スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦わら帽によって表現されたあやかの二つの気持ちの調停について(缶乃『あの娘にキスと白百合を 5』)

2016.12.25 23:21|百合作品
今回は、先日発売された、缶乃さん『あの娘にキスと白百合を 5』を考えます。
特に注目するのは、あやかとゆりねが海に行くワンシーンです。
海に行く一連の流れの中で、あやかの心情は目まぐるしく移り変わりました。
あやかは、母からの電話を受けて、認められるために頑張って来た、
今までの自分を全否定するに至り、学校をさぼって海に行きます。
ゆりねは、そんなあやかをたまたま見かけて一緒についていくことになります。
この海へ行くシーンにおいて印象的なアイテムとして登場しているのが、「麦わら帽」です。
作中で文字による特段の説明はなく、いつの間にかゆりねに購入され、
そしていつの間にかあやかに被せられた麦わら帽。
この記事では、この麦わら帽に込められた意味を考えてみたいと思います。

麦わら帽による表現を考える前提として、
あやかが海に行くときに、制服を着ていっているという問題があります。
何故あやかは、学校をさぼって海に行くのに、
そのような海に行くのに適していない、
学校に行く恰好をしていたのでしょうか。
このことは、重大な疑問であり、この話の核心とも言えます。

あやかが海に行くのに制服を着ていった点に表れているのは、
一方で「一番じゃなくてもいい」を極端に突き詰めた結果として、
「認められなくてもいい」という気持ちを抱くに至りながら、
他方で依然「認められたい」という気持ちをも抱いている、
あやかのアンバランスな心理状態です。

学校をさぼって海に行くという反優等生的行動が、
あやかの「認められなくていい」という気持ちを、
制服をきちんと着ていくという優等生的行動が、
あやかの「認められたい」という気持ちを両極端に表現しています。
海に行く時点で、あやかの心中はこの両極端な気持ちによって揺れていたと言えます。
そのことが、学校に行かずに海に行くのに制服を着て行くというちぐはぐな様に表れています。

麦わら帽は、その両者の調停的位置にあるものとして登場しています。
というのも、麦わら帽は、一方で海にそぐわない装備でなく、
他方で制服にそぐわない装備でもないためです。
麦わら帽が制服にそぐわないということについては、違和感があるかも知れません。
しかし、例えば涼しげなTシャツであれば、それを制服の上から着るわけにはいきませんが、
麦わら帽は制服とともに身に着けることができます。
この意味で言えば、麦わら帽は制服にそぐわないわけではないのです。

あやかの二つの気持ちの調停的位置にある麦わら帽を、
ゆりねがあやかに被せてあげるということ、
そして最後には、あやかが自らそれを手に取って被るということ。
ここには単なる物理的な麦わら帽の移動以上の意味を見出せるのではないかと思います。

すなわちそれは、一方で両方の気持ちを持って海までやって来たあやかを、
最終的に否定せず受け止めるゆりねの気持ちを表し、
他方でゆりねからの言葉を受け止めて、
両方の気持ちを持つ自分を肯定するあやかの気持ちを表していると思うのです。

第五巻94ページにおいて麦わら帽を大事そうに抱える幼少期のあやかは、
そういったことを想起させるイメージであったと考えることができます。
かつて誰かに麦わら帽を被せてもらえなかった少女は、
ここでようやくゆりねから麦わら帽を被せてもらえたのであり、
それにより両方の気持ちを持つ自分を肯定できるようになったのではないでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック

青葉と緑が警察の現実を知りながらそれでも警察官を目指す理由 (森永みるく『学園ポリーチェ』)

2016.09.25 16:32|百合作品
今回は、二〇一四年に発売した森永みるくさん『学園ポリーチェ②』について考えます。
この作品は、いじめやわいせつ事件等、学校における事件を念頭に、
学校に内偵のため配置している特殊な警察官「ポリーチェ」として、
事件の解決に当たっていく青葉と緑を描いたものです。
この作品の最大の疑問はおそらく、警察が必ずしも正義ではないこと、
警察以外の正義もあることを強調しながら、
青葉と緑が最終的に警察官を選ぶのは何故かということでしょう。
その辺りが、まさしく「刑事ドラマ」的なのですが、疑問として残る点であると思います。

最後に青葉は、「正義の味方なら何でもいいんじゃなくて…「警察官」になりたいんだ」(153ページ)と、
言っているのですが、そう考えた肝心の瞬間がすっ飛ばされて、
いきなり警察学校での再開なので、どうしてそう考えたのかしらということが問題となるのです。

