スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレンが語らなかった本当の気持ち (ハロー!!きんいろモザイク:第七話考察)

2015.05.31 17:05|きんいろモザイク
今回は、『ハロー!!きんいろモザイク』第七話について考えます。
第七話の物語は、カレンが家出して忍の家に泊まる話(第三巻95ページから)と、
カレンが幼少期の思い出を皆に語る話(第四巻103ページから)で主に成り立っていました。
その他、カレンが母親のことを話す部分など、少し他の話(第四巻55ページから)も含んでいます。
この記事で注目するのは、カレンが幼少期の思い出を皆に語る話において、
原作から細かいアレンジが加えられていることです。

このアレンジがどのようなもので、どのような意味を持っているかを考えます。

それでは、第七話における原作からのアレンジについて考えていきます。
第七話の原作からの興味深いアレンジは、カレンの過去語りの締めである、
意外と猪突猛進で本当に日本に行ってしまったアリスに対して、
私も人のこと言えないかもデスと言う場面について、
カレンはその台詞を言ったのではなく思っただけであると明確に示していたことです。
この場面について、まずは確認しておきましょう。

「そうしてアリスは私に何も告げずに一人日本へ旅立つのデス」
「それはっ だってカレンずっと旅行中だったでしょ!」
「アリスは意外と猪突猛進デス」

でも 私も 人のこと言えないかもデス!」 (第四巻115-116ページ)


原作だと下線を引いたカレンの台詞は、吹き出しの中に書いてあるので、
皆に話していた延長で、そのことも話していたとも読めるのですが、
アニメでは明らかに話していないんですよね。

言い出しの「でも」のところで、カレンの口は動いていない。
カレンは忍のことを想って日本へと飛んでいったアリスと同じく、自分もまた猪突猛進なことに、
アリスのことを想って日本へとやってきたことをアリスたちに語らなかったのです。
カレンはアニメでは密かにそれを思うだけになっています。

ここで、カレンが自分もアリスを追って日本へとやってきたことを、
みんなに言わなかったのは、二期一話で、忍がアリスをきっかけとして、
本気で通訳者を目指し始めたことを言わなかったことに相当するものであったと思います。
二人とも、アリスがきっかけとなったということを秘密にしているのです。

つまり、二期七話でカレンは、アリスをきっかけとして日本語を本気で学び、
日本へとやってきたことをあの場で言わず、二期一話で忍は、
アリスをきっかけとして本気で通訳者を目指し始めたことをあの場で言いませんでした。
そしてこの二人の場合、黙していたことは意味があったと考えられます。

というのも、忍もカレンも、いつも割と率直であって、
アリスへの好意を表現している方なのにもかかわらず、
二人ともアリスがきっかけになったことについて、同じく黙っていた訳です。
これは、例えば綾がはっきりと素直に気持ちを伝えた場合と同等の意味があると思います。

つまり、綾が率直に伝えた自分の気持ちというのは、
彼女が普段それを伝え(られ)ないからこそ、
「それだけ綾が伝えたかった気持ち」としての意味を持っています。
綾は敢えて語ったときに、その語られた気持ちの強さが現れるのです。
次に掲げる場面は、綾が敢えて語った一例と言えるでしょう。
アリスがペットを恋しく思う話の末尾です。

「でも 私 ペットは必要ないわ」
「何で?」
ペットがいなくてもみんながいるし 陽子がいるもの
 それじゃあ!!」
――えっ 今のどういう意味? 私ペットってこと? (第三巻92ページ、二期三話)


綾は、みんなが一緒にいてくれることをとても大切に考えていて、
これについては「はずかしい」と思っても、結構率直に伝えるんですよね。
ここの他に、第五巻の最後には、次のような場面があります。

「でも お金で買えない価値てあると思うんです
 今私があげたのは「友情という絆」です
 これからもいい友達でいてほしいという気持ち… ハートを載せました」(中略)
ありがとう しの」 (第五巻112ページ)


