スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいシュシュでなく、ヘアピンであった理由 (竹宮ジン『game』)

2014.06.22 20:05|百合作品
game (IDコミックス 百合姫コミックス)game (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2014/05/17)
竹宮 ジン

商品詳細を見る


今回は、竹宮ジンさん『game』について、紹介も兼ねて考えたいと思います。
この作品は、二つの連作から成り立っていますが、
両方とも、相手を想うがゆえの心中の大混乱が非常に印象的でした。

焦燥、動揺、勘違い……。

そういうごちゃんごちゃした内面の表現に、
目を引かれる一冊ではないでしょうか。
例えば、一箇所引用してみると、次のような場面があります。

「さっき お姉ちゃんと…」
「あー… 瞳の色見せてたやつ?」
「…へ?」
「目だよ」
「…へ?」
「モリコも見る?」
――はぁ!?
「どぞ」

――うわあああ… あたしの勘違いかよっ…
――そりゃそうだよね… お姉ちゃんがあたしの友だちに
 手を出すわけないし…
――はー… 良かった… ――ん?

――良かったってなんだーー!? (45-47)


文字で抜粋しただけでは、なかなか伝わりづらいとは思いますが、
ここのてんやわんやした感じが、
何だか面白くもあり、共感できるところでもあるんですよね。
結構特徴的な部分であると思います。

また、この作品においては、同じ作者の『キラキラ』等でも登場していた、
さとみと那奈の関係がついに劇的に動きました。
今回は、こちらの物語にスポットを当てて、
一つの疑問について考えていきたいと思います。
既にお読みになった方は、もしよろしければ、以下お付き合いください。



○竹宮ジン『game』:新しいシュシュでなく、ヘアピンであった理由


それでは、さとみと那奈の物語が改めて始まる短編、
「ナクシモノ/オクリモノ」の内容を見てみましょう。
この冒頭でさとみは、那奈がいつも付けているシュシュに、
非常に執着していることに気付きます。

「このシュシュお気に入りなんだねー」
「って言うか コレしか持ってないから」
「え? そうなの!?」
――プレゼントしたーい!!
「あっ じゃあ今度一緒に買いに――…」
コレがあるから大丈夫!!

――何? その反応… (89)


那奈は、それが陽子からの贈り物であるから、大切にしていたのです。
さとみはその事実を確認し、那奈にそれだけ想ってもらえる陽子にムカつきながらも、
自分でも那奈に対する贈り物を購入します。

――いきおいで買っちゃたけど渡すタイミングがねぇ!! (96)


問題は、ここでさとみが購入したのが、シュシュではなかったということです。
さとみの贈り物は、シュシュでなくヘアピンでしたが、
初めて読んだとき、これが私には意外でした。
というのも、那奈が「前に進む」というテーマを推すだけなら、
「陽子のシュシュからさとみのシュシュへ」という変化で全く構わなかったと思うためです。
わざわざ、シュシュをヘアピンに変える必要はなかったはずです。
それでは、ヘアピンに変わっていた理由は何か。

私は、シュシュでなくヘアピンであったのは、
那奈が、陽子とのこれまでを持ち続けたまま、
それでもさとみとともに先に進んでいくという、
前への進み方を提示するためであったと思います。
けだし、この物語は、単に那奈が前に進むことを描きたかったのではないのです。
とにかく、前に進めばいいというわけではない。

仮に、さとみが購入したのがシュシュであったなら、
那奈は上書き保存で、前に進んでいく形になった(見えた)と思います。
然るにこの物語は、それとは異なる「前への進み方」を示していて、
であるからこそ、シュシュではなくヘアピンであったのではないでしょうか。

現にさとみは、那奈の中で陽子が大切な人であり続けることについては、
ムカついてはいるものの、否定しようとはしないのです。

――正直 那奈にこんなに想ってもらえる陽子にはムカつく
 ――けど あたしがあげたヘアピンが
 いつか那奈の一番になればいいと思う (105-106)


シュシュとは全く違うところにへアピンを付けるように、
さとみとのこれからは、陽子とのこれまでとは全く違うところに積み上げられていく。

そうした「前への進み方」が、シュシュでなく、
ヘアピンであることで強調されていた気がします。


テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。