スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからに向けて「開かれた」六人の関係 (ひだまりスケッチ四期全体感想)

2012.12.25 16:55|ひだまりスケッチ
ひだまりスケッチ×ハニカムが終わってしまいました。
そのことは寂しいのですが、内容は最後までとてもよかったと思います。
修学旅行という、ヒロと沙英の卒業を仄めかすところからスタートした以上、
本当は二人の卒業で締めるのが構成的により綺麗だったと言えるかも知れません。
しかし、そこは原作の進み具合の問題もありますし、
それを抜きにしても、「卒業に向けて六人の関係をどうするか」というテーマは、
最後までぶれていなかったのでよかったと思います。

「ヒロと沙英の卒業に向けて六人の関係をどうするか」。
その問いに対する答えは、ヒロが卒業について不安に思う六話や、
有沢さんがゆのに対して領導する七話などにおいて、繰り返し提示されてきました。
そして終盤においても、その答えと取れる関係の変化がしっかりと描かれていたと思います。
今回は、十一話と十二話において特に目立った、「ある一人の登場人物」と絡めて、
上述の全体的なテーマに関して論じていきます。

その人物とは、他の誰でもありません、夏目その人です。

終盤において、彼女がひだまり荘の六人の中に迎えられるという構図が強調されていました。
十二話においては、以下の場面が当てはまります。

「沙英!」
「夏目?」
「こ、こんなところで偶然ね」
「そうだね」
「あけましておめでとう……」
「あけましておめでとう、今年もよろしくね」
「こ、こちらこそ……」

「よかったら、ここで初日の出一緒に見ていかない?」


ヒロの一声で、夏目は後輩たちとも挨拶をして、一緒に初日の出を眺めることになります。
この場面のように、夏目が六人の中に入っていくという構図は、
クリスマスパーティに参加する十一話から続けて強調されていると取れます。

この点は、夏目が変わらずに沙英を中心に見ているために一際目立ちます。
すなわち、初日の出の場面でも分かるように、夏目が沙英を中心に見ているのなら、
本来沙英との距離を詰めたり、関係を変化させたりするだけで足りるはずです。
それなのに夏目は敢えて、「ひだまり荘の六人とも」距離を詰めています。
ここに、何らかの意味を見だせるのではないか。

けだし、夏目と六人との肉薄が作中で描かれたことは、
先の「卒業に向けて六人の関係をどうするか」というテーマに関連します。
端的に言えば、夏目という関係外部の存在がその中に招かれることにより、
六人の関係が「外に開かれた」ということを示しているのではないかと思うのです。
そのことを順を追って説明して参ります。



続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:ひだまりスケッチ
ジャンル:アニメ・コミック

祐巳が瞳子の姉になるまで:「姉の心情」の否定

2012.12.16 15:08|マリア様がみてる
本日は『マリア様がみてる』に関して少し考察をしてみたいと思います。
対象は、祐巳と瞳子の関係についてです。
特に「瞳子の事情に対する祐巳の態度」に着目して、二人の関係を捉え直してみます。
瞳子の家庭事情は、二人が姉妹になるまで長く尾を引いた重大事です。
祐巳はそれに対してどのような態度で関与したのでしょうか。
また、そこからどのようなことが読み取れるのでしょうか。

まず、祐巳が「他人の事情」に対して一般的な態度を示した場面があります。
それは、体育祭で祐巳が可南子と勝負をする「レディ、GO!」の中の一コマです。
ここで祐巳は、奇しくも瞳子その人に自身の態度を示しています。

「そうか。瞳子ちゃんは、可南子ちゃんの事情を知っているんだ」
「ええ。こちらは、人から聞いたことですが。どの程度のことか、
 祐巳さまにもお知らせしましょうか? 彼女、お父さまが--」
「やめて、瞳子ちゃん」(中略)

「可南子ちゃんが私に直接話したいというなら、聞く。
 でも、今の私は瞳子ちゃんに聞いてまでそれを知る必要はないんだ」

 (『マリア様がみてる レディ、GO!』、pp.61‐62)


