スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アイドルオーラとカレンダーガール」というサブタイの意味 (アイカツ!22話)

2013.03.27 14:43|アイカツ!
Signalize!/カレンダーガールSignalize!/カレンダーガール
(2012/11/21)
わか・ふうり・すなお・りすこ from STAR☆ANIS

商品詳細を見る


アイカツ!のサブタイは毎話基本的に一言で「○○と○○」という形を取りませんが、
22話だけ「アイドルオーラとカレンダーガール」という二言だったのが謎だったので、
「何故どちらか片方でなく両方の言葉を入れたのか」ということを今回は考えてみます。

何故「アイドルオーラ」だけではなかったのでしょうか。
また、何故「カレンダーガール」だけではなかったのでしょうか。
この問いについて考えることで、22話のテーマがより明確に分かるように思います。

それでは、以下考えていきます。



○22話のテーマ:「トクベツな毎日」を過ごす「あなた」は輝いている


結論から言えば、22話は『カレンダーガール』の歌詞を根本的なテーマにしながら、
そこに「アイドルオーラ」といういちごが直面する問題を加えることで、
歌詞で言っていることに、一言加えているのではないかと思います。
ゆえに、アイドルオーラ「と」カレンダーガールというサブタイなのです。

何に何が加えられたか明らかにするために、
まず『カレンダーガール』の歌詞を確認すると、
オトナたちが理屈っぽく、何てコトない毎日が「かけがえがない」と言うのは、
いまいちピンとこないけれど(一番)、
毎日頑張って自分らしく活動していると、
理屈とか関係なく毎日がトクベツなものになる(二番)という感じです。

念のため、歌詞の一部を引用しておきましょう。

何てコトない毎日が トクベツになる
実践中の思考は 理屈なんかじゃないでしょ
カレンダーうめてく今日を たからものにしよう きっとだよ
気分爽快 見逃せないね


この『カレンダーガール』の歌詞で言われていることは、
頑張って活動していると、「毎日がトクベツなものになる」ということだけです。
主語は、超頑張って活動する「毎日」
その素晴らしさを歌っています。

22話はこの歌をアイドルオーラという問題と同居させることで、
「私らしく頑張ることで毎日がかけがえのないものになる」という歌詞に、
「そうした毎日を過ごしているあなたは輝いている」というテーマを加えていると思います。

すなわち22話では新たに、毎日頑張って活動する人こそ、
オーラをまとう人であると提示されているのです。
ここでの主語は「毎日」でなく、「あなた(=劇中のアイドル)」です。

実際に、物語後半のいちごの台詞が上述の内容に一致しています。

毎日のアイカツを、わたしらしく頑張ること。
それがオーラに!

そう、頑張れば何てコトない毎日でもトクベツになる!


ここでは、『カレンダーガール』で歌われているような「トクベツな毎日」を過ごすアイドルにこそ、
「アイドルオーラ」が生じるということが、端的に示されています。
それは『カレンダーガール』の歌詞に、22話が追加したテーマです。

だから確かに、22話のタイトルは「アイドルオーラ」だけでも、
「カレンダーガール」だけでも不十分だったと思います。
あの物語には、確かに「アイドルオーラとカレンダーガール」というタイトルこそふさわしい。
二つが合わさって、初めていちごの出した結論に至ります。

結論として、22話のテーマは、「頑張れば何てコトない毎日もトクベツになる」ということと、
「そうした毎日を過ごすあなたは輝いている」ということの二つだったと思います。
だから、サブタイは「アイドルオーラとカレンダーガール」だったのです。

aikatsu01.png



今回は以上です。
ところで、アイカツ!滅茶苦茶面白いですよね。
私もついこないだ撮り溜め分を全て見終わり、テレビ放送に追いついたのですが、
早速はまってこうして記事を書いてしまいました。
4月8日まで、公式サイトで無料視聴も可能なので、興味があればぜひご覧になってみてください。
それでは、私もトクベツな毎日を過ごせるよう、日々頑張っていこうと思います。


スポンサーサイト

テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

凛・卯月・未央の持ち歌から考えるシンデレラガールズ

2013.03.20 16:54|アイドルマスター
今回は、ニュージェネレーションの三人の歌の歌詞から、
「シンデレラガールズ」のテーマを考えてみたいと思います。

