スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商店街のライブに見るセルフプロデュースの意味 ――私ならではの、私だからこそのプロデュース (アイカツスターズ!第三十七話考察)

2017.01.15 15:16|アイカツ!
今回は、昨年最後に放送された『アイカツスターズ!』第37話を考えます。
S4のライブ、幹部のパーティという先輩たちの活動を受けて、
自分たちも何かをやろうと思い立つゆめたち。
彼女たちが至ったのは、S4とも幹部とも毛色の異なる、「商店街」でのライブという企画でした。
結果として、M4も含めて、三種のクリスマスのアイカツが並行して描かれていたと思います。
「ライブ会場」での活動、「学園」での活動、そして「商店街」での活動です。
私は、この話の中で、セルフプロデュースとはどのようなものであるかということが、
明白に示されていたと思います。
けだし、それは単純に「私による私のプロデュース」と表すだけでは不十分な代物です。
この記事では、第37話において描かれたセルフプロデュースについて考えたいと思います。
もしよろしければ、お付き合いいただけると幸いです。

第37話のゆめたちのクリスマスのセルフプロデュースは、
「ライブ会場」でも「学園」でもなく「商店街」に帰着した点において、
S4やM4、幹部たちの活動とは一線を画するもので、
「人と同じこと」ではありませんでした。
この意味で第37話は、三つの別の活動を描いたものです。

「商店街」でのライブが「ライブ会場」でのライブと区別されるのは、
ゆめの劇中の言を踏まえると、その場所の近さ故に、
「仕事やお店で忙しい人」にもアクセスしやすいという点にあります。
ライブ会場が「ファンに来てもらう」面が強いのに対し、
商店街は「アイドルが行く」面が強いと捉えられます。

ここで肝要なのは、そういった「商店街」でのライブは、
ゆめにとってはライブ会場が取れなかったがゆえの、
苦肉の策ではなかったということです。
ゆめは、商店街の許可を取る際に語ったように、
ライブ会場でなく商店街でやる意義を見つけていて、
それゆえに商店街でやることを提案したのです。

そして、その商店街でやる意義は、
ゆめが洋菓子屋の子であるがゆえに思い至れたものでした。
仕事だけでない、これまでのゆめがあってこそ、
ゆめが提案できた企画であったのです。
ここに、セルフプロデュースの意味が端的に表れていたと思います。

つまり、セルフプロデュースを、「私による、私のプロデュース」と考えるとすると、
ここで言う「私による」とは、単純に「私による」というだけではなくて、
「私ならではの」とか「私だからこその」という意味も含まれるのではないでしょうか。
そうしたゆめならではの企画が、S4や幹部に並ぶ、第三の企画に成り得るのです。

結論として、第37話は、ゆめがゆめだからこそ行えるセルフプロデュースでもって、
S4やM4のライブ会場でのライブとも、幹部の学園でのパーティとも異なる、
第三の企画を提示し得た話であったと言えるでしょう。
そこで表されたのは、ゆめによる「私ならではの」、
「私だからこその」プロデュースであったと思います。


スポンサーサイト

テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

『きんいろモザイクPretty Days』と原作の比較から ――忍と綾の過去と現在を架橋する作品として

2017.01.09 15:01|きんいろモザイク
今回は、昨年劇場公開された『きんいろモザイクPretty Days』(以下「劇場版」といいます。)を考えます。
原作五巻の、綾が忍との関係を再確認する話(に受験時のエピソードを加えたもの)と、
忍が学校祭の演劇の脚本等のリーダーを任される話を一つにまとめた本作。
この記事では、原作に対して劇場版がどのような作品であるかと、
そうした劇場版に対して原作がどのような作品であるかを考えます。
この問いを考えることで、それぞれが特に示そうとしている関係が見えてきます。

まず、劇場版が、綾が忍との関係を再確認する話(に受験時のエピソードを加えたもの)と、
忍が学校祭の演劇の脚本等のリーダーを任される話の二本を軸としたことにより、
原作に対して如何なる作品となっていたかという課題を考えます。
それは、原作で個別に存する二つの話が、如何に捉えられ、一つと成ったかという問題でもあります。