祐巳は人の個人的な事情に関して、聞かず立ち入らないという立場を表明しています。
祐巳と可南子の関係において、それは直接に問題となる事象ではないからです。
しかし、ただ一つ例外として、「情報に関わる本人の意志」があった場合を挙げています。
すなわち、可南子本人が望むのならば、それを知ることは吝かではないということです。
まとめれば、「原則は非関与」が祐巳の一般的な態度と言えます。

この原則を、祐巳は瞳子の場合には覆しています。
十二月、瞳子が家出をして祐巳の家に世話になった後に、
優がお礼にやってきたとき、祐巳は瞳子の事情に関して優に尋ねています。

「瞳子ちゃんが何で家出したのか、知っている?」(中略)

「瞳子からは……」
「何となく、聞けなかった」
 祐巳は正直に白状した。聞いても、きっと話してくれなかったと思う。
「それでも、あえて聞きたい、と?」
 一瞬、「面白半分」とか、「野次馬根性」とか、「ただの好奇心」とか、そういう嫌な単語が頭の中に浮かんだ。そんなんじゃない。そう打ち消したかったけれど、でもそれらの単語と自分の今の気持ちを並べてみても、どこがどう違うのだか境目がわからなかった。
 瞳子ちゃんのことが気になる。教えてもらえるのなら、それらの嫌な単語を引き受けったっていいとさえ思えた。

  (『マリア様がみてる 未来の白地図』、p.55)


この後、優はもう一度よく考えるように促したため、祐巳は事情を聞けませんでした。
しかし、祐巳はこのとき明らかに「原則は非関与」を破っています。
しかも、関与する例外的な条件として挙げられていた、「本人の意志」を無視する形でです。
その理由は何でしょうか。
これは引用の中に明示されています。
「瞳子ちゃんのことが気になる」からです。
この理由のために、祐巳は自身の一般的態度を崩しています。

これは祐巳が瞳子に対して既に「姉としての気持ち」を抱いている場面と取れます。
現に、原則は関与できない領域だけれど、それでも関与したいという心情は、
以下の場面で、祥子が祐巳に対して抱くものと酷似しています。
優に瞳子の家出の事実を初めて知らされる場面です。

 祐巳が言わなかったということは、今は相談すべきではないと判断したからだろう。それは、家出という、瞳子ちゃんのプライバシーに関わる話であったからかもしれない。いや、もしかしたら祐巳は、瞳子ちゃんのことは誰の力も借りずに解決しようと考えているのではないだろうか。
 成立するかどうかは正直言ってわからないが、これは間違いなく祐巳と瞳子ちゃんという「姉妹」の問題だから。たとえ姉とはいえ、踏み込めない領域もある。

  (『マリア様がみてる 大きな扉 小さな鍵』、p.38)


祥子が、自分の立ち入れる領域でないにも係らず、それが気になってしまっていることは、
この前の場面で無意識に、祐巳と瞳子のことを考えてしまっていることから明らかです。
そして祥子が「気になる」のは、彼女が祐巳の姉だからと考えられます。
それと全く同じようにして、祐巳も瞳子のことが「気になる」のです。

その時点で既に祐巳は形式はともかく、内面的には瞳子の姉となっています。
例え自身の踏み込めない領域でも、気になってしまう「姉の心情」
老婆心とまで言わないにしても、その姉らしい関与への性向を祐巳にも見出せます。

けれども、これを祐巳は最終的に否定します。
優に聞くか聞くまいか、悩んだ末に柏木家までやって来た祐巳は、
そこに自分を導いた決意を否定して、何も聞くことなく立ち去ります。

 瞳子ちゃんを妹にしたい。
 瞳子ちゃんのことを何でも知りたい。
 瞳子ちゃんを手に入れたい。
 だったら今すぐに指に力を入れて、柏木さんを呼び出せばいい。呼んで「教えてください」と頼めばいい。
(でも……!)(中略)