それと同様に、忍やカレンが敢えて語らなかった自分の気持ちというのは、
二人が普段自分の気持ちを率直に伝える性質だからこそ、
「二人でも相手に秘めようと思うほどの、強い本当の気持ち」として現れてくると思うんですよね。
忍については二期一話の、ホームステイでアリスと出会って本気で通訳者になろうと思ったこと、
カレンについては二期七話の、アリスを追って日本へとやってきたこと。
ここに現れているアリスへの強い気持ちは、二人が秘めるほどに本物であったのです。

結論として、第七話においては、カレンがアリスをきっかけに、
自分も日本までやってきたことを言わなかった点が改変されていました。
通常自分の気持ちを率直に伝えるカレンが黙して語らなかったことにより、
その言葉の中に表れているアリスへの気持ちが、
如何に強く本物であったかということが表現されていたと思います。


スポンサーサイト

テーマ:きんいろモザイク
ジャンル:アニメ・コミック

勇のスランプの話における二つのアレンジ ――忍とみんなの二方向の強調 (ハロー!!きんいろモザイク:第五話考察)

2015.05.24 14:53|きんいろモザイク
今回は、先日放送された『きんいろモザイク』第五話について考えます。
第五話の物語は、原作で言えば第四巻のうちの物語で、
勇がスランプに陥ってしまう話(第四巻39ページから)と、
アリスがわらしべ長者を目指して物々交換をしていく話(第四巻47ページから)でした。
アニメ一期の第五話はサブタイトル「おねえちゃんといっしょ」で、
勇をピックアップした一話となっていましたが、
今回二期も第五話で勇が中心となる話が入れられています。

この記事で注目するのは、勇のスランプの話における、原作からのアレンジです。
勇のスランプの話は、アニメでアレンジが加えられています。
そして、このアレンジの加え方が非常に特徴的であると思います。
大きなアレンジとしては二つあるのですが、
この二つは、ある意味で真逆の方向へのアレンジと言えるものです。
今回はここに注目することで、勇と忍たちの関係が、
どのようなものとして提示されているかを読み取っていければと思います。

それでは、物語中で際立つ大きな二つのアレンジに注目していきます。
まず、第一のアレンジは、原作では勇が皆との息抜きの中で、
いつしか復活したことになっていたのに対し、
アニメでは旅行代理店の場面で忍をきっかけに復活していることです。

原作とアニメ、それぞれのこの場面を確認してみましょう。

まず原作では、みんなとの息抜きを通していつの間にか立ち直っています。
何か具体的なきっかけがあって、復活したという風に描かれてはいません(第四巻44ページ)。
対してアニメでは、大量の旅行パンフレットを手に取り、
危うく転びそうになった忍を受け止めたことをきっかけに立ち直っています。

「大丈夫、です。これで、しばらくの間、旅に出放題です! ああっ」
「シノ!」
「忍!」

「あっ、おねえちゃん」
「もう、危ないじゃない。お店に迷惑よ。全部返してきなさい」
「は、はい!」
まったくもう。ダメね、忍は。私がちゃんとついてないと
「イサミ!」
「いつもの勇姉の顔だ」
「さすがシノです!」

「お姉ちゃん……!」
「さあ、まだまだいっぱい遊ぶわよ」 (二期第五話)


次に第二のアレンジは、原作では勇が忍に対して「ありがとね」と言っていたのに対し、
アニメでは皆に対してそう言っていたことです。

同じくそれぞれのこの場面確認してみましょう。
まず原作では、勇は忍と二人きりになったときに忍にお礼を言っています。

忍 今日は…ありがとね
「ベ…ベリーマッチ!」
「その返事 間違ってるわよ」 (第四巻44ページ)


対してアニメでは、忍だけでなくみんなに対してお礼を言っています。

忍、アリス、綾ちゃん、陽子ちゃん、カレンちゃん。
 今日は…ありがとね、楽しかったわ
「お姉ちゃん……! ベ…ベリーマッチ!」
「その返事、間違ってるわよ」 (二期第五話)