思うに、劇場版は、学校祭の話を、
「忍と綾の友情の先にこそ成立する話」として捉えていた感があります。
そうして、個々の二つの話は架橋されていたのではないでしょうか。
つまり、受験時における忍と綾の関係の延長線上に、
学校祭の話における忍と綾の関係を捉えて、描き出していたと思うのです。

具体的に、受験時のエピソードが描き出した忍と綾の関係とは如何なるものであったかと言えば、
それは、一方で綾が、忍が勉強を頑張るから自分も勉強を教えるのを頑張り、
他方で忍が、綾が勉強を教えるのを頑張るから自分も勉強を頑張るという「お互いに頑張る関係」でした。

この高校受験時における二人の関係が、
現在もまた生き続けていることを示す話として、学校祭の話があったと思います。
綾が、忍がリーダーとして頑張って来たことを受けて代役を引き受け、
忍が、そういう綾の頑張りを受けて、綾を助ける即興脚本を書くという関係です。

そう考えると、学校祭の話で提示されているものというのは、
受験時の話にも表れていた、忍と綾の関係の在り方に他なりませんでした。
綾が忍との友情を再認識するのと並行して、
忍と綾の関係があの時と変わらない形で現にあることが示されています。

そこにこそ、原作の二つの話を基に一つの物語を作り上げた、
劇場版という作品の意味があります。
綾が忍との友情を再認識する話(に受験時のエピソードを加えたもの)だけでは足りません。
それに、忍が学校祭の演劇の脚本等のリーダーを任される話を合わせて、
過去の二人の関係の先に、変わらない現在の二人の関係を提示してこそなのです。


次に、原作に対して劇場版が如何なる作品であるかということと同様に、
劇場版に対して原作が如何なる作品かということも原作読者としては考えるべき課題に他なりません。
「綾と忍の関係」に焦点を当てた劇場版に対して、原作を如何に読むかという問題です。

個人的に一つ強調したいのは、学校祭の後のアリスの「金髪じゃなくてシノを褒めて!!」の一言です。
劇場版でもここはエンディングのところで入っていましたが、
原作だとこの一言は、前話の「みんなもっとシノを褒めて!!」からの、再度の「褒めて!!」です。

学校祭本番の前話は、忍が珍しく皆に怒る話でもあるために、
皆の中でアリスだけが(忍の服装につき)「褒めて!!」と言っていることが際立っています。
学校祭の話は、これを受けて、皆が金髪を褒める中で、
再度アリスだけが「シノを褒めて!!」という流れになっているのです。

この流れにこそ、「忍を愛する者」としてのアリス(単行本第五巻57ページに「愛の言葉」とあります。)が、
忍とアリスに固有の関係が、ここに表れていると思います。
そういった原作の流れだからこそ強調されていることに、この機会に是非注目しておきたいところです。

結論として、劇場版は、綾が忍との友情を再認識する話だけでなく、
そこに忍が学校祭の演劇の脚本等のリーダーを任される話を合わせることで、
受験時における、お互いの頑張りを受けてお互いに頑張る忍と綾の関係が、
現に今も継続しているのだということを示していると考えられます。
また、他方で原作は、アリスが忍を「褒めて!!」と連続で述べる展開により、
忍とアリスに固有の関係をも示していると考えられます。


テーマ:きんいろモザイク
ジャンル:アニメ・コミック

劇場版が描いたあかりの物語のもう一つの到達点について ――「いちごとステージに立つこと」と並置される「皆とステージに立つこと」

2016.12.04 16:50|アイカツ!
今回は、先の劇場版『アイカツスターズ!』と同時上映された『アイカツ!』の物語を考えます。
あかりが、いちごが監督を務める映画の主役を務めることとなるこの話の中では、
当初の台本とおり撮影は進まず、他の撮影をしていたアイドルたちを巻き込みつつ、
最終的にはあかりが「皆とステージに立ちたい」と願って、皆でステージに立つこととなりました。
他のアイドルたちがあかりたちの映画に次々と巻き込まれていく展開は、
ドタバタコメディの様相を呈しています。
しかし、その中で描き出されたのは、テレビ版の最終話で描き出されたことに対応する、
『アイカツ!』という作品のもう一つの結論とでも言うべきものであったと思います。
この記事では、『アイカツ!』という作品を振り返りつつ、
ドタバタコメディに見える劇場版の物語を捉えなおしていきます。