 祐巳は左手を添えて、インターホンの前で固くなった右手を下ろした。柏木さんに聞くことは、瞳子ちゃんの閉ざしたガラス窓を無理矢理外からこじ開けるようなものだと、気づいたのだ。
 そんなことをしてはいけない。そんなことをされたら、ますます瞳子ちゃんは心を閉ざしてしまうだろう。
 そんなことをする人は、お姉さまじゃない。
 そう呼んでもらう資格はない。
 祐巳は踵を返して歩き出した。

  (『マリア様がみてる くもりガラスの向こう側』、pp.189-190)


これは、結論だけに着目すれば、最初の原則に戻ったということです。
「本人の意志」という条件がない限り、「原則は非関与」
その一般的な祐巳の態度が、改めて繰り返されたというだけに見えます。
しかし、この場面は、「気になっているのに関与しない」というところが重要です。
一般的な態度の場合は、そこまで気になっていません。
それと、それを無視してしまうほどに気になるのに、その気持ちを押し殺すことは違います。
「お姉さま」として、姉としては当然の「気になる」心情を否定することこそ大切なのです。

その態度は上述の祥子の態度と一致します。
祐巳と瞳子のことを気にしながらも、彼女は必要以上に踏み込みません。
そこは当人たちの領域として尊重しています。
同様に祐巳も、自身の感情を否定して瞳子の意志を尊重します。
それこそが「お姉さま」であると、引用部にははっきり示されています。

結論として、「本人の意志」がない限り「原則は非関与」という一般的な態度を、
「瞳子のことが気になる」という姉として自然な「姉の心情」は否定しますが、
祐巳は、それを以て事情を聞くのは、姉としてしてはならないと更に否定しました。
換言すれば、祐巳は「姉の心情を否定して」、瞳子の姉に相応しい存在になったと言えます。

ご承知の通り、実際に祐巳が優から事情を聞きださなかったことで、
祐巳と瞳子という姉妹の問題は良い方向へ転びました。
部分的なものではありますが、姉としての心情を祐巳が否定する場面は、
怪獣のように「垣根をどんどん壊して」瞳子の方へと向かう方針を改めて、
瞳子を慮り、彼女を待つという方針へと転換する第一歩であったと位置づけられると思います。


テーマ:マリア様がみてる
ジャンル:アニメ・コミック

「憧れ見上げる」から「隣に立つ」へ (『その花』七海×優菜ルート感想)

2012.12.10 16:41|百合作品
『その花びらにくちづけを ミカエルの乙女たち』の七海×優菜ルートをクリアしたため、
途中で気になったことを踏まえながら、物語の感想を書いていきたいと思います。
それゆえ、これからプレイする予定の方は、見ないことを推奨いたします。

前回くらいの記事だとコンスタントに書いていけそうなので、今回も短めだと思います。
時間もかからないと思うので、気軽にさくっと読んでいただければ幸いです。

まず、今回私が気になったのは以下のシーンです。
七海が優菜に頼りっぱなしの周囲に我慢ができず、激昂して委員会で叫んだ後、
麗奈に拉致されて、そのまま一緒に浴室で温まった場面ですね。

「私は、アナタを軽くお説教するために、ここに連れて来たのよ」
「お説教……ですか?」
「そう、お説教よ」(中略)

多分、先生の言う通りなんだと思う。
認めたくない、間違っているとは思いたくない。
やっぱりみんなも悪いし、お姉さまに頼りすぎだと思う。
でも……一番大切なのは、優菜お姉さまの気持ち。
お姉さまを困らせたり、悲しませたりはしたくない。
わたしが一人でカラ回りして、お姉さまを困らせていたとしたら……


ここで麗奈は、「黙って見守ることも必要」として、七海を諭します。
恋人のために何かしたい……その気持ちだけが先走って、
優菜本人の気持ちをむしろ蔑ろにしていたという事実を七海に突き付けるわけです。
麗奈の言葉は七海にとって重要な学びをもたらすものになったと思います。