アイドルマスターという広大なコンテンツの中において、
シンデレラガールズはどのようなテーマを提出しているのでしょうか。


このことを考えるに当たり、凛・卯月・未央の歌は大きなヒントとなります。
けだし、彼女たちの歌は特に、彼女たち自身を表現する「キャラソン」の側面を持つだけでなく、
シンデレラガールズそのものを描写する「テーマソング」の側面も持つものであるためです。
ゆえに、その歌詞を種にシンデレラガールズそのものについて論じていきます。

それでは、もしよろしければ少しの間お付き合いください。
CDの発表の順番で、それぞれ説明していきます。



①渋谷凛『Never say never』:「新世代性」


THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 001 渋谷凛THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 001 渋谷凛
(2012/04/18)
渋谷凛(CV:福原綾香)

商品詳細を見る


まずは、凛の『Never say never』です。
この歌は「無限大の未来」や「明日への道」という言葉から分かるように、
徹底的な「未来志向」が特徴的です。
実際に曲の一部を確認してみましょう。

愛に包まれて 気付いた いつも沢山の笑顔ありがとう
ずっと ずっと 真っすぐに 見つめて
振り返らず前を向くよ だけどいつまでも見守っててね
強く そう強く あの場所へ 走り出そう

どこまでも走ってゆくよ いつか辿り着けるその日まで


これは曲の最後の部分です。
最後まで、「あの場所」へ辿り着いた姿は提示されていないことが分かります。
この歌は、あくまで目的地に向かっていく前向きな姿のみを描くのです。

これが凛の歌の最大の特徴です。
歌詞の主人公は、「現在」既に目的地に辿り着いているわけではなく、
「将来」目的地に辿り着くために走り続ける。

思うに、この「将来において目的地に辿り着く」というのは、
シンデレラガールズにおいて特に強調されるテーマの一つです。

もちろん、これまでにも765プロのアイドルが、
「これからトップアイドルになる」アイドルとして描かれてきたので、
シンデレラガールズでこのテーマが初めて取り上げられたというわけではありません。
しかし、シンデレラガールズはゲームシステム上のある特徴のために、
このテーマをこれまでのアイマス以上に強調していると言えます。

そのシステム上の特徴とは、「エンディング不在」です。

「エンディング不在」とは、ゲーム内にエンディングがないことを指します。
もちろん、能力値のカンストや移籍など、活動の「終わり」と見なせる瞬間は沢山あります。
しかし、ゲーム内で保障された物語上のエンディングは存在しません。
このことは、アイドルが最終的な目的地に辿り着いたということは、
ゲーム内で永遠に描かれないということを究極的には意味します。

この意味で、シンデレラガールズのアイドルは「目的地を目指し続ける」アイドルです。
換言すれば、彼女たちは「将来目的地に辿り着く」アイドルであり続ける。
ここに「将来」ということの、これまで以上の強調が見出せます。

以上より、凛の歌の歌詞に見出せる「将来において目的地に辿り着く」ということは、
シンデレラガールズがこれまで以上に強調した、テーマの一つであると言うことができます。
「将来」という重点を鑑みて、私はこれをシンデレラガールズの「新世代性」と呼びたいと思います。
彼女たちは、将来目的地に辿り着く「新世代における」アイドルなのです。



②島村卯月『S(mile)ING!』:「シンデレラ性」


THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 010 島村卯月THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 010 島村卯月
(2012/08/08)
島村卯月(CV:大橋彩香)

商品詳細を見る


次に、卯月の『S(mile)ING!』です。
この歌も「もっと光ると誓うよ 未来にゆびきりして」という部分や、
最後の「愛をこめて ずっと歌うよ!」という部分に、「未来志向」を見出すことができますが、
凛の歌と比較すると、歌い出しの歌詞が特徴的です。
実際にその部分を以下に引用します。

憧れてた場所を ただ遠くから見ていた

隣に並ぶ みんなは まぶしく きらめく ダイアモンド

スポットライトに Dive!
私らしさ 光る Voice!
聞いてほしいんだ おっきな夢とメロディ


ここでは、「これから」を見据えるだけではなく、
歌詞の主人公が実際に光り輝く舞台へと飛び込んでいく姿も描かれています。
この「跳躍」も、シンデレラガールズのテーマの一つであると思います。
彼女たちはアイドルへと「跳躍」する。

この「跳躍」は漸進的な成長とは区別されるものです。
先述の歌詞の主人公は、「憧れていた場所を ただ遠くから見ていた」以前の状態から、
スポットライトの中で歌う現在の状態へと「Dive」するのであって、それは瞬間的な変化です。
けだし、これまでのアイマスにおいては、この瞬間的な変化はそこまで描かれませんでした。
Pとしてレッスンを行いアイドルを「段々と」成長させ、
コミュによってアイドルと「段々と」絆を深めることがゲームの中心だったためです。