テレビ版の最終話におけるあかりの「いちごとステージに立ちたい」という願いと、
劇場版における「皆とステージに立ちたい」という願いは、
『アイカツ!』という作品の両輪で、一方で先輩に追いつきそれ以上に輝く物語の筋と、
他方で色々なアイドルと関わり共に輝く物語の筋と関連しています。

そして、前者はアイドルの個の輝きに焦点が当たっているという意味で、
「星の物語」とでも呼ぶべきもので、
後者はアイドル界全体の輝きに焦点が当たってくるという意味で、
(星の輝く場所である)「空の物語」とでも呼ぶべきものであると思います。
そして、あかり世代の物語に特に託されたのが後者です。

象徴的なのは、いちごがセイラとWMに勝ったときに、
美月がアイカツ界全体のことを語るシーンです。
あそこで美月は、アイカツ界全体のことを語る点において、
いちごたちに先んじている感がありました。
いちご世代の最後に、美月に勝ったその先に、それが課題として提出されていました。

この課題に対していちごは、あかり世代に移った後において、
劇場版、そして最終的には第146話から第150話の流れの中で答えていくことになります。
そこでいちごは、「アイカツに、もっともっと盛り上がって欲しい」から、
三人組で競い合うという企画を持っていくことになります。

それであかりも、こういうアイカツ界を盛り上げるという流れの中で、
各地のアイドルと繋がっていくことになります。
それがアイドルに会いに行く全国ツアーで、これによりあかりは、空の範囲を広げていくのです。
空で共に輝けるよう、星々を引き上げていく。

それは、これまで『アイカツ!』という物語の範疇に入らなかった、
地方のアイドルを巻き込んだという意味だけに留まらず、
あかりは実際に全国ツアー以前に、スミレやひなき等、つまづいたときの助けとなるとともに、
全国ツアーにより、ののやリサ等、一歩を踏み出す助けともなり、実際に空を広げているのです。

何が言いたいかというと、先の同時上映の劇場版の『アイカツ!』は、
単なるドタバタコメディでなくて、そういった文脈の先にある、
あかり世代のもう一つの到達点を描いたものに他ならなかったということです。
あの映画の物語の内容は、あかりの道程を象徴するものに他なりません。

つまり、当初セットで撮影していた物語の一つでしかなかったあかり主演の物語が、
期せずして他の物語をその内に含み拡大していく様は、
当初あかりの物語が小さな星の灯の物語であったところから、
最後には他の物語と繋がる中心的な物語となっていったことの比喩であったと思います。

そして、冒頭で台本からの逸脱が起こったときに、
続行の指示を出す監督としてのいちごが際立っています。
あかりの物語が多くの物語のうちの一つでしかなかったところから、
他の物語を繋いでいく主人公の物語となるのに欠かせなかったのは、
第101話であかりに夢を再認識させたいちごの存在でした。

そして、そうしてあかりの物語を想起させるような、
劇中のあかり主演の物語の末に提示されるのが「皆とステージに立ちたい」とあかりが願い、
皆でステージに立つ様で、それは、テレビ版の最終話で描かれたものに対置される、
もう一つの到達点に他ならなかったと思います。

先ほどの言葉で言えば、テレビ最終話の、あかりがいちごとステージに立つことを望み、
ユニットとしてステージに立つ様は、あかりの星の物語の結論であって、
劇場版の、あかりが皆とステージに立つことを望み、皆とステージに立つ様は、
あかりの空の物語の結論であったのではないでしょうか。