この疑問については、次の二つが答えとして提示できます。
第一に、青葉が言うように、「悪い奴に手錠かけられるのはやっぱ警察だけだから」(153ページ)です。
彼女たちの「正義」を履行するための「権限」が、警察官にはあるんですよね。

しかし、「組織の正義」を優先する警察という組織においては、
「権限」があっても十全に「正義」の名の下に動けなくなるかも知れません。

そこで第二の理由として、警察組織を前にしても、
自分たちが自分たちの「正義」に沿って動けることを確認できたことが挙げられます。


本庁直々に接触禁止命令があったにも係らず、
紅梨が言うように、二人は「目の前で犯罪が行われているのを黙って見て」いることなく、
制止することができました。
ここで二人は、「組織の正義」を前にしても自身の正義で行動できることを確認しています。

つまり、二人は第一に、自身の正義の履行に際してポリーチェでは「権限」が足りないと確信し、
第二に、「組織の正義」を前にしても挫けず自身の正義を掲げて行動できることを確認したために、
最終的に警察官を選んだと考えられます。

それで先の疑問に答えたとして、次に浮かぶのは、
それでは何故、紅梨のようにポリーチェの権限拡大の方に加わらなかったかという疑問です。
ポリーチェとして、彼女といっしょに行動する道を取るわけにはいかなかったのでしょうか。

これは、ポリーチェの権限拡大の動きの中でも、
ポリーチェが扱う事件の範囲については多分変わらないためです。
紅梨はポリーチェが「学生警察官」なのには不満を持っていません。
しかし、青葉の正義にはそれでは不十分なのです(第6話、第7話)。
だからこそ、権限を拡大されたポリーチェとしてではなく、
警察官として歩む道を選択したのではないでしょうか。

結論として、青葉と緑が警察官を選択するのは、
第一に彼女たちの正義の履行には警察の持つ「権限」が必要であったためで、
第二に警察が組織の正義を追及するとしても、
二人であればそれに拘束されずに、
自分たちの正義を追及できることを確認できたためです。
その上で、ポリーチェではなく警察官である理由は、
彼女たちの正義が「学生警察官」の領分を超えるものであり得るためと考えられます。


テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック

何年も続く強化合宿が表す「家族」としての765プロ (『アイドルマスター プラチナスターズ』考察)

2016.09.04 21:34|アイドルマスター
今回は、『アイドルマスター プラチナスターズ』の「強化合宿」の意味について考えます。
「強化合宿」という状況は、プラチナスターズの最大の特徴であり、
また最大の問題でもあると思います。
というのも、アイドルたちの話やメールの内容を踏まえると、
皆は仕事があるときに限定的に合宿所で寝泊まりするのではなく、
基本的に365日合宿所で寝泊まりしているらしいことが分かるようになっています。

例えば学校があるときにも、基本的に家に帰るのではなく、
合宿所に帰ることとしているようで、
実家にはたまに顔を出す形であるように聞こえるテキストがあるのですよね。
千早に至っては、それで家を引き払うことも検討しています。
少なくとも週に一回、仕事のあるときに来るという具合ではない。

もっとも、仕事があるときに顔を出すだけでは、
それは普段の765プロと変わらないわけで、
そうでなく平素ずっと寝泊まりするからこそ「合宿」なのだという気もするのですが、
他方でその語の通常持つ「一時性」は、見る影もなくなっていると言えます。

そういう検討に入る以前に、そもそも何年も合宿所を借り切って、
何年も続く「強化合宿」を展開するということが、
現実的に考えていかがなものかと思わせるものです。
だからこそ、本作では「何故合宿なのか」ということが、
考えるべき最大の問題と言えると思います。

そう、問題なのは、システム上不可避に何年も続いてしまう、
「合宿」を描くという無茶をおかしてまで、
敢えて「合宿」という設定を選択した意味は何なのか。
それでもってこそ描かれたテーマ等は何であったのかということなのです。
作品上の無茶の裏にあるテーマをこそ考えるべきであると思います。

「強化合宿」であるということの意味は、物語上具体的に、
皆のアイドルとしての活動と、合宿での生活を重ね合わさり、
本来アイドルとしての活動に全く関係なさそうな合宿だからこその活動が、
アイドルとしての活動に寄与していくという形で示されているのですが、
けだし、それだけではなかったと思います。

重要なのは、765プロの面々が寝食を共にし、切磋琢磨する環境があって、
そこからアイドルとしての活動における進歩に繋がっているという構図なのであって、
これは、これまでの作品の延長線上に見ることができます。

