スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幼さ」という観点からの櫻子と京子の比較 (ゆるゆり♪♪:九話感想)

2012.08.30 17:37|ゆるゆり
あかりの家にナチュラルに泊まっているちなつ。

結衣のことに関していつも相談に乗っているのが、
あかりであることからも分かるように、
ちなつにとってあかりは「隣にいる」女の子です。

京子と結衣、櫻子と向日葵、綾乃と千歳と同じように、
あかりとちなつもお互いの家に遊びに行ったり、泊まりに行ったりしても、
全く違和感のない関係であるように描かれていると思います。

あかりにとっては、京子と結衣という幼馴染がいるにもかかわらず、
そうした関係に収まっているのがちなつであるということは興味深いことです。


まあ何が言いたいかというと、ちなあかはいいものだということです。

さて、今回は下級生四人がテスト勉強に勤しむ、44話「勉強会という何か」、
ちなつが押入れにこもって出られなくなる、52話「暗闇でドッキリ!」、
冒頭で触れた、intermission.3「怖いものは怖いんだモン!!…ですよねー。」、
珍しい組み合わせが見られる、intermission.8「偶然の一日、ハプニングな毎日。」、
以上四つの話が、ほとんど重大な改変なくまとめられていました。

一期の時よりも話の消費ペースが早いように思うのは私だけでしょうか。
ほぼ七巻までは使ってしまったので、八巻に入っていきそうですね。
普通はこのペースだと未だアニメ化していない原作の数が足りなくなるので、
三期はやらない(やれない)のかなと勘繰るところなのですが、
なもりさんだとペースが異常なので、その面では問題ない気がしますw

それでは、もしよろしければお付き合い下さい。


続きを読む >>

スポンサーサイト

テーマ:ゆるゆり
ジャンル:アニメ・コミック

アニメの改変による「ちなつの答え」の変化 (ゆるゆり♪♪:八話感想)

2012.08.22 15:10|ゆるゆり
マッサージの話を期待していたのは私だけでしょうか?

ちなつが無双する相手としては、まずあかりが浮かぶ私です。

そういった意味では、勝手に期待して、
勝手に期待は裏切られたわけですが、内容自体は非常に面白かったと思います。
アルバムが先行していますが、カラオケでの光景もありましたね。

千歳が綾乃に歌わせてあげるシーンは何度見てもいいと思います。
「一言声をかけてよね いつでも力になる それが本当の愛」っていう歌詞が、
もう千歳と綾乃のためにあるようなもので、散々騒ぎました。

さて今回は、京子の原稿をごらく部で手伝う、45話「大絶賛作画中!!」、
カラオケでの一部始終が描かれる、intermission.4「うたうよ!?ミラクるん♪」、
ちなつと結衣のデートを描く、Special.4「もうゆるいゆりなんて言わせない!!」、
以上の三つのお話が基となっています。

今回も気になった点を挙げていこうと思いますので、
もしよろしければお付き合いください。


続きを読む >>

テーマ:ゆるゆり
ジャンル:アニメ・コミック

風浦可符香と終盤の展開についての私見 (最終巻発売記念)

2012.08.20 17:13|さよなら絶望先生
はじめに

ついにコミックス30巻が発売されました。

さよなら絶望先生(30)<完> (講談社コミックス)さよなら絶望先生(30)<完> (講談社コミックス)
(2012/08/17)
久米田 康治

商品詳細を見る


私は発売日仕事でしたので、最寄の本屋で帰りに買おうと寄ったのですが、
何故かそこには売っておらず、わざわざ電車で大きな本屋まで行って、
ようやく手に取った次第です。

帰りの電車の中でひとまず30X話を読みながら、
言葉にならない声をあげて、にやにやする様はさしずめ変な人に見えたでしょう。
「わあ」とか「うう」とか言っていたと思います。

家に帰って、最後に紙ブログを読み、
本当にこれで終わりなのだということをはっきりと認識いたしました。
非常に最終話が綺麗に終わっていただけに、
そして30X話が非常に「らしい」終わり方だっただけに、
一層寂しさが込み上げて来ました。

しかし、作品の終わりは、作品を考えるスタート地点でもあります。

今回私は、これまでの関連記事も踏まえて、
私が連載中からずっと向き合ってきたテーマ、すなわち、
風浦可符香という少女について、論じてみようと思います。

風浦可符香とはどのように特徴づけられるのか。
風浦可符香は、物語の中でどのような立場であったのか。
そして、その視座から見ると、『さよなら絶望先生』という作品の最後を、
どのように読むことができるのか。