劇場版の物語は、あかりが全国ツアーを企画し、様々なアイドルと出会い、
空の範囲を広げてきたことを想起させつつ、
最後に、テレビ版における「いちごとステージに立ちたい」という願いを持ち、
実際にいちごとユニットを組んでステージに立ったあかりに相当すべき、
「皆とステージに立ちたい」という願いを持ち、
実際に皆とステージに立ったあかりを描くものであったと考えられます。


テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

舞台裏の光景を舞台に上げる、その過程について ――ローラと同じ問題に直面したゆめ (アイカツスターズ!第二十五話考察)

2016.11.13 16:43|アイカツ!
今回は、『アイカツスターズ!』第二十五話について考えます。
ゆめがツバサの助手として、舞台を成功させるため奮闘した今回の話。
一つ面白いのは、アイドルのステージだけでなく、
そこに至るまでの舞台裏を重視して取り扱ってきた『アイカツスターズ!』という作品が、
作品中で舞台裏の光景をステージに上げる様を描いて見せたということです。
ゆめが、お客さんにとっても興味深いものであろうと考え、舞台に上げた舞台裏の光景は、
そのまま『アイカツスターズ!』という作品が作品中という舞台に上げてきたものでした。
この意味で第二十五話は、ゆめが舞台裏を舞台上にと考える展開は、
『アイカツスターズ!』という作品の自己言及であったと見ることができるでしょう。

しかし、第二十五話で、舞台裏を舞台に上げたことについては、
その結果と同様にそれまでの過程も重要であったという気がします。
つまり、本番ぎりぎりで変更する必要が生じて、咄嗟に対応をする。
その過程こそが主題の一つであったのではないかと思うのです。

というのも、本番ぎりぎりに機材トラブルのために予定どおりにいかなくなるという状況は、
第十六話でローラが直面したものそのままなのです。
今回、幸花堂初出の第九話を想起させるような面々が久々に登場したことを合わせても、
そこを描きたかったのではないかという感があります。

つまり、第二十五話は、第十六話でローラが直面した、
本番ぎりぎりで機材トラブルに見舞われるという問題を、
あのときローラがローラのやり方で乗り越えたように、今度はゆめが乗り越える話で、
その意味で第十八話や第二十三話に連なる面があったのではないかと思います。

考えてみると、第十八話はローラが第十六話で直面した二つの仕事に同時に当たらなければならない状況、
第二十三話はローラが第七話で直面した個性の問題に、今度はゆめが直面する話でした。
このように二クール目は、ゆめが歌組一年二位として、ローラを追いかける面が色濃くあったと思います。

それを受けて第二十五話は、ローラが既に直面した最たる問題である、
ぎりぎりのところでの機材トラブルを持ってきたのではないかと思うのです。
映像を舞台上での実演に切り替えたことは、
その過程をこそ描くためでもあったのです。
ゆめが舞台裏を舞台上に持ち出したことと同様に、
実際にそれを舞台上に持ち出すまでの過程もテーマの一つであった。

だから、第二十五話では、ひめとローラが他の面々に比べて、
相対的に目立っていない気がしないでもないんですよね。
今回は、ゆめがかつてローラの直面した問題に当たり、
それをローラのように自分で乗り越えることに焦点を当てるために、
ゆめの最大の助言者である二人が物語本筋には絡まず、
自分の仕事に集中していた感があったような気がします。

結論として、第二十五話は、舞台裏の光景を舞台に上げるという際立った結果の裏に、
ゆめが困難を乗り越えてそれを舞台に上げるまでの過程があったのであり、
それもテーマの一つであったと読むことができます。
ローラと極めて似通った状況に置かれたゆめが、
自分でそれを乗り越えるでもあったということを改めて強調しておきたいと思います。


テーマ:アイカツ!
ジャンル:アニメ・コミック

第五巻から第七巻にかけての穂乃花の気持ちの変化 ――言い出せないのは今や身分違いだからでなく (原悠衣『きんいろモザイク』第七巻)

