から逃げられないと述べたのに対し、
それを無視して、姫を抱えて橋から飛び降りる場面(84-85)は、
恋塚の立場からの逸脱を、姫という立場を守る姫との対比の中で示しています。

女王は、恋塚の逸脱に対して、自らも逸脱で応えたと考えられます。
すなわち、近衛兵という立場から逸脱して姫を連れて逃げ出した恋塚に対して、
女王は女王という立場から逸脱して二人の前に現れるのです。

確かに彼女の物言いは、以前冷酷な女王のものに他なりませんでした。
しかし、それは外形上のことに過ぎません。
女王は女王でありながら、独りで立ち塞がり、自らの個人的な過去を語ったのです。
この場面での彼女は、既に女王とみなすわけにはいかなくなっています。
彼女はここで、近衛兵という身分から離れて、ただ自分の気持ちだけで動く恋塚と同じく、
女王という身分から離れた、ただの一人の女として登場しているのです。

彼女の女王という立場からの逸脱は、最終的に彼女の次の独白に繋がります。

――いつも絶望していたの いつも ひとりぼっちだった
 笑わないあなたが泣くと嬉しかった
 ずっと一緒にいてくれたら とてもいいなって思っていたのよ… (99-100)


女王は姫に気持ちを寄せる一人として、水底に沈んでいきました。
ここで行われたことというのは、姫と近衛兵、そして女王の物語からの反転です。
土壇場において、近衛兵という立場を捨てた恋塚を端緒に、
それぞれがそれぞれの身分から逸脱していきます。
その逸脱の果てに残るのは、ただの一人の人としての、誰かへの気持ちに他なりません。
それに基づいて、恋塚は姫を連れ出し、
女王は独りで二人の前に現れ、姫は女王をぶん殴ります。
ここまでは、男性の出生が極端に減った世界ゆえの、
身分に基づく凄まじい関係性が物語の中心にありました。
恋塚たちは、姫や近衛兵、そして女王という身分に従って、
それぞれの役割に則って演じているに過ぎなかったのです。
それがクライマックスにおいては、ただの三人の物語に収斂しています。
だからこそ、姫と恋塚は女王のところから逃げ果せたと考えられます。

結論として「Vespa」は当初、独特の世界の設定と、
それゆに起こる女王と姫の凄まじい権力関係を中心に据えて進行しながら、
クライマックスにおいてそこから劇的に飛翔してみせます。
姫と近衛兵、そして女王の物語は、恋塚たちの襲撃の土壇場で、
それぞれに誰かを想うただの人の物語に化けるのです。
女王が二人の前にたった一人で現れたことは、
このことの一つの現れであったと言えると思います。
「Vespa」は単に、その世界ゆえの「凄まじさ」だけで成り立っているわけではないのです。
そこから急反転して最後に前面に押し出されたのは、三人のそれぞれの想いに他なりません。
先のものとは別種の、その想いゆえの「凄まじさ」がそこにはあります。
これまで従っていた立場を投げ捨てさせて、
それぞれにとんでもない行動を起こさせる、人の恋の「凄まじさ」です。



○関連記事

  そして二人は世界に抗う (大北紘子『月と泥』)


テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。