スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターライトクイーンの二面的な現れ方 (アイカツ!第七十三話考察)

2014.03.16 11:30|アイカツ!
KIRA☆Power/オリジナルスター☆彡KIRA☆Power/オリジナルスター☆彡
(2013/10/23)
STAR☆ANIS

商品詳細を見る


今回は第73話でのおとめの描かれ方について考えていきます。
アイドルフェスの中で、おとめはスターライトクイーンとして、
ファンやアイドルを楽しませようと全力で準備に勤しんでいました。
第41話の美月を思い出させるような、学園の「リーダー」らしい行動であったと思います。
クールエンジェルスの回より、二年目でも「リーダー」が扱われ始めましたが、
きいの場合はリーダーとして成長していく過程が描かれたのに対して、
おとめの場合はリーダーとして成長した結果が描かれたと言えるのではないでしょうか。
この記事では特に、おとめが皆を引っ張る「リーダー」として描かれる一方、
皆の中に引っ張られていく「仲間」としても描かれていたことを指摘するつもりです。

けだし、第41話における美月もこのように二つの方向から描かれていました。
二つの話を比べることで、『アイカツ!』での「スターライトクイーン」の描き方が見えてきます。



○『アイカツ!』第73話:スターライトクイーンの二面的な現れ方


今回の話の中では、次の場面が非常に印象的であったと思います。
いちごたちがおとめと初めて出会った場所で、彼女を見つける場面です。

「いたー!」
「え?」
「みんな探してたんだぞ!」
「いちごたんたち! そろそろステージの準備をしなくちゃです! 行きますよー!」
「待って!」
「え?」
おとめちゃんも一緒に出よう!
「私たちとステージに立とう!」
「それはダメだと言ったじゃないですか。タイムテーブル通りに進めるのです!」
「何でそんなにこだわるんだ? 何かわけがあるのか?」
「おとめは、この学園が大好きなのです!
 もうすぐ卒業。このフェスティバルが中学生としての最後のお仕事です。
 だから、お客様にも、それから、いちごたんやあおいたんや蘭たんも、
 ユリカたん、しおんたん、さくらたん、かえでたん、
 スターライトのみんなにも楽しんでもらいたいのです!」 (第73話)


ここでは、おとめがいちごの手を取って引っ張って行こうとしたのに対して、
いちごがおとめの手を掴み返して「一緒に出よう!」と誘っています。
今回はこのように、手を掴み返されるところまで含めて第41話の再現だったと思います。
第73話では美月がスターアニスのリーダーとして頑張っていた第41話が回想されていますが、
スターライトクイーンがリーダーとして「皆を引っ張る」という点だけではなく、
逆に「皆に手を取られる」という点まで含めて、第41話の流れを踏襲していたのです。

実際に第41話は、美月がリーダーとして皆を引っ張っていく回であるとともに、
スターアニスの一員として美月が皆の中に混じっていく回でもありました。
この話の中で美月は、いちごたちに手を引かれてまくら投げに(おそらく)参加しています。

「美月さん?」
「そんなところでどうしたんですか?」
「えーと……」
「待ってたよ、美月!」
そんなところに隠れないで、こっちに来てくださいよ!
「え、ええ。その、みんな楽しそうにしているから、
 どのタイミングで入っていいか分からなくて」 (第41話)


ここで美月は、逆に皆に手を引かれて皆の中に加わっていると言えます。
このことを思い出しつつ今回の話を眺めてみると、
おとめがクイーンとしてフェスを盛り上げようと頑張るのに対して、
いちごたちが「いっしょにやろう」と手を引くところまで含めて、
第41話の流れを受け継いでいたと考えられます。

誰かをリーダーとして描くということは、他の皆と彼女を区別して描くことを不可避に意味します。
しかし『アイカツ!』は、切り離して「リーダー」を描いてそれで終わりにはしないのです。
美月は他の皆から分離され、スターアニスのリーダーとして描かれると同時に、
まくら投げに入っていく場面で、他の皆と同じスターアニスのメンバーとして描かれていました。
このように、「リーダー」として他の皆から切り離して描いた後には、
「仲間」として一緒にいる様を描いていくのが、『アイカツ!』のスタイルなのです。


今回の話の中でも、おとめがスターライトクイーンとしてフェスを盛り上げようとする姿と、
いちごたちに手を掴まれて、一緒にステージに立つ姿の両方が描かれていました。
第73話は、リーダーとして「皆の手を引く」おとめだけではなくて、
仲間として「皆に手を取られる」おとめもテーマであったと思います。
『アイカツ!』という作品においてスターライトクイーンは、
皆を引っ張っていく「リーダー」として描かれながら、
皆の中に引っ張り込まれる「仲間」としても描かれていく存在なのです。



○関連記事

  ソレイユ、一人でも輝ける星へ (第71話考察)


テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。