つまり、2nd VISIONに入り、2以降特に顕著となったのが、
「Pとアイドルの関係」だけでなく「765プロの関係」をも強調し、
「団結」をより一層押し出していく路線で、
この下に複数プロデュースの意義の強調、全員プロデュースへの展開がありました。

他方で、この「団結」する関係は、アニメにおいては「家族」に喩えられ、
各々の進む道があっても、帰る場所は皆のいる765プロであること、
一緒に更なる高いステージへ進んでいくことが描かれました。
ワンフォーオールの全員プロデュース、
個別のランクアップと全員ライブを並立するシステムへと繋がるものです。

そして今回プラチナスターズは、765プロの「家族」性をこそ一層描き出すために、
何年間も続く強化合宿をその核に据えたのではないかと思います。
帰る場所を一つとし、寝食等の生活と活動を共にする、
本当の家族のような765プロの面々がその中で進んでいく様こそテーマであったのではないか。

単なる一時的な「合宿」であれば、それは別に765プロでのみ実施するものでないし、
現に765プロ以外においても描かれてきているところであるけれど、
プラチナスターズはそれに留まらない「強化合宿」を底に敷いているんですよね。
765プロを表現するための、765プロの施設として、「合宿所」があります。

特に近時の765プロの物語のテーマに深く関係する場所としては、
ミリオンライブにおける「劇場」が一つあるところなのですが、
今回のプラチナスターズの「合宿所」は、それと同様に、
765プロの物語に係る場所として、提示されていたのではないでしょうか。


テーマ:アイドルマスター
ジャンル:アニメ・コミック

「アイドルとPの物語」においてPが関わらず、関われない領野

2016.07.24 15:19|アイドルマスター
ついに今週、『アイドルマスター プラチナスターズ』が発売されます。
初めてのPS4での作品となり、ビジュアルも変更されるなど、
興味を惹かれる部分が多い本作ですが、個人的には、
そこでどのような物語が展開されるのかということが一番興味深いです。
強化合宿において、如何なる「アイドルとPの物語」が展開されるのか。

今回は、新作の発売前のこの時期に、『アイドルマスター』が、
「アイドルとPの物語」であることについて考えてみたいと思います。
同シリーズは、主にPがアイドルに(アイドルがPに)出会ったところから物語が始まり、
その関わり合いが物語の要になるという点において、
「アイドルの物語」からは区別される「アイドルとPの物語」です。
しかし、物語中でPが大きな存在感を持つとはいえ、
全ての領野においてPが関わってくるわけではありません。
「アイドルとPの物語」でありながら、アイドルに委ねられた領域もあるのです。
この記事では、少しだけここに触れていこうかと思います。
アイドルマスターPS(プラチナスターズ)の発売前ということで、
話はアイドルマスターSPの物語から始めていくことにいたします。
もしよろしければ、少しの間、思い出しつつお付き合いいただければ幸いです。

今回取り上げたいのは、『アイドルマスターSP』におけるとある春香の行動です。
同作品において、Aランク昇格に際してSPの春香は、響を前に自信をなくして、
Pの言葉も満足に聞かず会場から逃げ出してしまいますが、
Pが春香の逃げ出した先の公園で追いついたときには、
春香は既に自分で落ち着きを取り戻していて、
再びトップアイドルを目指すことを決意していました。

そこで春香は、会場でのPの言葉を思い出して、
そして自分の気持ちを思い出したという意味のことを言うので、
正確には「一人で」トップアイドルを再び目指す決意をしたわけではないのですが、
少なくともその決意が生じたとき、春香は公園にただ一人でいました。
そこにPは、いませんでした。
ここでは、会場でのPの言葉を思い出して、立ち直るという展開となっていますが、
そうであれば、会場でのPの言葉を聞いてそこで立ち直ってもよかったはずです。
しかし、そうはならず、春香は公園まで駆けて行って、
心配して駆けつけたPを尻目に、自分一人で整理を付けて、
立ち直るという流れになっていることが意味深です。

まるで、公園で一人で立ち直ること自体に、何か意味があるかのように見えます。

このことは私に不可避に、一部の作品において、
春香がアイドルを目指すきっかけとなったと示される、
幼少期によく誰かと一緒に歌ったという、エピソードを思い出させるものです。
当然そのときも、Pは公園にはいませんでした。
春香がアイドルを目指そうと考えたとき、Pは近くにいなかったのです。

春香の物語において、アイドルを目指すきっかけとなったときのことが示されるにせよ、
トップアイドルを改めて目指そうと決意するときのことが示されるにせよ、
そこにPはいなかったんですよね。
アイドルへの気持ちをPに抱かされるのではなく、春香が抱くということは、重要に見えます。