以上の問いに対する答えを自分なりに掲げられればいいと思います。
七年間の感謝を込めて。
相変わらず「ん、まあ・・・・」上等です。

それでは、もしよろしければお付き合いください。


続きを読む >>

テーマ:さよなら絶望先生
ジャンル:アニメ・コミック

「ゆるゆり」の本質的条件としての「中学生」 (ゆるゆり♪♪:七話感想)

2012.08.15 21:38|ゆるゆり
「ゆるゆり」とは何か、「がちゆり」とは何か。

ということを考える契機となる一話であったように思います。
原作にはない、あかねの「がちゆり、はっじまるよ~」があることによって、
アニメ『ゆるゆり♪♪』が、何を「がちゆり」と考え、
何をそれに対置される「ゆるゆり」と考えているのかを伺い知ることができるからです。

実際は「がちゆり」という言葉は、
4巻の限定盤に付属の小冊子のタイトルでもあるので、
原作から取っていると一応は言えるのですが、
その使い方はアニメと原作で明らかに異なります。

けだし、アニメは極めて面白い理解をしているのです。
そのことを中心に、今回は論じていきましょう。

さて、7話は「姉妹」をテーマにしていました。
原作で言えば、それぞれの姉妹が登場する、Speial.7「姉妹それぞれの事情」の合間に、
千鶴が千歳の過去を思い出し、彼女で妄想する、Special.8「池田姉妹の事情」と、
向日葵がダイエットに取り組もうとする、intermission.5「ダイエット!!」を、
それぞれ挟んで、一つのお話にしています。

個人的には、姉妹ではないにしても、
まりと結衣の短い話を途中に挿入していた点が、とてもよかったと思います。

それでは、よろしければお付き合いください。


続きを読む >>

テーマ:ゆるゆり
ジャンル:アニメ・コミック

六話は「コムケ回」ではないということ (ゆるゆり♪♪:六話感想)

2012.08.10 18:24|ゆるゆり
何故、千歳は綾乃をコムケに連れて行かなかったのか。

という疑問に苛まれ、先日寝つけず、カナダ対アメリカ戦を見きってしまった始末です。
ゆえに、今回はその話題から、第6話を考えていきたいと思います。

また、今回はタイトルからしてコムケを前面に出しておきながら、
それにほとんど関係のない、話題ボックスの話が最後に挿入されていました。
その不思議な挿入から見えてくる、6話全体としての隠れた「中心」についても、
考えていこうと思います。
6話は、ミラクるんやコムケを軸とした話ではないということ。

それでは、しばらくお付き合いください。


続きを読む >>

テーマ:ゆるゆり
ジャンル:アニメ・コミック

五話から見る、あかりと京子の差異 (ゆるゆり♪♪:五話感想)

2012.08.01 20:22|ゆるゆり
撫子さんは胸はなくとも柔らかい素敵な人です。

いきなり何かと言うと、今回楓が櫻子に、
「櫻子お姉ちゃんのお姉ちゃんもおっぱいないから」云々という話をしていたときに、
原作54話で一緒に寝た恋人に電話で「柔らかかった」と言われたらしい撫子を思い出し、
ツイッターで衝動的に呟いていた言葉です。

さて、第五話「日本の夏、ゆるめの夏」は、四つの話を基に構成されていました。

京子がごらく部面々の各家を回る、intermission.2「冷風求めて三千里」、
あかり一人が電車に乗り遅れる、intermission.6「私、乗り遅れてる!?」、
結衣が夏風邪を引いてしまう、intermission.7「夏風邪ひいちゃったし」、
そして櫻子が向日葵の家に来る、50話「おっぱいが、ちっぱい」です。

今回は、あかりが一人のときに流れたBGMがよかったです。
荘厳なのだけれど、変に合っているというか、あかりの天使性をうまく表しているというか。
あかりが一人でいろいろとしゃべっているのは、
アニメ化されるとそれなりにシュールなのですが、
そのシュールな状況にも合っている演出だったと思います。
あかりファンには楽しいあかり回だったのではないでしょうか。

それでは、今回も気になった点を論じていこうと思います。


続きを読む >>

テーマ:ゆるゆり
ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。