このシーンで私が気になったのは、七海に重大な成長をもたらす言葉をかける、
極めて大きな意味を持つ役割を「何故、麗奈が担ったのか」という一点につきます。
一連の七海がカラ回りする場面は、優菜の代行を七海が務めるこの後のシーンに繋がるものです。
七海が失敗を正し成長した個所として、物語上極めて重要なものと考えることができます。
そして、物語上重要な成長だからこそ、以下のように考えることができます。

すなわち、優菜が間違いを諭し、七海を成長させるという展開でもよかったのではないでしょうか。

あくまで七海と優菜の物語においては、麗奈は脇役に過ぎません。
事実、このルートにおいては、以上の場面以外ではほとんど登場機会なしです。
彼女よりも、七海の憧れでもあり、「お姉さま」である優菜の方が、
彼女の重大な成長に寄与する存在としては、ふさわしいと言えるのではないでしょうか。

しかし、現実には優菜はこのとき手持無沙汰で、七海のことを教室で想っているだけでした。
私は当初、そのことをとても不思議なことだと思いました。

けれども、このルートをクリアし終えた現在、物語を俯瞰的に眺めて見ると、
この私の感じた不思議こそ、「物語の主題」に繋がるヒントであったと解釈することができます。
つまり、「このルートの主旨」を考えて見ると、説教をする役は優菜では不都合があるのです。
少し詳しく説明していきます。
最初に、ルートの主題を顕著に示す場面としては、以下の部分が挙げられます。
優菜が副委員長を決めようと環境整備委員会に提案するところです。

「では今日は……せっかくなので、
環境整備委員会の、副委員長を決めたいと思います。」

「え!?」
当然の優菜お姉さまの言葉に、わたしを含むみんなが驚いた。

「私ももうすぐ三年生……引退も迫っています。
ですのでここで副委員長を立てて、新たな体制の準備を進めたく思うのですが……」
その直後、一人の委員が立ちあがった。

「わたし……次の副委員長は、七海さんが良いと思いますわ!」


物語の最後に、この「七海が副委員長になること」が結果として置かれています。
ここから、物語全体の主題は「七海の成長」であったということができるように思います。
具体的に言うならば、七海が成長して「優菜の隣に立つもの」になることこそ物語の中心です。
七海にとって、これまで優菜は「憧れのお姉さま」でした。
「委員長として働く優菜」は、七海にとって「憧れて見上げる存在」であったと言えると思います。
この点では、七海は「優菜の下」に自分を置いていました。
確かに七海は優菜と恋人で、その意味では二人は既に隣同士の関係です。
しかし、仕事の面から見てみると、けだし二人の間には高低差がありました。

実際に七海は作中でも、優菜と比較して自分の働きぶりをまだまだであると考えています。

この二人の間の高低差をなくしていくことが、物語の主題であったと私は考えています。

そして、その意味で「七海が優菜の隣に立つ」ということがテーマである以上、
「優菜が七海を指導・育成する」という関係は物語中で強調されない方が、
七海の成長による二人の関係の変化は浮き彫りになります。
だから、七海の成長を促す導き手は麗奈だったのではないでしょうか。
そこで仮に優菜が諭してしまっていたら、七海が「優菜の隣」にいくことによる関係の変化が、
優菜が諭し七海が従うというこれまで通りの関係によって塗り潰されてしまう危険があるためです。
仕事上優菜に教わることが中心だったという意味で「優菜の下」にいた七海が、
優菜の代行を務め切ることにより「優菜の隣」にいく物語においては、
七海を教え諭すのは「先生」である麗奈の方が、優菜以上に適切であると考えられます。

もちろん、作中で幾度か強調される、七海が優菜の「後継者」であり、
かつ現時点での「副委員長」であるという表現からも分かるように、
七海が完全に優菜の隣に並んだとは言えません。
現に、優菜は七海に対して「スパルタ」式での教育を行っていくという宣言をしています。
その意味で優菜が七海の上に立つものであるということは、完全には否定されていません。
しかし、限りなく「優菜の隣」に近い位置まで七海は辿り着いたと言うことはできます。
それを表すのが、皆に認証された「後継者」の位置であり、「副委員長」のポストです。