もちろんシンデレラガールズも、この育成ゲームの側面を引き継いでいます。
しかし、そうした従来の漸進的なアイドルの成長に加えて、
ゲームの中に「瞬間的な変化」を取り込んだのがシンデレラガールズの新しい所です。
このことを示すために、まずシステム上の「Pの先行」という特徴に注目します。

「Pの先行」とは、アイドルよりも先にPがいることを指します。
これまでのアイマスでは、アイドル(候補生)はPが来る前に既にいました。
しかし、シンデレラガールズでは、Pが先にいてアイドルが後にやってきます。
それ以外の加入方法もありますが、基本的にはオーディション(ガチャ)を通して入ってくるのです。
ここには、アイドルたちがアイドルとして加入してくるという瞬間的な変化があります。
卯月の歌うように、アイドルたちはこちらへと「Dive」してくる。

また、同様にアイドルたちの「跳躍」を描くものとして、特訓があります。
特訓というシステムは、特訓前から特訓後への外見の変化を通して、
そのアイドルの跳躍をプレイヤーに見せていると取ることができます。
さらに、例えばノーマルのアイドルがSレアになって再登場するのも「跳躍」と言えます。
これもアイドルの漸進的成長としては捉えることが難しいものです。

以上のように、シンデレラガールズの中には様々な「跳躍」を見出すことができます。
そこにおいては、オーディションや特訓やSレアとしての再登場などを通して、
漸進的な成長とは異なるアイドルたちの「跳躍」が描かれているのです。
この特徴を私は「シンデレラ性」と呼ぼうと思います。
灰かぶりが魔法でお姫様になるように、彼女たちは瞬間的に「跳躍」するのです。



③本田未央『ミツボシ☆☆★』:「個性」あるいは「多様性」


THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 015 本田未央THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 015 本田未央
(2013/01/23)
本田未央 (CV原紗友里)

商品詳細を見る


最後に、未央の『ミツボシ☆☆★』です。
けだしこれは、人によって本当に色々な感想があるであろう、なかなか感慨深い歌詞になっています。
この歌も、「目指すは六ツ星☆☆☆☆★★」という最後の部分に「未来志向」を見出せます。
その点では、凛や卯月の歌と似通っていますが、
未央の歌の場合は、目的地を目指して邁進するに当たり、
「横のつながり」がとりわけ意識されているという特徴があります。
実際に歌詞の一部を引用してみます。

ミツボシ☆☆★=願って頑張って
叶えちゃえ!って CAN SAY!
上を目指し チャージ&ハイジャンプ
翔けるミツボシ☆☆★

届け純情!キュートでクールな世代
燃やせ友情!パッションは
カオスでラブリーなミツボシ☆☆★


「友情」という言葉は、未央の歌の中に何度も出てきます。
彼女の歌の場合、目的地を目指すに当たり、
「友情」や「友達」は不可欠で大切なものとして、特に強調されているのです。

同様に、歌詞の主人公に近くで力を与えてくれるものとして、
『Never say never』ではどことなくPをイメージさせる「君」が、
『S(mile)ING!』ではどことなくファンをイメージさせる「みんな」が描かれていますが、
『ミツボシ☆☆★』では、同業のアイドルをイメージさせる「友達」が出て来る。
この「友達」という言葉に、ニュージェネレーション三人の絆を読むこともできるでしょう。

しかし、歌詞の中に現れる「キュート」「クール」「パッション」という三属性は、
ニュージェネレーションの三人だけではなく、シンデレラガールズのみんなを想起させる言葉です。
そこで今回私は、この歌を他の二曲と同様に、
シンデレラガールズ全体を表象するものとして考えたいと思います。

そのように考えた場合、この歌は「キュート」、「クール」、「パッション」を挙げた上で、
それを「カオスでラブリー」と評しているところから、
一人ひとり異なる「アイドルたちの個性」を表わしている作品として捉えることができます。

「個性」――それはシンデレラガールズで、おそらく最も話題になってきた部分です。
アイドルは13人ではなく、今や200人余りになりました。
シンデレラガールズにおいては、これだけのアイドルがそれぞれ色の異なった個性を持っています。
「友情」という言葉で強く「横」を想起させる未央の歌は、
アイドルのこの「個性」の広がりを感じさせるものとして受け取れるのではないでしょうか。