この中で興味深いのは、第一のアレンジにおいては、
勇にとって忍の存在が大切であることが強調されているのですが、
第二のアレンジにおいては、勇にとっては忍だけでなく、
みんなが大切であることが強調されていることです。
この意味において、二つのアレンジは真逆の方向に進むアレンジと言えます。

つまり、片や勇の中の「忍を特別化する」アレンジになっていて、
片や勇の中の「忍を相対化する」アレンジとなっているのです。
私はこのバランスが、非常に『きんいろモザイク』らしいものであると思います。
特に重要な誰かとの関係があるのだけど、
同時に皆との関係も重要なのだということを描いているのです。

以前一期のときに申し上げましたが、『きんいろモザイク』という作品においては、
忍とアリスとか、陽子と綾とか、特に際立った二人の関係が強調されもするのですが、
それはみんなとの関係と全く対立せずに、むしろその中において存在しています。
みんなとの関係から離れたところに、二人の関係を配置しないのです。

今回の勇のスランプに係る話についてのアレンジについても、
こうした作品の作ってきた轍の上を行くものであったと思います。
一方で、勇にとっての忍の大切さを描きながら、
同時に他方で、勇にとってのみんなの大切さを描いていることを強調するような、
ある意味で真逆の方向へ向かう二つのアレンジ。

それは、際立った二人の関係を描きながら、
それをみんなの関係と全く対立させない、
作品の特色をよく示すものであったのではないでしょうか。


テーマ:きんいろモザイク
ジャンル:アニメ・コミック

珠璃とひなきのユニットに見出せるテーマ ――二人の「新しい自分を志向する」という同質性 (アイカツ!第132話考察)

2015.05.10 17:02|アイカツ!
今回は、『アイカツ!』第132話の内容について考えたいと思います。
スミレと凛に続いて、珠璃とひなきがユニットとしてデビューする今回の物語。
これについて、以下の二つの問いを立てて、内容を掘り下げていきます。
すなわち第一に、第132話のステージで使われた曲は、
第120話と同じく『Poppin' Bubbles』でしたが、
このことにはどのような意味が見出せるかという問い、
第二に、そもそも何故今回ユニットを組むのは、
珠璃とひなきであったのかという問いです。
とりわけ後者については、これを考えることで、
情熱ハラペーニョが提示するテーマに肉薄できることでしょう。
以下では、この二つの問いについて、それぞれ私なりに考えていきたいと思います。


(1) ステージ曲が再度『Poppin' Bubbles』であった意味

第132話のステージは、第120話と同じく珠璃とひなきの『Poppin' Bubbles』で、
カメラアングル等に目立った変更はないのですが、オーラの出方が全然違います。
二つのオーラが個々に出ていた第120話に対し、
一つの大きなオーラが出ているように見えるようになっているのです。

オーラの出方の変化が分かりやすいのは、オーラの出始めのところと、
曲終わりの太陽の方を見上げるところで、特に後者においては、
二人のオーラが交じり合って、一つの大きな球状になっていることが確認できます。
この変化は、どのように考えることができるでしょうか。

けだし、第120話では、珠璃とひなきは個々のアイドルとしてステージに立っていたので、
オーラも別々に出ているように見えるのですが、
第132話は「情熱ハラペーニョ」として一緒にステージに立っているので、
オーラも一つにまとまっているように見えたと取れます。
また、二人のオーラが一つにまとまって見えるためには、
それぞれのオーラが二人を包み込めるほどに大きく出なければなりません。
現に第120話においては、二人のオーラはともに、
一人の身体を包むことができる範囲にしか出ていませんでした。
第132話のオーラの出方は、オーラの大きさの面でも第120話と対照的であったのです。
よって、第132話のステージは、二人のオーラが日々のアイカツで大きくなったことと、
一つのユニットとして一緒に出ていることを提示するものであったのではないでしょうか。


曲が『Poppin' Bubbles』なのは、直感でユニットを組みたいと考えたときに、
すぐに率直に「自分の気持ちを伝えに行く」珠璃の姿が、
曲のテーマに合っていたからでしょうが、上述のように、
同時に未だユニットでなかった第120話のステージと対比させる意味もあったと思います。


