スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分も相手もハッピーに (アイカツ!第83話考察)

2014.06.01 11:39|アイカツ!
TVアニメ/データカードダス アイカツ! ベストアルバム Calendar GirlsTVアニメ/データカードダス アイカツ! ベストアルバム Calendar Girls
(2014/04/09)
STAR☆ANIS

商品詳細を見る


今回は、おとめの過去が明かされた第83話について考えていきます。
第83話で強調されていたのは、アイドルはファンを「ハッピーにさせる」と同時に、
自分も「ハッピーになる」ということではなかったかと思います。
おとめの姿を通して、このことは示されていました。
自分だけでも相手だけでもなく、「自分も相手も」というのが、
今回の物語の根底にあったのではないでしょうか。
これは、『アイカツ!』という作品が提示するアイドル像である気もします。
この記事では、第83話の内容を振り返って、このことを説明したいと思います。



○『アイカツ!』第83話:自分も相手もハッピーに


それでは第83話から、「自分も相手も」というテーマが見出せる三つの部分を抽出していきます。

第一に、おとめとなぎさの関わりについては、おとめはなぎさを年長者として見守り、
いわば彼女を「成長させる」立場であったのですが、
同時に自分も「成長していく」立場にありました。
なぎさと一緒に、やりたくてもできなかったことを叶えていくわけです。

「なぎさたん、約束しましょう」
「え?」
おとめ、滑り台滑れるようになります!
 だから、なぎさたんもドロシーやりましょう!
「でも……」
「ドロシーやりたくないですか?」
「やりたいよう!」
「なぎさたんとおとめの約束です」 (第83話)


なぎさだけではなく、おとめもいっしょに成長していくのです。

第二に、おとめのステージについては、
ファンを「ハッピーにさせる」ものでありながら、
おとめ自身も「ハッピーになる」ものでした。

ステージが始まったときのマリアの言葉と、
終わった後のおとめの言葉に注目してみましょう。

「そう! おとめちゃんは、みんなを明るくハッピーにしてくれる女の子
「うん!」 (第83話)


「まことさん! どうしてステージに滑り台を置いてくれたのですか?
 おとめびっくりなのです!」
「おとめが滑り台を滑っているのを見てね。
 そこに、あたしの服を着てもらえたらって思ったから」
「わー! ものすごくハッピーでした!」 (第83話)


おとめはみんなをハッピーにしてくれるアイドルでありながら、
同時にステージでは自分もハッピーになっていくのです。

第三に、おとめの『CHU‐CHU❤RAINBOW』の歌詞についても、似たテーマを描いていました。
つまり、サビ直前の「元気をあげたいの だって君もくれたんだよ」という部分が、
「君」に元気をあげようとする「わたし」は、
「君」に元気をもらった「わたし」でもあったことを示しているのです。

相手を成長させながら、同時に自分も成長していく。
相手をハッピーにしながら、同時に自分もハッピーになっていく。
相手に元気をもらいながら、自分も元気をあげていく。
第83話というのは、このような「自分も相手も」というアイドル像を、
描き出していたのではないかと思います。
おとめの姿を通して、相手と共有するアイドルが提示されていました。

実は、この「自分も相手も」という感覚は、
『アイカツ!』という作品において度々示されているものであると言えます。
例えば、第54話には次のような言葉があります。

「みんな思いがけないいい顔になるのは、好きなことをしているとき」
「うん! そうかも! 私パフェ見るだけでわくわくしちゃうし!」
私たちの心がわくわくしてれば、
 撮影してくれるファンのみんなもきっと楽しくなってくれる!」 (54話)


ここでアイドルとファンは、共に楽しくなっていくものであることが語られています。
第62話も、楽しませながら楽しむアイドルの姿を示していました。
また、古くは第4話にも同じテーマが見出せます。
つまり、そこでいちごは太田を勇気付けながら、
同時に自分のファンである太田の存在に勇気付けられるのであり、
勇気付けながら、勇気付けられていたと言えます。
ここにも、「自分も相手も」というアイドル像を見出すことができます。

単にファンをハッピーにしたり、勇気付けたりするだけでなく、
アイドルも一緒にハッピーになり、勇気付けられるというのが、
『アイカツ!』のアイドルの在り方なのではないでしょうか。




○関連記事

  楽しませるは楽しい (第62話考察)

  月と花が出会う場所:「Suncatcher」というイメージ (第81話考察)


テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。