スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップアイドルを受け継ぐソレイユ ――美月が一言も語らない意味 (アイカツ!第146話考察)

2015.08.22 21:03|アイカツ!
今回は、『アイカツ!』第146話について考えます。
今年のアイカツ8のメンバーが発表され、
久々にソレイユや美月も登場した本話。
一つ特徴的であったのは、登場人物の想定が次々と当たっていったことです。
本題に入る前に、この側面に注目してみましょう。

第146話では、想定が「当たる」ということがキーワード的に使われていて、
あかりの今日の天気予報が当たったことが春に、
明日の天気予報がきっと当たるだろうということがいちごに言及されており、
また、らいちがアイカツ8の予想を当てたことが取り上げられていました。

これに限らず、第146話は一つの例外を除いて、
基本的に登場人物たちの想定どおりの展開に進んで行くことが特徴的で、
例えば三人ともにアイカツ8に選ばれるというソレイユの想定(希望)も、
あかり世代が選ばれ得るという大人たちの想定も、実現することになります。
このように「当たっていく」展開であったのです。

こうした、想定が「当たる」展開の中で、一つだけ「当たらない」ことがありました。
それが、あかりの、三人の中の誰か一人が選ばれるかも知れないという想定で、
実際は二人が選ばれ、一人だけが選ばれないことになったのです。

「当たる」という語の連発、現に「当たる」展開は、おそらくここに終着しています。

つまり、この唯一の想定外を強調するために、
第146話の「当たる」ことの強調はあったのではないでしょうか。
あかりに一人だけが選ばれる不安を覚えさせ、それをいちごとの語らいで解決させながら、
実際に直面するのは「一人だけ選ばれない」という現実でした。
そして、このことが次話に引き継がれていたように思います。
一人だけ選ばれなかったことを如何に消化するかということを描いた、第147話に。

さて、前述のとおり、第146話をあかりたちの物語として見れば、
それは一人だけ選ばれなかったことを強調する側面を持ったものであったと言えます。
それでは、いちごたちの物語として見ると、どのような物語に映るでしょうか。
以下では、このことを取り上げていきたいと思います。
第146話では、美月が登場しながら、彼女は一言も何かを語りませんでした。
このことにどのような意味があったのかというところから、始めていきます。



アイカツ8の発表の場面にしか登場していない、さくらやユリカに台詞があって、
果てはあのとき遠くにいて、出張ってきたみくるにまで台詞があるのに、
美月に台詞が付けられなかった訳はないのであって、
彼女の無言は高度に作為的なものであっただろうと思います。
敢えて美月が話さないことが、何かを強調するための表現であったと思うのです。

これによって強調されたのは、アイカツ8の発表の直後に企画をぶっこんできたのが、
美月でなくてソレイユであったということに他ならなかったと思います。

こういった注目が集まる舞台で、新しい企画を持ってくるアイドルは、
これまでずっとトップアイドルとして他を引っ張ってきた美月でした。

その美月が、この度のアイカツ8の発表においては、何も語らなかったという事実。
美月が何も語らなくても、ソレイユがその役割を十全に担ったということが、そこに表れてきます。
今回は明らかに、劇場版を経て、いちごがトップアイドルになったことを踏まえた話でした。

aikatsu12.png
 他のメンバーを気にしながら、何も語らない美月。

ソレイユのステージ前に次のようなやり取りがあります。

「ここからまた、新しいアイカツだね」
「うん。アイカツに、もっともっと盛り上がって欲しい」
「引っ張れるといいな、あたしたちで」
「行くしかないね」
「うん」 (第146話)


ここには、アイカツをもっと盛り上げるために、アイカツ界を引っ張っていく、
そうしたトップアイドルとしての役割を、
ソレイユが担っていこうという意思が表れています。
それは、これまで美月がずっと意識していたところのものに他ならなかったでしょう。

結論として第146話は、ずっと美月が担ってきた、
アイカツを第一に盛り上げる企画者、トップアイドルとしての立ち位置を、
ソレイユが十全に受け継いだことを描いていました。
こういう舞台で語ることが欠かせなかった美月が黙っていたことで、
このことは特に強調されていたと思います。

その上で注目すべきは、美月のそういう役割を受け継いだのが、
劇場版で正式に美月を越えてトップアイドルになったいちごではなく、
あおいと蘭を含めた、ソレイユであったというところです。

そこに、星宮いちごというアイドルの流儀が、何よりも表れていたと思います。

いちごは、決して一人で美月の位置に立たないのです。
いちごは、みんなで立とうとする。
現に劇場版では、かつて美月が一人で立ったステージに、
みんなと一緒に立つことを選んでいました。
あの舞台は、「大スター宮いちごまつり」と名付けられながら、
いちごだけのものではなかったのです。

このやり方が、美月を追ってきたいちごが、
それでいて美月と明白に区別される点です。
そして、劇場版の終盤で示されたように、
いちごは美月の位置にみんなと一緒に立つからこそ、
トップアイドルという立場に囚われて自由を失うことはないと考えられます。

「昔、私のところまで上がってきてって言ったことがあるよね。
 今、いちごは私のいた場所にいる。
 その場所にい続けるのは、とても大変かも知れない。
 私はトップアイドルとして、いつでも上を目指した。
 一位にい続けることによって、みんなを引っ張っていくのを使命だと思うようになった。
 そして気付いたときには、その高みから自分で降りることができなくなっていたわ。
 でも今、いちごのおかげで、自由だった私を思い出した。
 どんな夢でも見られた自分を!」 (劇場版)


トップアイドルという立ち位置が、美月に自由だった自分を忘れさせたのなら、
それは当然にいちごにも忘れさせ得ると考えられます。
しかし、直後にライブの参加メンバーに迎えられたいちごを見ると、
必ずしもそうではないのだと思うのです。
いちごは、トップアイドルとして独りになるのではない。
いちごは、トップアイドルとしてみんなを引っ張るという重大な責務を、
みんなと一緒に担うことができる。
そういったいちごの在り方が、第146話にも表れていました。

結論として、第146話は、トップアイドルとしての美月の立場を、
「いちごでなく」、ソレイユが受け継いだ姿を描いています。
これによって、美月のいたところにみんなと一緒に立ち、
みんなと一緒にアイカツ界を引っ張ろうとする、
いちご流のトップアイドルとしての在り方が提示されていました。



○関連記事

  前回の記事

    再び一人で「虹の彼方」へ――自らの「知恵」と「勇気」と「心」で行くドロシー (第百四十四話)

  ソレイユに関する記事

    ソレイユ、一人でも輝ける星へ (第七十一話)
    ソレイユ、いつまでも輝き続ける星へ (第百二十五話)



スポンサーサイト

テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。