そして、そこに至る過程においては、七海は優菜の助けをほぼ借りませんでした。
七海は生徒として、麗奈の助言は受けます。
しかし、優菜の助言は受けませんでした。
また、優菜が倒れた後も、誤字脱字のチェックという些細な例外を除いて、
七海はほとんど自力で卒業アルバムの製作の指揮をやり遂げました。
優菜に教えられるのでなく、自分の足で「隣に行く」ことを成し遂げたということが重要です。

結論として、七海×優菜ルートは、七海が「優菜の隣」にふさわしい相手になるまでを描いたものです。
換言すれば、それは「憧れ見上げる」から「隣に立つ」へと至る物語です。
恋人として隣に立つだけではなく、副委員長としても隣に立つ。
今回のシナリオでは、そこへの七海の成長に重点が置かれていたと思います。



○関連記事

  「自己の倒壊」から生まれてくる未来 (『その花』璃紗×美夜ルート感想)


テーマ:百合
ジャンル:アニメ・コミック

「自己の倒壊」から生まれてくる未来 (『その花』璃紗×美夜ルート感想)

2012.12.04 18:22|百合作品
昨日『その花びらにくちづけを ミカエルの乙女たち』の璃紗×美夜ルートをクリアしたので、
やっていて考えたことを、感想を踏まえて書いてみようと思います。
そのため、これからプレイする方はネタバレを含みますので、見ないことを推奨します。

なお今日から、簡潔な短い記事で「小さな考察」を書くことを試みているため、文章が短めで、
かつ形式もきっちりしていない感じですので、気楽にお付き合いいただければ幸いです。

まず、私がプレイしていて気になった場面は以下の部分です。
二人が付き合い始めてからしばらく経って、璃紗が現状に疑問を抱く場面です。
節のタイトルで言うと、「本当に、好きだったら……」の部分ですね。

「……やっぱりまだ、私……溺れるのが怖い」
美夜とエッチすると、快感に流されてしまう。
ドンドンのめりこんでしまいそうになる。
そんな自分がイヤ、認めたくない……そう思えてしまう。
その悩みはまだ、解決しそうになかった。(中略)

このまま美夜と愛し合って、欲情に流されて……いいのかな。
それとも私はもっと、自分を律した方が……


ここは璃紗と美夜、二人のストーリーの一つ目の山場であると思います。
取り上げられている問題自体は、大して特殊なものではありません。
では何故、私がここを特に取り上げたかというと、この璃紗の葛藤に対する答えが、
非常に特徴的であると物語を進めていて思ったからです。

その答えが提出される場面も抜き出しておきましょう。
「一年生会」の面々に璃紗が自分の悩みを相談した後の述懐です。

「自分に、素直に……どうなりたいか考える……」
言われてみて、気づいた。
私、自分が変わってしまうことばかり怖がっていた。
今までの自分を否定するのが怖かった、
それに恋にばかり気持を持っていかれるのが怖かった。
それじゃママと同じ……私を傷つけた、あのママと同じになる。
でもこれって多分、私の本心じゃない。
自分の素直な気持じゃない。
私が今、心から望んでいるのは。
それはきっと……美夜に全てを捧げたい、美夜の全てを受け入れたい。
そのせいで、勉強に手がつかなくなったとしても。
自分が変わってしまって、エッチなことばかり考えちゃうとしても。


これを答えとして、璃紗は美夜を「誘いに行く」ことになるわけです。
この答えは、かなり強烈で特徴的なものであると思います。
欲情が自分を自分でなくしてしまうという問題は、古代から現在まで議論されてきた問題です。
しかしそれに対して、欲情に従うことに全力でGOサインを出す意見はあまり聞きません。
例えば道徳や教育の領野においては、その反対に自制を促したり、自制の重要性を前提とした上で、
ある程度の欲情は許容されるという折衷案を勧めたりする場合の方が、遥かに多いように思います。
欲望に対して自制し、「自分を保つ」ということの方が、様々な場面でよく推奨されるのです。