その横に幅広い「個性」の中で、時に助け合い、時に競い合うことで、
これから上へと昇っていく様を、『ミツボシ☆☆★』は描いているのです。
「個性」と「友情」を歌う。
その点で未央の歌は、自己紹介の部分でアイドルの「個性」を提示した上で、
リーダー決めの部分でそのアイドルたちの繋がりを描く『団結』に通じるところがあります

765プロのアイドルの「団結」の相当物として、
シンデレラガールズの「友情」が人口に膾炙してもいいのかも知れません。



結論として、シンデレラガールズには三つのテーマがあります。
すなわち、「新世代性」「シンデレラ性」「個性」というテーマです。
この三つはこれまでのアイマスになかったわけではありませんが、
シンデレラガールズにおいてより強く表現されたので、
かの作品の旗印と考えていいのではないかと思います。
それらが凛・卯月・未央の歌においてはバランスよく表現されています。

長くなってしまいましたが以上です。
それでは、『お願い!シンデレラ』やCM第四弾も楽しみにしつつ、
今日のところはここでおしまいにしたいと思います。
ここまで読んで下さった方がいらっしゃいましたら、お付き合いありがとうございました。


テーマ:アイドルマスターシンデレラガールズ
ジャンル:ゲーム

本当の意味で、同じグループの一員へ (ラブライブ!第十話感想)

2013.03.16 18:20|ラブライブ!
10話は、「先輩禁止」自体が本質的なテーマではない。

と言ってしまうと極言である感じが否めませんが、以下の場面を思い出してください。
終盤の、希が真姫に自分の内なる想いを打ち明ける場面です。

「ねえ真姫ちゃん」
「ん?」
「うちな、μ'sのメンバーのことが大好きなん。
 うちはμ'sの誰にも欠けて欲しくないの。
 確かに、μ'sを作ったのは穂乃果ちゃんたちだけど、うちもずっと見てきた。
 何かあるごとに、アドバイスもしてきたつもり。
 それだけ、思い入れがある」


ここに、これまで明かされなかった希のμ'sへの気持ちが描かれています。
「誰にも欠けて欲しくない」
この想いから、希は買い物に行く場面やまくら投げの場面で、
一人輪の中に入り込めなかった真姫に積極的に関わっていきます。

しかし、この希の想いは一見、絵里の目指した「先輩禁止」と関係がありません。
「先輩禁止の流れに乗れない真姫」によって二つは架橋されていますが、
それぞれ別々で一話ずつあっても、全く違和感はなかったと思います。
それなのに、10話はその両方を同居させています。
二つを一緒に描いたのは何故なのか。

その問いから物語を考えることで、10話のテーマを捉え直すというのが今回の主旨です。

結論から言えば、「先輩禁止」を望んだ絵里の想いと、
「誰にも欠けて欲しくない」という希の想いは、実は似通ったところから生じています。
そこにこそ、私は10話の本当のテーマが存在していると思うのです。

それでは以下より、絵里と希の想いの関連から、10話のテーマを論じて参ります。



続きを読む >>

テーマ:ラブライブ!
ジャンル:アニメ・コミック

楓が対峙するべき存在としての「ゆず」 (タチ『桜Trick②』)

2013.03.03 20:38|その他の漫画
桜Trick (2) (まんがタイムKRコミックス)桜Trick (2) (まんがタイムKRコミックス)
(2013/02/27)
タチ

商品詳細を見る


昨年より何かと話題の『桜Trick』の二巻が発売されました!
読んで改めて思ったのは、この作品がほんわかした空気を醸しながらも、
それぞれの「関係の深化」をしっかり描いているということです。
こういった変化が明確な作品は、四コマだと相対的に珍しい気がします。

今回は、作中で変化していく関係の中でも、特に「楓とゆずの関係」に着目してみたいと思います。
『桜Trick』の中ではおそらく一番ライトな関係である二人ですが、
一巻から二巻にかけて、確かに関係の転換を見出すことができます。
私が一読したとき、何だかんだで一番印象に残ったのはその二人のことでした。

そこで、二人に関して私のTwitterでの感想を基に、以下にまとめていきます。
2月27日に書き込んだ内容です。
長めになった一連のツイートを、新たな試みとして、ちょっとまとめ直してみます。
基本的には自分のツイートを加筆しつつ引用していきます。
内容は二巻時点までです。



続きを読む >>

テーマ:桜Trick
ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。