スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商店街のライブに見るセルフプロデュースの意味 ――私ならではの、私だからこそのプロデュース (アイカツスターズ!第三十七話考察)

2017.01.15 15:16|アイカツ!
今回は、昨年最後に放送された『アイカツスターズ!』第37話を考えます。
S4のライブ、幹部のパーティという先輩たちの活動を受けて、
自分たちも何かをやろうと思い立つゆめたち。
彼女たちが至ったのは、S4とも幹部とも毛色の異なる、「商店街」でのライブという企画でした。
結果として、M4も含めて、三種のクリスマスのアイカツが並行して描かれていたと思います。
「ライブ会場」での活動、「学園」での活動、そして「商店街」での活動です。
私は、この話の中で、セルフプロデュースとはどのようなものであるかということが、
明白に示されていたと思います。
けだし、それは単純に「私による私のプロデュース」と表すだけでは不十分な代物です。
この記事では、第37話において描かれたセルフプロデュースについて考えたいと思います。
もしよろしければ、お付き合いいただけると幸いです。

第37話のゆめたちのクリスマスのセルフプロデュースは、
「ライブ会場」でも「学園」でもなく「商店街」に帰着した点において、
S4やM4、幹部たちの活動とは一線を画するもので、
「人と同じこと」ではありませんでした。
この意味で第37話は、三つの別の活動を描いたものです。

「商店街」でのライブが「ライブ会場」でのライブと区別されるのは、
ゆめの劇中の言を踏まえると、その場所の近さ故に、
「仕事やお店で忙しい人」にもアクセスしやすいという点にあります。
ライブ会場が「ファンに来てもらう」面が強いのに対し、
商店街は「アイドルが行く」面が強いと捉えられます。

ここで肝要なのは、そういった「商店街」でのライブは、
ゆめにとってはライブ会場が取れなかったがゆえの、
苦肉の策ではなかったということです。
ゆめは、商店街の許可を取る際に語ったように、
ライブ会場でなく商店街でやる意義を見つけていて、
それゆえに商店街でやることを提案したのです。

そして、その商店街でやる意義は、
ゆめが洋菓子屋の子であるがゆえに思い至れたものでした。
仕事だけでない、これまでのゆめがあってこそ、
ゆめが提案できた企画であったのです。
ここに、セルフプロデュースの意味が端的に表れていたと思います。

つまり、セルフプロデュースを、「私による、私のプロデュース」と考えるとすると、
ここで言う「私による」とは、単純に「私による」というだけではなくて、
「私ならではの」とか「私だからこその」という意味も含まれるのではないでしょうか。
そうしたゆめならではの企画が、S4や幹部に並ぶ、第三の企画に成り得るのです。

結論として、第37話は、ゆめがゆめだからこそ行えるセルフプロデュースでもって、
S4やM4のライブ会場でのライブとも、幹部の学園でのパーティとも異なる、
第三の企画を提示し得た話であったと言えるでしょう。
そこで表されたのは、ゆめによる「私ならではの」、
「私だからこその」プロデュースであったと思います。


スポンサーサイト

テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

『きんいろモザイクPretty Days』と原作の比較から ――忍と綾の過去と現在を架橋する作品として

2017.01.09 15:01|きんいろモザイク
今回は、昨年劇場公開された『きんいろモザイクPretty Days』(以下「劇場版」といいます。)を考えます。
原作五巻の、綾が忍との関係を再確認する話(に受験時のエピソードを加えたもの)と、
忍が学校祭の演劇の脚本等のリーダーを任される話を一つにまとめた本作。
この記事では、原作に対して劇場版がどのような作品であるかと、
そうした劇場版に対して原作がどのような作品であるかを考えます。
この問いを考えることで、それぞれが特に示そうとしている関係が見えてきます。

まず、劇場版が、綾が忍との関係を再確認する話(に受験時のエピソードを加えたもの)と、
忍が学校祭の演劇の脚本等のリーダーを任される話の二本を軸としたことにより、
原作に対して如何なる作品となっていたかという課題を考えます。
それは、原作で個別に存する二つの話が、如何に捉えられ、一つと成ったかという問題でもあります。

思うに、劇場版は、学校祭の話を、
「忍と綾の友情の先にこそ成立する話」として捉えていた感があります。
そうして、個々の二つの話は架橋されていたのではないでしょうか。
つまり、受験時における忍と綾の関係の延長線上に、
学校祭の話における忍と綾の関係を捉えて、描き出していたと思うのです。

具体的に、受験時のエピソードが描き出した忍と綾の関係とは如何なるものであったかと言えば、
それは、一方で綾が、忍が勉強を頑張るから自分も勉強を教えるのを頑張り、
他方で忍が、綾が勉強を教えるのを頑張るから自分も勉強を頑張るという「お互いに頑張る関係」でした。

この高校受験時における二人の関係が、
現在もまた生き続けていることを示す話として、学校祭の話があったと思います。
綾が、忍がリーダーとして頑張って来たことを受けて代役を引き受け、
忍が、そういう綾の頑張りを受けて、綾を助ける即興脚本を書くという関係です。

そう考えると、学校祭の話で提示されているものというのは、
受験時の話にも表れていた、忍と綾の関係の在り方に他なりませんでした。
綾が忍との友情を再認識するのと並行して、
忍と綾の関係があの時と変わらない形で現にあることが示されています。

そこにこそ、原作の二つの話を基に一つの物語を作り上げた、
劇場版という作品の意味があります。
綾が忍との友情を再認識する話(に受験時のエピソードを加えたもの)だけでは足りません。
それに、忍が学校祭の演劇の脚本等のリーダーを任される話を合わせて、
過去の二人の関係の先に、変わらない現在の二人の関係を提示してこそなのです。


次に、原作に対して劇場版が如何なる作品であるかということと同様に、
劇場版に対して原作が如何なる作品かということも原作読者としては考えるべき課題に他なりません。
「綾と忍の関係」に焦点を当てた劇場版に対して、原作を如何に読むかという問題です。

個人的に一つ強調したいのは、学校祭の後のアリスの「金髪じゃなくてシノを褒めて!!」の一言です。
劇場版でもここはエンディングのところで入っていましたが、
原作だとこの一言は、前話の「みんなもっとシノを褒めて!!」からの、再度の「褒めて!!」です。

学校祭本番の前話は、忍が珍しく皆に怒る話でもあるために、
皆の中でアリスだけが(忍の服装につき)「褒めて!!」と言っていることが際立っています。
学校祭の話は、これを受けて、皆が金髪を褒める中で、
再度アリスだけが「シノを褒めて!!」という流れになっているのです。

この流れにこそ、「忍を愛する者」としてのアリス(単行本第五巻57ページに「愛の言葉」とあります。)が、
忍とアリスに固有の関係が、ここに表れていると思います。
そういった原作の流れだからこそ強調されていることに、この機会に是非注目しておきたいところです。

結論として、劇場版は、綾が忍との友情を再認識する話だけでなく、
そこに忍が学校祭の演劇の脚本等のリーダーを任される話を合わせることで、
受験時における、お互いの頑張りを受けてお互いに頑張る忍と綾の関係が、
現に今も継続しているのだということを示していると考えられます。
また、他方で原作は、アリスが忍を「褒めて!!」と連続で述べる展開により、
忍とアリスに固有の関係をも示していると考えられます。


テーマ:きんいろモザイク
ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

12 | 2017/01 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。