Pは、春香の物語において、様々な面から春香に関与しますし、
それゆえに春香にとって大切な人物になることは、
大方の作品において共通かと存じますが、それだけ春香に関わるPでも、
春香がアイドルへの意志を抱く瞬間には関与しません。
春香が公園においてアイドルを目指すとき、Pは一緒にいないのです。

アイドルが公園でアイドルへの意志を抱き、
または思い出すとき、Pは近くにいないということ。
アニメも、このことを思い出させるものであったと思います。
春香は、第二十四話で仕事から遠ざかってしまいます。
そこでも、春香は誰かの言葉によって戻るというよりは、
公園で一人で自分の気持ちを整理して、765プロへと戻っていったのです。
少なくとも、そこにはPの関与はほとんどありませんでした。
『アイドルマスター』は、「アイドルとPの物語」であり、
Pはアイドルに多面的に関わりますが、
Pが関わらず、あるいは関われない領野もあるのです。


テーマ:アイドルマスター
ジャンル:アニメ・コミック

律の選択と由乃の考え方の関連性 ――由乃が「妹の部屋」を語る意味

2016.06.19 17:07|マリア様がみてる
今回は、『マリア様がみてる』の「ステップ」について考えていきます。
「ステップ」は、本編の面々は登場しない、独立した短編スタイルの物語ですが、
それでいて特に由乃たちとの深い関わりを持っている物語です。
詳しいことは、敢えてここでは述べませんが、
その由乃たちとの関連が、この物語の一つの種であり核となっていると言えるでしょう。
この記事では、そういった関わりの一つとして、「ステップ」における律の選択と、
「くもりガラスの向こう側」における由乃の考え方との間の関連性について指摘したいと思います。

「ステップ」は、「くもりガラスの向こう側」における由乃の言葉を想起させる、
確かにそこと繋がっている物語で、由乃が祐巳より先に、
「『姉の部屋』や『仲間の部屋』とは別に、
『妹の部屋』がある」という考え方に至っていた理由を、「ステップ」の中に見出すこともできます。

「くもりガラスの向こう側」で、
由乃は「幸せだけれど冷たい風が入ってくる」と述べた祐巳の気持ちについて、
「『姉の部屋』や『仲間の部屋』が満ち足りていても、
増築してしまった『妹の部屋』が空っぽだから」と的確に説明して見せるのですが、
これについては考察点たりえます。

つまり、何故由乃が祐巳に先んじて、
そういう考え方を既に持ち得ていたかということが、考えるべき問題たりえるんですよね。
後に、由乃自身が祐巳に置いてかれるという焦りの感覚を抱く場面があるだけに、
由乃が祐巳に教える「くもりガラス」の先の場面は目立ちます。

当然由乃には菜々のことがあるので、
彼女との経験をもとにそう語ったとも考えられますが、
由乃が菜々用の部屋を完成させたのは、思わず菜々を応援した、
「黄薔薇真剣勝負」のときで、「くもりガラス」の時点では当人の言うように、
「増築工事真っ最中」であったと思われるんですよね。

そういう過渡期の状態にあった由乃が、
妹ができたからといって姉に向ける気持ちが減るわけではないという、
「別の部屋」思考を早くも祐巳に先んじて身につけていた理由を、
「ステップ」に見出すことができます。
由乃の傍には、それを体現している人たちが常にいたのです。

「ステップ」の律の「男の人の中で一番、じゃだめですか」は、
まさしく「別の部屋」思考に基づく告白であって、律が佳月の入っている部屋とは別に、
甲太の入る部屋を作っていなかったらし得ない告白と言えます。
そして、そういう考え方に基づいて、実際に佳月とともに家まで建ててしまう。

というところまで考えると、
由乃が祐巳に「『妹の部屋』は他の部屋とは別」ということを教えることは、
なかなかに象徴的なことであると言えます。
由乃は、自身が妹の部屋を増設中だろうと、
その考え方を自然に身に着けて語ることができる立場にある。
このことが、「ステップ」からは具体的に分かります。

結論として、「くもりガラスの向こう側」で他の誰でもなく由乃が、
「別の部屋」という考え方を祐巳に教えるのは、
由乃がそれを成すのに最も適当であったためと考えられないでしょうか。
由乃はそういう考え方を自然に身に着けられるような家でずっと育ってきたんですよね。


プロフィール

天秤

Author:天秤
天秤と申します。
アニメや漫画など、好きなものについて考えたことを書き込みます。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

最近のつぶやき

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンター

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。