(2) ユニットを組むのが珠璃とひなきであった意味

第132話でユニットを組むのが珠璃とひなきであったのは、
二人が性質的に「いい感じで違ってる」としても、
アイドルとして似た核を持っているためであったと思います。
それは、第130話から第131話までに示されたように、スミレと凛が、
「好きなものを選んでいくアイドル」である点で一致していたのと同様です。

すなわち、珠璃とひなきは「新しい自分を志向するアイドル」である点で一致しています。
二人のアイドル活動は、それぞれの幼少期の芸能活動を念頭に、
「新しい自分」であることを志向する活動に他なりませんでした。
このように、アイドル活動の根底にあるものについて、二人は一致しています。
だからこそチョコかけポテチで投合できるわけです。

こうした二人の同質性は、以前述べたように第120話で暗示されていて、
その先に今回の話は位置づけられていたと思います。
今は違う道を歩む春(四ツ葉さん)がファンに感謝を伝えるのを見て、
共感してステージに立ったのが何故珠璃とひなきであったか。
それは、二人が春と似た立場にいたからに他なりません。

つまり、珠璃とひなきは、今とは違う形で芸能界で活動していた過去があった上で、
今はそこから変わってアイドル活動をしているため、
変わった自分のことを昔からのファンが応援してくれる喜びを、
あのメンバーの中で誰より共感できるわけなのです。
それゆえに、第120話のステージは珠璃とひなきであったと考えられます。

このように、芸能界における過去を持っていて、
そこから新しい自分を志向して活動していくという同質性を持った珠璃とひなきが、
「新しくて意外」なユニットを目指して結成したのが情熱ハラペーニョであったのです。
よって情熱ハラペーニョは、「新しい自分を志向すること」を、
ユニット活動の核となるテーマとして持ち続けていくのではないかと思います。

珠璃とひなきは、ユニットの結成に際して次のように語り合っています。

「私たち、元々仲がいいから、
 新しくて意外さを感じるユニットができるなんて考えもしなかった」
「ええ」
「でも」
「「いい感じで違ってる!」」
「私のやりたかった意外なユニットの相手が、こんなに傍にいたなんて」
「うん、まさに意外だね!」 (中略)

「ええと、何か照れるけど、組んじゃいますか」
「うん、これからはパートナーとして、よろしく」
「私こそよろしく。どんなユニットになるのか、分からないけど
きっと
面白い
「「ユニットになる!」」 (第132話)


珠璃とひなきは、方向性からして確かに「いい感じで違ってる」アイドルです。
しかし、「意外さ」や「面白さ」――それは「新しさ」と換言できるものです――
を志向しているという点においては二人は一致しています。
この二人の精神こそ、情熱ハラペーニョの中心に他ならないのではないでしょうか。


テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

手を引く静香の歌としての『Precious Grain』 (門司雪『アイドルマスター ミリオンライブ!1』)

2015.05.04 08:35|アイドルマスター

今回は、門司雪さん『アイドルマスター ミリオンライブ!1』を、
紹介も踏まえつつ考えていきたいと思います。
個人的には待望の、ミリオンライブのコミカライズです。
第一巻においては、未来がアイドルになることを決意し、
静香や翼とともに活動を始めていくところまでが描かれています。
作中で印象的なのは、ミリオンライブの曲の歌詞を、
上手く物語の中に組み込んでいるということだと思います。

可憐たちが歌う『ココロがかえる場所』でもって、
未来が静香との思い出を一つ一つ辿っていく場面は胸に残ります。

この記事では、作中で印象的な場面を飾るもう一つのミリオンライブの曲、
静香の『Precious Grain』に注目していきたいと思います。
この曲については、『ココロがかえる場所』のように、
作中で歌詞が引かれているわけではありません。
そのため、静香が歌ったのが『Precious Grain』であると分かるのは、
会場前に掲げられた彼女のポスター(23ページ)と、
とっさのフォローに入った春香の次の台詞によるのです。