それにもかかわらず、璃紗は正直に「欲情に従う」方を選択しています。
しかも、それが中途半端な選択ではないことは、「勉強に手がつかなくなったとしても」、あるいは、
「エッチなことばかり考えちゃうとしても」そうしたいという部分に明確に現れています。


璃紗は、勉強や委員会活動に真面目に取りくんできた、
「これまでの自己」の倒壊を視野に入れながら、それでもなお美夜との関係の進展を望むのです。

ここに、私は璃紗×美夜ルートの神髄があるのではないかと思います。
すなわち、情欲を自制して「自己の保存」を達成するのではなく、
素直な思いに従って、情欲を否定せずに関係を進展させて、
「自己の倒壊」を達成するということが重要なのではないでしょうか。

璃紗は、それまでの「優等生」としての自らを保つ選択肢を捨てて、美夜を誘いに行きます。
この瞬間、璃紗は「これまでの自己」を確かに自らの手で破壊しているのです。
この璃紗の「これまでの自己」、「優等生としての自己」は、環境のために作られたと言えます。
最初の引用の中略部に当たるところを以下に引用します。

これだけ真面目に頑張ってきたのに、エッチなことを知ってからは、
そのことばかり考えてしまう。
これって……あの人と、ママと同じなんじゃないの?
他の全てを捨てて、放りだして、愛欲のためだけに生きる人。
そんな人間になりたくないから、一生懸命努力してきた。
恋愛というものからも、おそらく無意識に距離をおいてきた。


ここから窺い知ることができるのは、「これまでの璃紗」、「委員長であり優等生である璃紗」は、
家庭環境が作り上げた自己であるところが大きいということです。
美夜との関係は、その支配的だった璃紗の「これまでの自己」を破壊しました。
しかし、壊すだけではありません。
同時に、「新しい自己」を育むものだったのではないでしょうか。
璃紗が最終的に重視したのは「自らの素直な気持ち」です。
美夜との関係において生まれた、素直で正直な、嘘偽りのない気持ちから、
「これまでの自己ではない自己」「新しい自己」が生まれていると考えることができると思います。
「これまでの自己の倒壊」の上に、それは新たに創造されていくことになる。

これは、璃紗だけに言えることではありません。
同時に美夜も、「これまでの自己」を破壊し、「新しい自己」を築いていくのです。
二人の物語の第二の山場とも言える、美夜の両親との関係に璃紗が意見して、
物別れになりそうになった後の仲直りの場面に、以下の言葉があります。
璃紗が美夜の説得に成功し、両親と話し合いの機会を持つことを認めた路上での場面です。

「そんな風に……わたくしが言えないこと、できないことをサラッとできる……
そういう璃紗にね、本当は憧れていたの」


保健室での看病のシーンでも、美夜は同様の言葉を璃紗にかけています。
そしてこの言葉の通り、「今までの美夜」では考えられなかった両親との話し合いへと向かうのです。
憧憬の対象である璃紗といることで、少しずつ自分も変わっていく。
そこにもやはり、璃紗との関係において美夜が「これまでの自己」を倒壊させ、
「新しい自己」を獲得する姿を見出すことができると思います。

現に卒業式のシーンでは、皆の中で憮然としていた美夜が「変わったこと」が強調されています。

以上から、璃紗×美夜ルートは、二人がその関係の中において、
ある部分では「これまでの自己」と決別して、
「新しい自己」を獲得していく物語であったと言えます。

最終的に二人が掴み取った、「来たるべき二人での留学」という未来は、
璃紗が「これまでの自己」を見失う可能性を見据えながらも二人の関係を進める決断をし、
美夜が璃紗の言葉を受け入れて「これまでの自己」が嫌忌した両親との対話を行った結果、
初めて手にすることができた、「新しい二人の未来」でした。

テーマ:百合
ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。