スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ「いっしょ」でない少女たち (まな『THE IDOLM@STER (3)』)

2014.08.23 09:44|アイドルマスター
【Amazon.co.jp限定】特装版THE IDOLM@STER (3) イラストカード付き (REXコミックス) (IDコミックス REXコミックス)【Amazon.co.jp限定】特装版THE IDOLM@STER (3) イラストカード付き (REXコミックス) (IDコミックス REXコミックス)
(2014/08/04)
まな:漫画 高橋龍也:脚本 BNGI/PROJECT iM@S:原作

商品詳細を見る


今回は、先日発売を迎えた一迅社の『THE IDOLM@STER (3)』を考えていきます。
アニメ第十三話の直後の各アイドルの活動を補完していく本作品。
第三巻の特典は、劇場版のストーリーを補完する小冊子でした。
このうちの、劇場版の前夜を描いた、劇場特典でもあった「signs」の方ではなく、
合宿の光景を掘り下げた「longing」の方に注目します。
論じていくのは、ここでの明らかな、765組とダンサー組の対照性についてです。
もしよろしければ、小冊子を片手にお付き合いいただければ幸いです。

それでは、「longing」を読み込んでいきましょう。
「longing」においては、練習後のダンサー組の描き方が、765組とは見事に対照的でした。
すなわち、765組についてはそこで横の関係が強調されていたのに対し、
ダンサー組についてはそれぞれの765組との関係が主に強調されていたのです。

それぞれについて、順に見ていくことにしましょう。

まず、「longing」で新たに描かれたダンサー組の姿というのは、
(彼女たちの趣味等を絡めた)765組との「それぞれの」関わりが主でした。
私にとって特に印象深かったのは、次の杏奈と亜美真美の場面です。

「ねぇねぇ! 一緒にやろっ?」

「うわ! 何その装備! 超レアじゃん!」
「…宮殿何度もクリアすれば…たまに出るよ」
「うあうあ~! 何そのダメージ!」
「なにげに回避もチョーうまくない?」 (71)


劇場版では、百合子が本を読んでいる姿は描かれていたのですが、
杏奈がゲームをする姿というのは描かれていなかった覚えがあります。
それゆえ、さすがに合宿にはゲームを持っていかなかったのだろうと考えていたのですが、
実はPSPを持って行っていたようです。
劇場版を見たときの考えが覆されたので、なるほどと唸ることになりました。

それはともかく、ダンサー組については、このような765組との絡みが主に描かれていました。
対して、ダンサー組の面々が、練習外で一緒に楽しげに過ごす光景というのは、
いくらでも描けそうなのにあまり描いていません。
この辺り、休憩中だろうが横で繋がって、
「いっしょに」わいわいやっている765組とは対照的に描かれていると思います。
小冊子で追加された次の場面は、765組の繋がりを改めて示すものでした。

「カブトゲットォー!」
「バナナトラップ大成功ー! ゆうべ仕掛けておいたんだ~」
「へぇ~そんなのよく知ってるね~」
「虫なんて獲って嬉しいの? まったく子供じゃあるまいし」
「あれ? ひょっとしていおりん 虫苦手?」
「好きなわけないでしょ そんなの
 ちょ ちょっと近づけないでよ…」

「うぎゃあぁー!」 (60-61)


ここで登場しているのは、亜美、真美、やよい、伊織だけではありますが、
このように休憩時間に「いっしょに」いる姿が、劇場版と同様に強調されています。

これに対して、ダンサー組がともにいる場面というのは、
劇場版中で既にそうではありましたが、どこか気まずいものになってしまっています。
小冊子において追加された入浴シーンに注目してみましょう。

「はぁ~ これで まだ 初日なんや……」
「想像以上だったね…」
「私…ついていけないかも」
「…杏奈も」

「みんな何言ってるの? これがプロなのよ…?」
「………」 (55)


この対比は、特典小冊子のなかなか興味深い部分だと思います。
765組は「いっしょに」過ごし、ダンサー組は「それぞれに」過ごす。
これは、意識的かどうかはともかく、かなり特徴的であると言えます。
劇場版についても、この観点から読めるかも知れません。

つまり、「それぞれに」過ごしていたML組が、
そして、物語の後に「それぞれに」活動していくことになるであろう7人が、
アリーナ直前には「いっしょに」活動していく、そのプロセスを描いたものとしての劇場版です。
小冊子の中で「それぞれに」過ごすダンサー組を見て思い出されるのは、
可奈も含めて、全員で「いっしょに」アリーナという大舞台を乗り越えようと決意した、
あの空っぽのステージでの場面ではなかったでしょうか。


「それぞれに」から「いっしょに」へ。


合宿で「いっしょに」過ごす765組に対して、「それぞれに」過ごすダンサー組の姿は、
劇場版におけるこの変化を浮き彫りにしていると思います。
まだ「いっしょ」でない少女たちの姿の向こうに、
彼女たちが「いっしょに」活動する姿を見つけることができるのです。



○関連記事(劇場版関係)

  みんなで「いっしょに」輝きの向こう側へ
  自分の道を歩む主体としてのダンサー組 ――765アイドルの「非関与」から


スポンサーサイト

テーマ:アイドルマスター
ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。