「みなさーん!
 1曲目、最上静香ちゃんで”Precious Grain”を聴いていただきました!
 いかがでしたか!?
 とっても盛り上がる曲ですよね!」 (38-39ページ)


静香の初ステージにおいて強調されたのは、『Precious Grain』の歌詞ではなく、
むしろこの歌を歌う静香の真剣な表情の方でした(33ページ)。
これは、限られた「私の時間」(124ページ)の中で夢を追う静香だからこその、
本気の表情であり、未来もまずここに引き込まれたと考えられます。

しかし、この作品は、未来がアイドルを目指すきっかけとして、
静香の『Precious Grain』を用いたことにより、歌詞は全く出していないのですが、
この歌を「静香が誰かの手を引く歌」として提示してもいたと思います。
「静香が誰かに手を引かれる歌」ではなく。
ここが、私個人としては極めて印象的なところでした。

詳しく歌詞と物語を確認してみましょう。
『Precious Grain』は、一番のクライマックスで次のように言葉を綴ります。

たった一粒でもかけがえのないもの
輝きに変えながら叶えていきたいの
たった一つだけのかけがえのない夢
あなたにも見えたのなら…手を差し伸べて、ガラスの外へ


この部分で歌詞の中の語り手は、ともに歩む「あなた」へと語りかけ、
ともに「ガラスの外」――ここで言うガラスの外とは、
冒頭の歌詞からして、砂時計のガラスの外と思料されるため、
「限られた時間の向こう側」と捉えられます――へと出て行こうとします。
この歌詞の中の語り手の姿は、言うまでもなく、
この歌の歌い手である静香の姿に重ねられると言えます。
静香もまた、限られた「私の時間」の中において自分の夢を叶えて、
時間の限定の鎖を取り外そうと努めるアイドルであるためです。
このことは、作中では頑張り過ぎる静香の切実さにより既に表されていました。

歌詞の中の語り手と、歌の歌い手である静香は重ね得る。
そのために、語り手が「あなた」に向けて「手を差し伸べて」と語りかけるとき、
それは第一に、静香の方が(Pのような)誰かに手を引いてもらって、
硝子の外に連れ出してもらうイメージで捉えられます。

後の歌詞で「たった独りきりじゃ叶えられないから」とあるために、
物語のヒロインのようなイメージでもって、語り手を認知しやすいのです。

しかし、この作品は、これとは正反対のイメージを物語中に描き出していました。
つまり、夢へ向かうことを既に決意している静香の方が、
誰かの手を取り、一緒に夢へと向かって行くイメージが、
『Precious Grain』の歌詞に乗せられていると考えられるのです。

これは、静香の『Precious Grain』を見て未来がアイドルになろうとする流れでもって、
その歌詞が、静香がPのような誰かに呼びかけるものでなく、
未来のような誰かに呼びかけるものとして提示されていたことによります。
まだアイドルではない未来に呼びかける歌としての『Precious Grain』のイメージは、
まさに46ページの、静香の方が未来の手を引くイメージに他なりません。

ここにおいて、歌詞の「あなたにも見えたのなら…手を差し伸べて ガラスの外へ」は、
静香がPのような誰かに、手を差し伸べて私の手を引いて、
私をガラスの外へ連れて行ってと呼びかける意味ではなく、
静香が未来のような誰かに、手を差し伸べて私の手に引かれて、
私と一緒にガラスの外に行きましょうと呼びかける意味となっているのです。
この作品では、『Precious Grain』の語り手は、静香は、
誰かに手を引かれるだけの「ヒロイン」ではなく、
同時に誰かの手を引きもする「アイドル」であるということが示されています。

結論として、『Precious Grain』を歌う静香の姿を見て、
未来がアイドルになることを決意するという流れの中に置かれたことにより、
『Precious Grain』は、Pのような誰かだけではなく、
未来のような誰かに向けられた歌でもあることが示されていたと思います。
その結果として明らかになっていることは、この歌は、
静香がPのような誰かに手を引かれるだけの歌でなく、
未来のような誰かの手を引く歌でもあるということです。


テーマ:アイドルマスター
ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。