2016.10.30 15:48|きんいろモザイク
今回は、先日発売された『きんいろモザイク』第七巻について考察します。
この巻で、穂乃花がカレンに二人で写真を撮ることをなかなか言い出せない修学旅行の話は、
第五巻で、メアドをなかなか聞き出せない話を彷彿とさせるものですが、
その両話を比較すると、穂乃花の気持ちの変化が表されていることを見出せる気がします。
この記事では、この側面を明らかにしていきます。

まずは、第七巻と第五巻の類似性が見出せる場面を確認します。

「何だかタイミング逃すと どんどん言い辛くなるね」
「まだ撮れてないのぉ?」
「だって想像の中の私がヘンタイっぽくなっちゃうの!」
「何で!?」 (第七巻、82ページ)


――考えすぎかもしれないけど・・・
 いきなりメアド聞くなんて 何かナンパっぽくないかなー (第五巻、10ページ)


写真の話を持ちかける自分が「ヘンタイっぽく」なってしまうためにためらう点は、
メアドを聞く自分が「ナンパっぽく」なってしまうためにためらう点と重ねられ、
ここにおいては両話は類似的であったと言えます。

両話が決定的に違うのは、第七巻では、第五巻において見出せた、
「身分違い」ゆえに話を持ち掛けられないといった意識が見出せないということです。
第五巻では、SPに断られると想像する点に表れているように、
カレンを高嶺の花と捉えた上で、「遠くから見つめるのがお似合い」と考えます。

「どうしよー カレンちゃんが警戒モードだよ――
 しかもメッセージ入れ忘れちゃった」
「ドジだわ」
――やっぱり私なんて遠くから見つめるのがお似合いだよ… (第五巻、11ページ)


この意識が第七巻では見出せないんですよね。
とは言え、カレンを高嶺の花と捉えることを止めたかと言うとそうではなくて、
穂乃花の中でカレンが憧れるべき高貴なイメージであり続けていることは、
使っているシャンプーを聞くシーン等(第七巻、80ページ)に表れています。

つまり、第七巻の穂乃花は、カレンを憧れるべき存在として捉え続けながらも、
そこで自分は彼女と住む世界が違うと考えることがなくなっているんですよね。
似たような構成の話の第五巻のメアドの話との対比において、
この事実が極めて明確に浮かび上がってきています。

この第五巻から第七巻への穂乃花の決定的な変化、その最大のきっかけは、
言うまでもなく、第六巻の末尾の話に他なりません。
一緒に遊ぶことが、カレンにとっても「幸せ」であると知ったあの日、
穂乃花はカレンの隣に並ぶことを目指し始めたのです。

「私も忘れていることも覚えていてくれたなんて
 ありがたき幸せ…」
「HAHAHA」

「今日はホノカと一緒に遊べて とっても楽しかったデス!
 ありがたき 幸せ…」
「私の真似!?」

「カレンちゃん 今度この服着て また一緒にお買い物行こう…!」
「! もちろんデス!」(略)

「さあホノカ 一緒にお茶会しまショウ!」
――私もいつかカレンちゃんみたいになれるかな (第六巻、115~118ページ)


カレンがお姫様のような憧れの存在であるならば、
一般市民としてそこから遠ざかるのではなく、
もう一人のお姫様としてその隣に並ぶことを志向して、
「私もいつかカレンちゃんみたいになれるかな」と思うに至っているんですよね。
だから第七巻では、「身分違い」が問題にならないのです。

結論として、第七巻で穂乃花がカレンにツーショットを持ちかけるのをためらう話は、
第五巻で穂乃花がカレンにメアドを聞くのをためらう話と類似性を持ちますが、
その中で決定的な差異が際立っていると考えられます。
その決定的な差異とは、穂乃花が「遠くから見つめるのがお似合い」とは考えていない点です。
ここに、穂乃花のカレンに対する気持ちの明確な進展を見出せるのではないでしょうか。


テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック

プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。